allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

太陽の季節(1956)

メディア映画
上映時間89分
製作国日本
初公開年月1956/05/17
ジャンルドラマ/青春
日活100周年邦画クラシック GREAT20 太陽の季節 HDリマスター版 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,802
USED価格:¥ 988
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:古川卓巳
製作:水の江滝子
原作:石原慎太郎
「太陽の季節」
脚本:古川卓巳
撮影:伊佐山三郎
美術:松山崇
編集:辻井正則
音楽:佐藤勝
助監督:山崎徳次郎
出演:長門裕之津川竜哉
三島耕兄・道久
清水将夫父・洋一
坪内美詠子母・稲代
南田洋子武田英子
東谷暎子幸子
小野三津枝由紀
市村博佐原
佐野浅夫江田
石原裕次郎伊豆
野口一雄西村
沢井謙田宮
須藤孝松野
吉田光男拳斗選手
関弘子エルザー
南部美野サリ
久場礼子マリー
河上敬子ミッチー
明石淳子ジェリー
紅沢葉子英子の母
岡田真澄バンド・マスター
三鈴恵以子女給
松原京子海水浴場の女
阿部幸四郎審判
石原慎太郎サッカー選手
福田トヨ菓子の家の女中
花村信輝顔役
八代康二顔役
【解説】
 芥川賞を受賞した石原慎太郎の同名小説を、古川卓巳が脚色・監督した青春映画。慎太郎の実弟である石原裕次郎が本作でデビューを果たした。本作の後に公開された「処刑の部屋」「狂った果実」とあわせて「太陽族映画」と称された。
 高校生の津川竜哉はボクシングと酒と女と喧嘩に明け暮れる日々を送っていた。仲間たちと銀座に出た竜哉は武田英子と知り合い、二人は逗子にある竜哉の家で結ばれる。竜哉と英子はデートを重ね愛情を確かめ合うようになるが、英子が想いを募らせていくのと反対に、竜哉はだんだん英子のことが煩わしくなってきていた。竜哉は兄の道久に英子を五千円で売り飛ばす。英子は竜哉の子供を身ごもっていたが、竜哉に始末しろと言われてしまう。
<allcinema>
【関連作品】
太陽の季節(1956)正編
狂った果実(1956)姉妹編
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
312 4.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さち投稿日:2008-07-18 02:47:29
普通
投稿者:Lionsboy投稿日:2008-04-22 02:34:43
原作は硬質の文体に魅力があるが、映画の方は奇妙な印象ばかりが目立つ。
主人公たちは高校の拳闘部のメンバーということになっているが、みな20代から30代にしか見えず、まったく10代の高校生には見えない。しかもその10代の高校生というのがスーツ姿でナイトクラブを徘徊し、飲酒・喫煙三昧というのは、いくら不良グループとはいえ、あまりに不自然。出てくる人間もみな同類のゴロツキばかりで何の個性もないというのもどうかと思う。
裕次郎の端役でのデビュー作であり、その後の日活の隆盛のスタートとなったという歴史的価値はあるものの、映画としては駄作。もっとリアリティが欲しかった。
投稿者:ジョジョ投稿日:2005-05-08 00:18:32
長門が親父の腹を本気で殴り、「本気で殴る奴があるか」と弱々しく言う場面がとてもよかったですね。あとはまぁまぁ。
と言いますか、あたかも裕次郎主演のようなDVDの扱いに疑問。
投稿者:Stingr@y投稿日:2003-04-30 02:03:56
太陽族と言うには迫力不足。若さとスピード感が感じられないし,家族の描き方も緊張感がなくて文芸的である。長門の無軌道な高校生役というのも無理だったのかも知れない。何かまず考えてから行動しているようだ。それに,電話1本でいきなり殺してしまう展開にはさすがに驚いてしまった。
【レンタル】
 【DVD】太陽の季節レンタル有り
 【VIDEO】太陽の季節レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION