allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

流れる(1956)

メディア映画
上映時間117分
製作国日本
初公開年月1956/11/20
ジャンルドラマ
流れる 【東宝DVDシネマファンクラブ】
参考価格:¥ 2,700
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:成瀬巳喜男
製作:藤本真澄
原作:幸田文
脚色:田中澄江
井手俊郎
撮影:玉井正夫
美術:中古智
編集:大井英史
音楽:斎藤一郎
特殊撮影:東宝技術部
出演:田中絹代梨花(女中)
山田五十鈴つた奴(芸妓)
高峰秀子勝代(つた奴の娘)
中北千枝子米子(つた奴の妹)
松山なつ子不二子(米子の娘)
杉村春子染香(芸妓)
岡田茉莉子なゝ子(芸妓)
泉千代なみ江(芸妓)
賀原夏子おとよ(つた奴の姉)
宮口精二鋸山(なみ江の伯父)
仲谷昇佐伯(お浜の甥)
加東大介高木(米子の前夫)
竜岡晋村松
栗島すみ子お浜(水野の女将)
【解説】
 幸田文の同名小説を「めし」「浮雲」の成瀬巳喜男監督が映画化。傾きかけた芸者置屋を舞台に、時代の流れの中で変わりゆく花柳界に生きる女性たちの姿を豪華な女優陣の競演で描いた作品。女性のありのままの姿を一貫して描いてきた成瀬映画のいわば集大成にして成瀬演出のひとつの到達点を示した日本映画を代表する傑作。
 大川にほど近い花街にある芸者置屋、つたの家。ここに職業安定所の紹介でやってきた女中・梨花は女将つた奴に面会、呼びにくいからといきなり名を“お春”に変えられてしまったものの無事採用が決まり、さっそく住み込みで働くことになるのだった……。
 日本映画を代表する女優たちが与えられた役どころの中でみごとな演技合戦を展開。それでもやはり圧巻は、これが久々のスクリーン復帰だったという往年の大スター栗島すみ子。その指先の動き、語尾の言い回し、どれをとってもこれぞ“芸”とでもいうべき珠玉の演技を披露してくれる。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A浮雲 (1955)
[002]A山の音 (1954)
[003]A乱れる (1964)
[004]A人情紙風船 (1937)
[005]A東京物語 (1953)
[006]Aめし (1951)
[007]Aおかあさん (1952)
[008]A丹下左膳餘話 百萬兩の壺 (1935)
[009]A二十四の瞳 (1954)
[010]A晩春 (1949)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19168 8.84
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:パゾリーニ投稿日:2017-09-29 00:46:18
大きな事件が起きるでもなし(怖いおじさんの因縁くらい)、スケールの大きい風景が現れるでもなし、ハラハラドキドキのスリル、ミステリーでもなし、楽しい音楽が鳴り響くでもなし……けれど2時間、始めから終わりまで目が離せず、何だか胸が熱くなり、人がいとおしくなる。これはいったい何なんでしょう?! 成瀬巳喜男の力量に驚嘆するしかない。もちろん、俳優陣、そしてスタッフの総合力に、ただただおそれ入谷の鬼子母神です。
投稿者:カール犬投稿日:2013-08-07 21:25:08
日本映画の頂点を極めたような豪華絢爛オールスターキャスト女性映画。

出演している女優たちの演技を観ているだけで至福さに酔える。

海に千年山に千年、百戦錬磨の女優陣たちを、
成瀬巳喜男監督はよくぞこれだけ見事にまとめあげたよね。

でももうこんな素晴らしい日本映画にはお目にかかれないだろうなと思うと
観終わった後の幸福感とともに、幾ばくかの寂寥感もふと胸によぎるのよ。
投稿者:こじか投稿日:2013-06-01 23:03:50
素晴らしい。
投稿者:黒らぶクーたん投稿日:2013-01-20 20:44:54
前年の名作「浮雲」の余勢をかって集めた大女優のそうそうたる面々、集めたのも「名匠」成瀬監督ならではであるが、彼女らを使いこなせた力量こそ、成瀬監督の真骨頂であろう。日本映画を代表する大女優の面々が、期待に応えた素晴らしい演技を見せてくれる。花柳界を通して、戦後の価値観の変化を描いた佳作である。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-10-18 23:28:34
成瀬巳喜男だから集められた(多分)女優陣。原作は当時人気のあった連載小説だったのだろうけど、話自体は平板だった。
投稿者:いまそのとき投稿日:2011-06-23 10:20:30
男優は加東、仲谷、宮口。影が薄い。錚々たる女優たち。田中、杉村47歳。山田39歳。高峰32歳。栗島54歳。中北30歳。岡田23歳。賀原35歳。落魄れて行く置屋に女たちの肉声が飛び交う。成瀬51歳の仕事。2階から隣家の様子まで覗える写実の細やかさ。難点あげるとしたら舞台がより狭い世界に感じる点。かき回す男たちはあくまで奥の控。手練鮮やかな舞台劇であるが、視点が少し分散したかもしれない。成瀬連続視聴7作目。
投稿者:uptail投稿日:2009-07-31 09:49:01
田中絹代
投稿者:クリモフ投稿日:2009-01-12 02:39:47
いやぁ、日本映画黄金期を支えた女優さんが出てくる出てくる。これは凄いなぁ。現場はどんな雰囲気だったんでしょうか。こんな面子を使えたのはやはり、成瀬監督だったからなんでしょうね。
この物語、女中さんの田中絹代をさりげなく中心にすえて、芸者家の生活を描いてるんですが、その家にいる人が、もう大女優ばかりなのでカットが変わるごとに驚いてしまう。割と登場人物が多いんだけど、それぞれの女優さんのキャラが立ちまくっていて、一気に頭の中に相関図が出来ます。役者はもちろんのこと監督の力量も流石。
しかも、役者だけじゃないのがこの映画の凄いところですね。一人で切り盛りする山田五十鈴と姉やお浜さんとのやり取りがリアル。手を差し伸べているようだけど、ビジネスライクな関係ですね。女同士のやりとりを上手に表現しています。最期のミシンがなにか象徴的。
女優さんたちはみんな光っていますが、杉村春子がよかったなぁ。気風がいい。あとベテランの貫禄、栗島すみ子。只者じゃない感出まくり。そんなベテラン達に囲まれて、花を添えている岡田茉莉子。かわいくて綺麗でした。
やっぱり女優の競演は楽しいな。傑作。
投稿者:Longisland投稿日:2007-06-18 02:56:06
正直いって成瀬監督作品あんまり観てません。よく日本映画の巨匠って小津・黒澤・成瀬・溝口と並び称されますが一番観てないのが成瀬監督作品(『浮雲』『めし』『女が〜』3本しか観てません)実に不勉強でした反省しました、マジ凄い作品でした。田中絹代、山田五十鈴、高峰秀子、杉村春子、岡田茉莉子(←可愛い!)実に豪華な女優陣に圧巻、ベテランの磐石な演技と新進女優の初々しさのバランスが絶妙。U21女優が注目される邦画バブルの今日この頃、邦画全盛の50年代中盤はしっかりとした構成力を持つ監督の演出の下ベテラン演技陣と新進女優の切磋琢磨があったんですね。そんなことが最大の映画人口を生み、俳優層を厚くしていったんだ…納得。
本作をスクリーンで観れたとこは幸せとしか言いようが無い、早稲田松竹様ありがとう!
投稿者:アキ投稿日:2007-05-06 14:50:57
田中絹代、山田五十鈴、高峰秀子、杉村春子、岡田茉莉子の豪華女優競演。男たちはほんの刺身のツマ。東京墨田川近くの芸者置屋が舞台。時代に取り残され、廃れいく芸者世界に、淡々と生きる山田五十鈴の貫禄。上品な言葉遣い、物腰の女中・田中絹代の苦労のにじみ出たようなやさしさ。ここしか行き場のない年増芸者杉村春子の生活の哀しさ。若い高峰秀子や岡田茉莉子は芸達者な先輩たちに圧倒されている様子。
「娘・妻・母」(1960)はとくにそうであるが、この映画も、ストリー展開、起承転結など気にも留めず、成田巳喜男監督は、ただひたすら、生活の一段面を、きめ細かく、淡々と感情豊かに描ききる。材料は十分に提供したので、はい後はご自由に解釈・想像してください、というにくい演出である。お陰で見ている人は、ちょっとした欲求不満に陥り、その後の登場人物の生き様に思いをはせる。つまり後を引かれる映画なのである。それが
名画の条件なのかもしれない。
このような映画は、現代には受け入れられない。若い人は、欲求不満に陥るに違いない。廃れいく芸者世界に、失われ行く日本のよさを重ね合わせてみる。品格、品性、さりげない思いやり、人情、・・・。ちょうど50年前の映画であるが、失われていくものの哀感という意味では、いつまでも新しいテーマである。
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-11-28 23:12:39
 ひょうひょうと流れる時間の中に、時代の移り変わりをしっかり描き出している。芸者の置屋という、先のない世界。この廃れゆく世界を押しとどめるための有効な手立てなど、登場人物の一人として取ろうとしないし、また誰にも取りえない。自然の遷移のように時代の変化を描く成瀬の狙いは、この社会を選んだのはわれわれ自身であると、言うことにある。そんな気がした。

 戦後の作品で山田五十鈴を観るのはこれが3作目。他は黒澤『用心棒』と小津『東京暮色』だが、顔が間伸びして見え、女優としての華がどこにあるのか分からなかった。しかし、この作品の彼女はいい。美しさの第一線で体を張ってきた自負が表れ、役柄ともぴったりである。どこかでも書いたが、追い詰められた女の美しさ、である。7
投稿者:Bava44投稿日:2005-10-11 21:14:44
山本五十鈴が栗島すみ子の家で可愛くなっているのが面白かった。
(最近黒澤の「用心棒」を見たばかりなので本当に同一人物かと思う)
田中絹代はあれだけ演技が上手くて画面にもよく出るのに印象薄い。彼女が家に来るところから
映画が始まるから、一応は彼女が主人公なのだろうけど・・・彼女の役名がずっとお春だと思っていた(笑)

ここらでもう終わりますよ〜って感じで終わるのだが、この映画あと2時間ぐらいあっても楽しめるぞ。
投稿者:Ikeda投稿日:2005-09-29 13:24:18
当時の東宝のスター女優が総出演と言う位なのがが凄いです。それに大ベテランの栗島すみ子が出演しているのが珍しく、この人は私の亡母と殆ど歳が同じなので、この頃の母を思い出す良い「よすが」ともなりました。
話としては柳橋近辺と思われる置屋を中心にした芸者の話ですが、そこへ職安から紹介されて来たと言う女中が田中絹代で、最後まで引き回し役です。その女中が山の手の奥さんのように当時でも珍しいくらい昔風で上品な所が面白いです。一方、山田五十鈴は置屋の女将役なので、年上の絹代を相手にして、やりにくそうですが流石に三味線を取ると格好良いです。
その他の役者も、それぞれ良いですが、何といってもこの映画を引き立てているのは杉村春子で、古い時代の女らしさは、演技の上で栗島すみ子にも負けないと思います。特にこの作品の場合、気楽にできる脇役なだけに思う存分演技しています。久しぶりに検番から声がかかり、お姐さんの五十鈴に電話で三味線の節を確かめるのも面白いですが、帰ってきて踊りだすシーンなどは本人も楽しそうです。それに「女に男はいらないんだってさ」と笑う台詞は、この映画が表現しようとした本質を表しています。
成瀬巳喜男の場合、男に係わる前後の描写が不十分な事が多いですが、ここでも加東大介や宮口精二(岡田茉莉子の伯父役)の出てくる挿話は飾りでしかない感じです。唯、ラストは山田五十鈴が杉村春子にする三味線のおさらいと高峯秀子のミシンをパラレルに進行させる所が新旧を対比させて、かなり考えた演出だと思いました。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2005-09-28 18:15:22
田中を狂言回しに展開される芸者置屋の世界。
ストーリー的には「晩菊」と似た感じだが、やはりオールスターの競演が見物だ。成瀬もさぞかし、腕が鳴ったことだろう。
誠実な女中の田中・やつれた女将の山田・芸者に反発する娘の高峰・ちゃっかりした芸者の杉村と岡田・姐御肌の栗島とそれぞれ、しっかりとキャラが立ち好演している。
が、ここでは中北を一番に推したい。あのふがいない居候役は絶品だと思う。
それにしても田中と栗島とのシーンは、かつての松竹蒲田の先輩・後輩であったという関係が思い出され、感慨深い。
投稿者:アリョーシャ投稿日:2002-10-13 12:31:09
このキャスティングの素晴らしさ。
栗島、田中、山田、高峰(秀子)、杉村・・・日本映画史上に残る女優ばかり。
しかも皆それぞれの個性をいかして好演。これだけの女優陣をまとめてしまう成瀬
監督は、やはり女性映画の名監督ですね。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-01-14 08:18:21
 成瀬の演出は完璧だ。この厳しさはどうだ。この人物達へのキャラクタリゼーションはどうだ。余りの凄さに声を出して喜んでしまった。田中、山田、杉村、高峰、栗島、皆とんでもなく凄い!
 ラストが曖昧なのが辛いが、これも見事な突き放し。http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】流れる <期間限定プライス版>2014/09/17\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】成瀬巳喜男 THE MASTERWORKS 22005/08/26\20,000amazon.co.jpへ
 【DVD】流れる2005/08/26\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】流れるレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION