allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

風船(1956)

メディア映画
上映時間110分
製作国日本
初公開年月1956/02/19
ジャンルドラマ
風船 [DVD]
参考価格:¥ 2,448
USED価格:¥ 4,980
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:川島雄三
製作:山本武
原作:大仏次郎
脚本:川島雄三
今村昌平
撮影:高村倉太郎
美術:中村公彦
音楽:黛敏郎
助監督:今村昌平
出演:森雅之村上春樹
高野由美村上房子
三橋達也村上圭吉
芦川いづみ村上珠子
北原三枝三木原ミキ子
二本柳寛都築正隆
新珠三千代山名久美子
左幸子阿蘇るい子
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
217 8.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2013-05-02 23:49:20
3年前は合計28分が限界だったが、三度目の観賞で一気観出来た。もう一人兄弟が加わってれば「カラマーゾフの兄弟」だな。父親の設定は捻ってあるけど。
投稿者:呑気呆亭投稿日:2013-04-03 20:02:03
以前VHSを購入した時に観た時には気が付かなかったのだが、この映画の真の主役はプレイボ−イ圭吉(三橋)の妹珠子(芦川)であるようだ。彼女を川島はいわば狂言回しのように使って、大人達の思惑が入り乱れるドラマを語って行くのだが、実はその大人達のドロドロとした愛欲沙汰を真心という球で綴り合わせてゆくのがこの文字通りの珠子なのである。そうしたびた銭沙汰に愛想をつかした父親の春樹が、会社社長の職を捨てかつて暮らした京都に移ろうとして、妻と珠子に同行を求めるが、妻は圭吉に付き珠子は家族の崩壊を予感して同行を拒絶する。しかし、春樹が京都の下宿に落ち着いて再び画業に生きようと暮らし始めたころ、下宿の娘に誘われて出かけた盆踊りの場で、晴れ晴れと江州音頭を踊る珠子の姿を見出したのだった。春樹役の森雅之が骨太な父親役を好演し、悪党を装う複雑な性格のナイトクラブ経営者を二本柳寛が見事に造形している。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:has42120投稿日:2010-11-25 19:44:27
三橋達也
投稿者:uptail投稿日:2010-08-25 09:40:49
森雅之
投稿者:きらきら投稿日:2010-04-30 09:08:16
ラストの盆踊りで娘を見つめる父。
これに似たカットを見たことがある。
成瀬の「めし」だ。
家を出た原節子を迎えにきた上原謙が、やはりこの森雅之(父)とおなじように立っていた。
映画に足をすくわれるのはこのような瞬間だ。
それまでの煮え切らない登場人物たちの政治的立ちまわりに苛立ちながらも、こうした瞬間があるからこそ「映画」なのだなと思う。

考えてみれば、この手の「メロドラマ」を撮ることができるディレクターがいなくなった。
また見るほうもそうした作品を受け付けることができなくなっている。おとぎ話のような物語を「感動をありがとう」と吠えているか、作品が現実と照らし合わせて現実的かどうかばかりを口にしているような連中ばかりだ。

昔からあった3−Dをほじくり返して、あたかも新しそうな顔をして見せる作り手も、それをさも新時代の幕開けだのと吹聴する受け手もよくわからない存在だ。

20世紀はいつになったら終わってくれるのか?
すでに半世紀以上も前のこの映画を見てそんなことを思った。
投稿者:あおぞら投稿日:2010-04-09 09:59:41
人間をよく凝視した原作がいい。風船のようなふわふわとした人たちとは対照的に、頭の弱くて不器用な芦川いずみが演じる珠子に心が癒される。「必要以上にお金を持つと人間が腐る」という森雅之のセリフに納得。現代にも十分通用する人間ドラマである。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-01-14 08:12:19
 これは、芦川いづみの映画かも知れない。 頭が足りなさそうで、一番賢い。
 北原三枝の迫力。まとわりつく二本柳寛の嫌らしさ。それに比べて新珠三千代は出番は多いが深刻そうで良くない。左幸子はかすんでしまっている。http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】風船2012/06/02\2,267amazon.co.jpへ
 【DVD】風船2006/03/10\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】風船レンタル有り
 【VIDEO】風船レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION