allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

現代の欲望(1956)

メディア映画
製作国日本
初公開年月1956/06/22

【解説】
 菊島隆三のオリジナル脚本を丸山誠治が監督。欲望の赴くままに生きてきた高利貸しが、すべてを失いながらも再び立ち上がるまでを描く。
 飯塚公平が飛び降り自殺で命を落とした。異常なほど金に執着を見せる谷川宏は、闇金融で違法に金を稼いでいた。飯塚メリヤス工業の社長である飯塚公平の自殺も、谷川の高利貸しが原因だった。谷川は次のターゲットとなる昭和土地を訪れるが、そこで社長秘書の飯塚せつ子と出会う。せつ子は自殺した公平の娘だった。良心の呵責から、谷川はせつ子とその弟の新一の面倒を見るようになる。せつ子との結婚を真剣に考えた谷川は、飯塚家を訪れこれまでのすべてを告白。しかし一家は父親を死に追いやった谷川を許そうとはしなかった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION