allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

夜明け前(1953)

メディア映画
上映時間142分
製作国日本
公開情報劇場公開(新東宝)
初公開年月1953/10/13
ジャンルドラマ/文芸

【クレジット】
監督:吉村公三郎
原作:島崎藤村
(『夜明け前』)
脚本:新藤兼人
撮影:宮島義勇
美術:丸茂孝
音楽:伊福部昭
出演:滝沢修
小夜福子
宇野重吉
細川ちか子
乙羽信子
山内明
伊達信
日高澄子
【解説】
 島崎藤村の同名小説を新藤兼人が脚色し吉村公三郎が監督した。滝沢修をはじめ劇団民芸の俳優が総出演し、吉村作品の最高傑作の呼び声も高い。
 木曽路はすべて山の中である――。幕末、江戸に学んだ庄屋の息子の青山半蔵は、農民に寄生する寺院を潰し、民事はすべて神式にすることを訴える。しかし上流階級の反発は予想以上に激しく、訴えは退けられてしまう。やがて青山家十七代の当主になった半蔵は、慶応二年の大凶作に際し蔵の米をすべて解放した。明治維新を迎えても百姓たちの生活は一向に良くならず、半蔵は窮状を脱すべく役所へ訴え出るが、逆に戸長職を剥奪される。そんな父の苦悩を目の当たりにした娘のお粂は自殺を図ってしまう。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2011-08-25 18:38:01
島崎藤村不朽の名作の映画化作品である。
江戸末期の木曽馬篭宿における、維新前後の夜明けを描いている。滝沢修、小夜福子、宇野重吉と非常にシブい演技陣と、モノクロのシブい画面が、この地味なテーマに合っていて、いい映画を観たな、という実感はあるもののやはり面白くない。
こういった地味な文芸映画がヒットしていた昭和の人々に、今の楽しい3D映画をみせてやりたい!
【レンタル】
 【VIDEO】夜明け前レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION