allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

滝の白糸(1956)

メディア映画
製作国日本
初公開年月1956/07/12

【解説】
 泉鏡花の同名原作を島耕二が脚色・監督した。1915年版から数えて六回目の映画化となるが、本作は初めてカラーで製作された。
 水芸人「滝の白糸」一座は、寅五郎一座からの合流の申し出を断り、金沢で公演を行い成功を収める。夜、散歩に出かけた白糸は、川岸で馭者の村越欣弥と出会った。法律を学んでいるという欣弥の話を聞き、白糸はその費用を出すことにする。欣弥が東京に出ても白糸は送金を続けた。だが滝の白糸一座も時代の波には勝てず、富豪の上林からの援助を受けるようになる。金沢での凱旋公演が成功した日、上林にもらった金を欣弥に送ろうとした白糸は、寅五郎に金を奪われてしまった。金を工面してもらおうと上林を訪れる白糸だったが、体を求める上林に抵抗し誤って殺害してしまう。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION