allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

山椒大夫(1954)

メディア映画
上映時間124分
製作国日本
初公開年月1954/03/31
ジャンル文芸/ドラマ
溝口健二 4Kデジタル修復版 Blu-ray BOX
参考価格:¥ 10,368
価格:¥ 6,739
USED価格:¥ 7,280
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:溝口健二
製作:永田雅一
企画:辻久一
原作:森鴎外
脚本:八尋不二
依田義賢
撮影:宮川一夫
美術:伊藤憙朔
衣裳:吉実シマ
編集:宮田味津三
音楽:早坂文雄
擬闘:宮内昌平
助監督:田中徳三
出演:田中絹代玉木
花柳喜章厨子王
香川京子安寿
進藤英太郎山椒大夫
河野秋武太郎
菅井一郎仁王
見明凡太郎吉次
浪花千栄子姥竹
毛利菊江巫女
三津田健藤原師実
清水将夫平正氏
香川良介曇猛律師
橘公子波路
相馬幸子萱野
小園蓉子小萩
小柴幹治内蔵介工藤
荒木忍左太夫
加藤雅彦少年時代の厨子王
榎並啓子小女時代の安寿
大美輝子遊女中君
金剛麗子汐乃
南部彰三平正末
伊達三郎金平
【解説】
 森鴎外の同名小説を、八尋不二と依田義賢が共同で脚色し、溝口健二がメガホンをとった文芸作品。特に美術と撮影はレベルが高く、ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した。美しいラストシーンは、ゴダールが「気狂いピエロ」において引用したことでも知られる。
 平安時代末期、農民を救うため将軍にたてついた平正氏が左遷された。妻の玉木、娘の安寿と息子の厨子王は越後を旅している途中、人買いにだまされ離ればなれになってしまう。玉木は佐渡に、安寿と厨子王は丹後の山椒大夫に奴隷として売られた。きょうだいはそれから十年もの間、奴隷としての生活を続けるが、ついに意を決して逃げ出すことにする。しかし追っ手に迫られ、安寿は厨子王を逃すため池に身を投げるのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17136 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:イエガー投稿日:2018-03-28 01:07:24
始まりから、安寿が沼に入水するまではほぼパーフェクト!素晴らしい!引き込まれてしまいました。その後がなんか割愛しすぎ、急ぎすぎな感じ。でも傑作!名作なのは間違いない!
投稿者:noir fleak投稿日:2017-09-19 10:05:29
幻想的な美しさはちょっと古今東西類を見ない。どこまでセットでどこまでロケなのかさえ分からない。まさに奇跡の映像だ。山中の姥捨て場の場面も然り。

しかしはっきり言えば、厨子王役の花柳が本作の欠点だ。どうも貴族の子には見えないし、絶叫調のセリフも耳障りだ。思慮のない、粗野な男のように設定した脚本にも責任がある。
どうせ森鴎外や伝説とは関係なく映画を作るのだったら、香川京子の出番を多くして、もっと勧善懲悪的要素を多くして山椒大夫をやっつけるようにすれば良かった! 
映像100点、ストーリー30点というところ。
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2015-11-06 21:39:54
小説では割愛した残酷描写が堪えます。昔の映画だと思ってナメたらあかん。ヘビーやわ。柳田國男が「遠野物語」を編纂した時、あまりに酷い話なので載せなかった話がいくつもあるという話を聞いたことがあるが、これはまさしくそんなお話なのです。厨子王役の花柳喜章が香川照之に瓜二つ。
投稿者:イドの怪物投稿日:2015-05-08 20:08:04
はずかしながら初めて観て、この物語も初めて知った。
徹夜明けの寝不足状態で録画をみたら最後までみてしまった、その位面白かった。
この有名な物語は、ベン・ハーとの相似性があって、ともに感動的。
まぁ皆さんがおっしゃってる様にカメラワークと編集は最高、今の邦画が失ったものが満載、ともかく造り手の真剣さがひしひしと伝わる出来栄え。
ああ昔は良い映画がたさんあったんだ、と、ため息しかでない。
投稿者:ルミちゃん投稿日:2012-04-12 08:04:37
【ネタバレ注意】

1.山椒大夫
権力を悪く用いて、なおかつ、その権力にしがみついた人間.奴隷支配によって稼いだお金を賄賂に使って、自分の権力を守ろうとした人間. 
2.厨子王
権力を正しく用い、なおかつ、その権力を放棄した人間.
 
権力とは、悪いやつが欲しがるものであり、正しい者には不要であった.

投稿者:クリモフ投稿日:2011-11-17 23:05:23
日本映画史にそびえ立つ金字塔で、案の定、退屈せずに面白く観られたんですが、「近松物語」「雨月物語」と同じようにクオリティの高さに比べて冷めている自分という感じでありました。まぁ相性といえばそれまでなんでしょうが、良いと思う箇所がいくつもあるだけに名作に乗れないのはなにか悔しい。
常に奥行きを感じさせ長回しを意識させないる宮川一夫のカメラは本当に素晴らしく、場面場面で感心するし、美術の見事さ、ロケーション等文句のつけようがありません。ただ、主人公が運命のいたずらか、母と引き離され身売されながら、父の教えなんとかをまもり、紆余曲折という話にしてはやや尺が短く、駆け足気味かなぁ、という印象もありました。
うーん、こういうキャラクターから話からかっちりした映画はどうも得意じゃないです。名作なのは十分にわかる作品なのは確かです。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-22 09:21:42
田中絹代
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2008-11-24 14:09:10
【ネタバレ注意】

森鴎外の原作をかなり変更し、政治性が強化されているため、感動よりも知的要求の方がやや前に来る。実際、ストーリーをめぐり激しい議論(社会的に)も起きたらしいが、なるほど、と思った。
「姉・弟」から「兄・妹」への書き換えに、難癖をつけるのは、まったく的外れ。
やはり、鑑賞を難しくしているのは、主人公の政治的決定の部分。
意外に難しい作品ってことだな。

DVDの副音声には、全篇を通して見ながら自由にコメントする宮川一夫、依田義賢らの座談会(1984年)が収録されており、客観的に見直す手助けになる。
そこでも、やはり、終盤の展開のリアリティの欠如が、反省されていた。

要するに、厨子王は奴隷→逃走→直訴→国司任官という運命の流れを経て、地位に乗じて奴隷解放令を発布するわけだが、これは、いわば、知事が条例で私有財産制度を否定するような社会主義的政策であるために(いや、そもそも奴隷は「財産」ではないだろ、といった細かい議論は省略)、お涙を期待していた視聴者を当惑させることになる。
おやおや泣いている場合じゃねえぞ、この話は、ということ。なので、世の残酷さ、労働者の悲惨さを目のあたりにして、ただ泣いていてもしょうがない、各自行動せよ、といったメッセージ性はあるのだと思う。

部分的に見ていくと、ハリネズミのような髭面の山椒大夫の屋敷兼工房で、幼い兄妹を包囲する鍛冶の鉄槌の響きが、凄まじい冷たさを感じさせたあたりが、忘れられない(全体を通して音響が素晴らしい。)また、55分あたりで主人公がフテ寝をするシーンは『残菊物語』の似た場面を彷彿とさせる。そもそも高貴な男が、ドン底に落ち、やがて出世し、その背後で「待ってろよ」と言われた女が死ぬのも、構造的に共通する。『残菊』で主役を張った花柳章太郎の息子・花柳喜章がここでは名演技。

最終的に地位やカネを全部捨て去ることにより母と合一できるという独特の価値観が、心の琴線に触れるか触れないか、大きな個人差がありそうだ。

投稿者:投稿日:2008-09-19 11:36:33
屈指の名シーンとして映画史に刻まれ、ゴダールが『気狂いピエロ』で引用した老母と厨子王の再会シーンの切りとられた水平線と海に浮かぶ小島、あるいは安寿が入水自死する前景に墨汁を吹きつけた黒い笹を配置したカットを撮影したのは、宮川一夫である。
だが、注目すべき部分が前半にある。安寿と厨子王を引っ立てた従者が、進藤英太郎扮する山椒大夫のもとに報告のために歩み寄るカットだ。従者が画面の左からフレーム・インし、キャメラは彼にあわせて右へパン、山椒大夫がフレーム・インしてパンは止まる。
キャメラが動き始める呼吸の見事さ!驚嘆すべき反射神経である。
そもそもキャメラマンは、女優にもてる、という。
根拠は以下のとおり。
―優は綺麗に撮られたい。キャメラマンは綺麗に撮りたい。
→利害が一致する。
▲ャメラマンは反射神経が良い。宮川氏はローラー・スケートをはいて移動撮影をしたらしい。また、助手時代に撮影所の野球チームで活躍し、諸先輩に名前を憶えられたという逸話もある。
→反射神経が良い。
→セックスがうまい。
→色気がある。
→女性にもてる。
N匹ぅャメラマンは、おしゃれである。
→良い画を撮るのだから、姿かたちに敏感なのは当然である。
→女性にもてる。
ぅャメラマンは機械にも強い。
→撮影現場で最も複雑な機械を操るのは彼らである。
→ゆえに、女性に尊敬される。
宮川一夫は、『無法松の一生』で、フィルムをマガジンに入れたまま1年間、四季の風景と芝居をオーバーラップしたシークエンスを撮ったという。

しかし、キャメラマンは女優と結婚しない。その例をあまり知らない。女優と監督の結婚が多いのは周知であるが。
キャメラマンにとっては、被写体との距離感が崩れてしまうからかも知れない。
ゴダールの『気狂いピエロ』海岸をブツブツ言いながら歩くアンナ・カリーナ、『女と男のいる舗道』伝説のダンスシーンの見事な距離感と切りとられたフレームの正鵠。アンナ・カリーナを撮ったのはゴダールではなく、ラウール・クタールだったのである。
『山椒大夫』とは、遠く離れてしまったが。
投稿者:さち投稿日:2008-09-12 13:29:07
すばらしい
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-04-09 19:26:56
【ネタバレ注意】

前半の香川京子の入水シーンまでは見応えがあったが、後半の山椒大夫を引っ立てるまでの描写が通俗時代劇と変わらぬ出来栄えで、エリア・カザンと同様に肝心な部分で社会告発モノになってしまい、ややガッカリさせる物があった。映像と美術は凄く、今はどの国でもこうした題材をこれ程の資金では撮らしてくれない事を解らせてくれる映画でもある。

投稿者:Ki-Adi-Mundi投稿日:2007-06-11 14:52:33
【ネタバレ注意】

見事なシーンの連続に心が躍る。
特に、親子が引き離されるシーンのあの美しさ。あのシーンだけでこの作品が支えられているのではないかと思えるほどだ。冒頭から山椒大夫に売られるまでは完璧だと思う。凄まじいまでの画面の強度。見事としか言いようが無い。
国分寺のシーンも好きだ。

すでに指摘されているように、ストーリーに関しては問題が散見する。違和感を感じている人が多いようだが私もそうだ。
兄妹の問題は、依田の著作によると、企画の段階で花柳と香川の起用がすでに決まっており変更できなかったそうだ。
しかし、瀕死の病人を背負って逃げ切れるのならば、妹を連れて行くぐらい造作も無くやれたのではないかとも思うのだが・・。
それとやはり気になるのは国守になって以降の厨子王の行動だろう。彼の行なった奴隷解放は一時的な物であり、辞任後はまたもとの形に戻るのは明らか。一瞬溜飲を下げると言う効果を狙っただけのもので、このあとあの荘園はどうなるのだろうか?という不安が頭をもたげてしまう。
たしかに無責任といわれてもしかたない。
身の破滅を招いてまでも体を張った父とくらべると、厨子王の行動は幼さだけが感じられ、結果的に物語の貧弱さを強めている。
溝口が具体的に改良点を指示する形で依田に何度も脚本を書き直させるというのが溝口・依田の脚本術だったようだが、この作品では粘り強く作り込むことが出来なかったのではないか。
原作では母の目が開くことになるが(この点から言ってもこのお話しは仏教説話の霊験譚と言えるが)、溝口は、観客が納得できるように書けるのならそうしてもいいと依田に言ったそうだ。
依田はそれを無理だと考え、現行の形となった。
原作のテイストと溝口のリアリズム。両者がぶつかり、コンフリクトをおこした。上手く融合できず、ちぐはぐさだけが残った。そんなところだろう。

投稿者:kukuchin投稿日:2007-03-26 10:57:04
【ネタバレ注意】

どなたかも書いてたけど、やはり姉と弟の物語にすべきだったと思います。
妹の犠牲で兄が逃げるという後味の悪さをうち消したくて瀕死の病人を背負って逃げるという設定にしたのでしょうが、逆に、妹が私の足では逃げ切れないといって入水する、その理由を説得力の薄い物にしてしまっています。
やはり、妹ではなく姉に、瀕死の病人も背負って逃げたりしないほうが良かったのではと思います。
他が、ほぼ完璧なだけに残念です。

投稿者:マジャール投稿日:2007-03-16 00:17:05
いやぁ、凄いですね。すさまじい傑作!!
<世界のミゾグチ>は、こういう映画作っちゃうからあなどれません。(変な映画も、けっこうあるけど)
これ、ずいぶん前に池袋の文芸座で、『雨月物語』と一緒にやってたのを観に行って、わたしとしては『雨月』がお目当てで行ったのに、こっちの方が断然面白かったです。で、久しぶりにレンタルDVDで観たら、やっぱり感動しました。
モノクロ画面の美しさ、荘厳さ、哀しさは、それだけでドラマを凌駕している。(映像が、物語を引っ張っていくなんて、出来そうで、そうそう出来る事じゃない。デヴィッド・リーンが『ライアンの娘』で、やって失敗した)
有名な、安寿が入水するシーンの静謐な迫力!誰かが、水墨画のような美しさ、って言ってたけど、私は、人買いの計略に嵌まって親子が舟で引き離される場面は、むしろ、ムンクみたいな不気味さに衝撃をうけました。(『雨月物語』も、このくらいのホラー・テイストで引っ張ってって欲しかった)
つらく悲しい物語も、観ていて本当に切なくなります。情け容赦の無い責めシーンの凄惨さなんか、ミゾグチなら本当にやりそうでコワい!
田中絹代、香川京子、進藤英太郎、そして浪花千栄子が好演。花柳喜章は、はっきりいって、あまり魅力のある役者さんとは思えませんが、悪くはなかったです。
この映画を観て、人権問題とか、世直し、社会制度改革だの、指摘するのは、見当違いだと思う。これは、哀しみと怨嗟、犠牲と贖罪のものがたりで、仏教的無常観が胸に迫る作品です。

国守になってからの厨子王の行動を、無責任というのも、見当違いです。母を迎えに行って、彼自身、本来なら国守としてお迎えすることも出来たのに、って言ってる。父が幼い厨子王に、イッコク者の父を持ったばかりに、とも言っている。お前もイッコク者になるか?とも。
(・・・・って、なんで私が、こんな解説しなきゃいけないの)
投稿者:はこまる投稿日:2006-11-23 00:05:05
36年の『浪華悲歌』以来、数々の溝口映画で脚本を担当した依田義賢氏(91年死去 ヨーダの元ネタといわれている)の「溝口健二の人と芸術」を再読していて、ちょっと気になる箇所があったので再見しました。

その気になった箇所というのは、森鴎外の原作では追放された父より厨子王に託されるのが地蔵尊の守本尊(地蔵菩薩の金像)であるのに対し、映画では溝口の要望により救世観音菩薩の金像(法華経)に変更された、というところです。

溝口健二という人は果たして信仰心をどれだけ持っていたのでしょうか。

依田氏の本によれば、それまで溝口に対し、ほとんど信仰心を持たない、無信神な人間だと思っていたそうです。が、53年のヴェネチア映画祭に同行した際、ホテルの壁に日蓮祖師の掛け軸を飾り、ろうそくを灯し、「素手では帰れません、どうか賞を獲れますように」とお祈りする溝口を目撃、意外に思うとともに少し納得したと記されています。

この日蓮祖師の軸を溝口に手渡した人間はいわずとも分かりますが、ではどのようなきっかけで彼が信仰心を持つにいたったのでしょうか。永田社長の影響なのでしょうか。『西鶴一代女』(52年)のオープニング他、かすかにその祈りを感じる場面はありますが、彼が手をあわせるきっかけとなった直接のエピソードを私は知りません。

さらに依田氏によると、本作の劇中、安寿と厨子王が逃亡を決意する際、捨て行く女の体と石仏を紐で結ぶ描写があります。これは藤原道長をモデルにした溝口のアイディアだそうですが、依田氏はこの描写の中に当時の溝口自身の心情があったのではと推測されています。

原作と映画を比べてみると、鴎外のものは民話を土台とした土着的物語であるのに対し、溝口版は国分寺の律師が劇中に「人間は我が家の世過ぎに関係がなければ、人の幸せ不幸せにひとかけらの同情心も持たない残酷なものなのだ・・・」と語らせてることからも分かるように仏教説話風社会劇になっています。

そしてラストでは、原作では地蔵尊の守本尊を額にあて、盲しいた母の目が開くのに対し、溝口版では母の目は開くことはありません。
溝口ほどの矛盾に満ちた真のリアリストが、実際に映画の中で自らの矛盾と苦闘する姿がここにあります。
確かに技術的、映画的に見ればこの『山椒大夫』は満点に近い作品かもしれません、しかし、さらにいえば、ここには物語構成上の様々な矛盾点が点在し、若くから追求してきた日本的世界と、仏と海外世界に触れた溝口の社会意識、それに当時の創造者としての心のよりどころを模索する彼自身の心情がダイナミックに混ざり合い、単純に「溝口の古典的名作」という言葉では言い表せない時代を越えた魅惑的な映画的強度が存在しています。そして溝口自身の当時の想いはすべての画面の中に映るものに存在しているのです。

これこそが溝口を現代においてなお、真に偉大たらしめているところでしょう。苦闘の中に名作は生まれる。ただ頭をたれるのみ。




投稿者:Longisland投稿日:2006-10-18 03:45:54
農民の為に身分を失う父(清水将夫)、憎々しい荘園主(進藤英太郎)健気な安寿(香川京子)と素晴らしい演技の俳優陣。最盛期の大映美術は荘厳にして立派、コントラストを生かした映像(宮川一夫)、2時間飽きさせない脚本(依田義賢)、そして何より溝口健二監督の構成力に感服。世界に評価されただけのことはある傑作なんだが・・・。
最近見直して、成人した厨子王演じる花柳章の演技に? 周囲と違和感あるエキセントリックな演技、落ち着き無いチョコマカした立ち振る舞い、なんか違和感を感じる。 極悪山椒大夫の息子が厨子王が逃げ込む国分寺の僧(初見時気が付かず)だったことも説明不足に感じ、強引で場当たり的?な荘園の奴婢の開放、蒙昧な奴婢は略奪と放火にうつつを抜かし、責任を取ることなく目的達成したら地位を投げ出す厨子王行動は?etc…アラばかりが気になった。

少年時代の厨子王演じたのは加藤雅彦って、津川雅彦なんだよね〜。
今気が付きビックリ!
投稿者:Ikeda投稿日:2006-09-11 11:35:35
森鴎外の名作を映画化しているので、ストーリーとしては感動的で、カメラも非常に良いと思います。この時代の大尽、山椒大夫の残酷な仕打ちが、かなり強調されていますが、その悪人役、進藤英太郎が名演です。玉木の田中絹代、安寿の香川京子も良いと思いましたが、映画の内容に本当に共感を持てた訳でもありません。
それは厨子王の行動がいい加減すぎる感じがあるからです。自棄的な態度になって妹に励まされたり、一人で逃げてしまうというのも随分、浅はかな考えで、確かにこれが姉だったら、まだ許せると思いました。あまりケチをつけたくありませんが、花柳喜章の演技力にも問題があって、名優だったお父さんの章太郎とはかなり差があります。
丹後の国守になった後、辞任してしまうというのも、無責任な話で、せっかくの施策が元に戻ってしまうのではないかと思いました。親の事は忘れたかと思うと、政治改革を行い、それを放り出して母に会いにいくという展開は、本筋としてよじれた感じです。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2006-09-04 18:09:35
これは凄い!壮絶な人間ドラマを溝口は完璧に描ききったのだ!
キャメラ(森のシーンがいい)・美術(大夫邸の巨大さ)・音楽(幽玄美)その他様々なパートが一致協力して、この素晴らしい正に総合芸術と呼ぶしかない作品を創造したのである。
演技陣。香川の可憐さ、進藤の憎憎しさ、花柳の苛烈さ、そして田中のラストの姿!涙なくして見れない・・・
投稿者:篭瀬山投稿日:2006-02-14 21:20:55
 演出が観念的すぎる。奴婢の解放が善とされるのは現代的な価値観からすればその通りだが、当時はそれを偽善とする倫理があったはずで、その中に現代的な善が生まれたという過程がわからない。あるいは10年の奴婢生活で父の教えを忘れた厨子王には、それを裏付けるだけの時間と体験があったはずだが、それを感じさせるものがない。10年の奴婢生活にもかかわらず父の教えを忘れなかった安寿にも、それ裏付けるだけの時間と体験があったはずだが、それは描かれない。したがって、あまり地に足の着いた倫理に見えない。

 そういうことを丁寧に描かないのだとしたら、ジェットコースターみたいに展開のダイナミズムだけを売りにする物語と変わらない。私は本気のジェットコースター・ムービーを好きだし評価するので、それらと比べると、この映画はあまりに不真面目で怠惰に見える。

 上手く言えないが、決してつまらないだけの映画ではなかった。5
投稿者:Tom投稿日:2005-07-31 06:21:31
この際、原作は頭から離れて映画で起こっている事に溝口の人間性に心から感動しよう。原作と映画は別物。もちろんこの映画はどちらの価値を下げるものではない。若い時期、青年期に絶対見るべき作品。これはあるある男が弱い心を打ち破って宿命を変えていった物語。
投稿者:アリョーシャ投稿日:2002-10-31 23:53:27
花柳喜章の厨子王に香川京子の安寿という配役のため、原作の姉弟が兄妹になってしまっている点が、この映画の唯一の弱点ではないかと思う。妹を置き去りにして一人逃れてしまう兄では、やはり情けない。弟を思いやる姉という関係においてこそ、この物語の美しさが成り立つのではないだろうか?
完璧主義の溝口健二が何故これを認めたのか不思議でならない。
投稿者:甘粕正彦投稿日:2002-03-24 03:28:23
ついに『山椒大夫』を観た。思わず身震いがした。ちょっと、何も手につきそうもない。それにしても、映画の放つ強烈な現代性には驚いた。平安時代の世のつらさ、ひいては生きるための道理のようなものが、「現代のことば」によって完璧に表現されている。圧倒している。凄い。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-01-12 03:40:03
 溝口はワンシーンワンカットの監督じゃない。
 冒頭の厨子王が走る後ろ姿をオーバーラップするスピーディな繋ぎにまず驚愕。それに続く父親の回想の繋ぎ方のもうこれしかないという構図、照明にしびれる。

 どのシーン、どのカットをとっても完璧な撮影だ。
 中でもススキの野を行く4人のカットと佐渡の岸壁から子どもの名を呼ぶ田中絹代のカットは絶品。http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ サン・マルコ銀獅子賞溝口健二 
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】山椒大夫レンタル有り
 【VIDEO】山椒大夫レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION