allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

女真珠王の復讐(1956)

メディア映画
上映時間89分
製作国日本
初公開年月1956/07/05
ジャンルドラマ/サスペンス/アクション
新東宝名画傑作選 DVD-BOX IV -エロティックサスペンス編-
参考価格:¥ 10,800
価格:¥ 10,800
USED価格:¥ 8,451
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-09-09 17:14:21
【ネタバレ注意】

グロの無い江戸川乱歩的な世界観が楽しかった(のちの明智小五郎も出てるし)。天知茂に締め上げられる藤田進は「姿三四郎」のパロディだろう。

投稿者:hayate9投稿日:2009-08-11 21:16:02
汚名を着せられた男(宇津井健)の無実を証明するため恋人の女性(前田通子)が巨万の財宝を賭けて復讐をするエロティックサスペンス。夏岐は会社の上司の陰謀で南海の孤島に流され、恋人も横領容疑で逮捕されてしまう。この作品が初主演となった前田通子の全裸シーンも見所。 (ツタヤHPより)

前田通子はなで肩でダイナミックなプロポーションです。
でも、全裸シーンは気付かなかったです。逆に、ひたすら胸ポロしないように、頑張っている感じがしました。
ヒロイン夏岐は南海の孤島に流され、同じように漂流してきて孤島で生活していた5人組の男に助けられます。
その内の3人から襲われそうになるんですが、舌なめずりをするわかりやす〜い男がいたりとなんか笑ってしまいます。
残りの1人は「恥ずかしいことはしちゃいかん」とヒロインをかばい、その立派なお人の娘と婚約している天知茂も「命を賭けても女は守る」とかっこいい台詞で私の心をわしづかみです。
後半はお金持ちになったヒロインの復讐劇になります。

白黒だし古い映画ですが、若い頃のスターの姿や今ではありえない展開とか、
ダンスホールや裾が広がったドレス、エレガントなヘッドドレスなどなど、楽しく鑑賞しました!
投稿者:zuka投稿日:2007-06-12 14:53:11
「海女の戦慄」が良かったので期待したのですが,海のシーンはほとんどなく,平凡な企業家同士の復讐劇.見所はキャスティングが豪華なところくらい.
【レンタル】
 【DVD】女真珠王の復讐レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION