allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

嵐を呼ぶ男(1957)

メディア映画
上映時間100分
製作国日本
初公開年月1957/12/29
ジャンル青春
日活100周年邦画クラシック GREAT20 嵐を呼ぶ男 HDリマスター版 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,734
USED価格:¥ 1,062
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:井上梅次
製作:児井英生
原作:井上梅次
脚本:井上梅次
西島大
撮影:岩佐一泉
美術:中村公彦
編集:鈴木晄
音楽:大森盛太郎
助監督:前田満州夫
出演:石原裕次郎国分正一
青山恭二国分英次
小夜福子国分貞代
北原三枝福島美弥子
岡田真澄福島慎介
高野由美福島愛子
芦川いづみ島みどり
山田禅二島善三
天路圭子有馬時子
白木マリメリー・丘
笈田敏夫チャーリー・桜田
金子信雄左京徹
市村俊幸持永
冬木京三種田
高品格
峰三平乾分A
榎木兵衛乾分B
光沢でんすけ乾分C
八代康二乾分D
三島謙マネージャー滝
山田周平バーテン矢野
寺尾克彦バーテン
柳瀬志郎吉田
二階堂郁夫長谷
林茂朗木村
加藤博司
汐見洋大熊教授
早川十志子福島邸の婆や
竹内洋子バーの女
小柴隆凡太郎
坂井一郎ボーイ
紀原耕留置所の警官
衣笠一夫浮浪者
阿井喬子テレビの女アナ
東郷秀実テレビのフロマネ
【解説】
 美しい兄弟愛を中心に、ドラマーを目指す若者の熱い姿を描いた、石原裕次郎主演の青春歌謡ドラマ。女流マネージャー・美弥子に見出されたドラマー・国分正一は、美弥子の厳しい指導と猛練習でメキメキと力をつけていく。やがて二人の間にも淡い恋心が芽生えていた。しかし作曲家志望の弟・英次が新人リサイタルに推薦されることになり、美弥子に恋心を抱く評論家・左京の力が必要となる。仕方なく、正一は美弥子から離れる決心をしたのだが……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
530 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:呑気呆亭投稿日:2013-04-26 14:33:34
リアルタイムで観た時は裕チャンの格好良さに痺れたのだったが、最近一連の裕次郎映画を見直すことになって、この時代の日活映画の尋常でない新しさに気が付くようになった。ドラマとしては正一と英次の兄弟愛が芯になるのだが、それがドラマとして成立するには二人の間を引き裂こうとする母親の存在がなくてはならなかった。その頑なな母親の役を小夜福子がリアルな存在感をもって造形している。その母親が亡き夫とその夫の破天荒さを引き継いだ正一への恨みを呑んで引きこもるアパ−トの映像が何度も映し出されるのだが、母の仕打ちに腹を立てて正一が悄然と去って行くシ−ンの、ライティングとキャメラの共同作業の素晴らしさには息を呑む思いをしたことだった。名人藤林甲さんに拍手を!http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:ひつじめえめえ投稿日:2009-05-24 21:36:57
ドラムバトルの有名な場面、あれって映画のクライマックスっぽいじゃないですか。でも、違うんですね。あのあとがあるんだ! けっこう暗い話なんだね。母と子の葛藤の物語だったのか…。
ジャズがテレビの話題になる時代があったんだなあ。
投稿者:映画元気投稿日:2008-03-14 10:49:54
【ネタバレ注意】

<元気コメント>
 ドラマー合戦につぶされた右腕で望むという最悪の場面に、歌うドラマーとして蘇る。
 →自由奔放な若者の生活ぶりへのあこがれと共に、逆境を福となす姿に励まされました。
http://eigadegenki.cocolog-nifty.com/

投稿者:アキ投稿日:2006-08-16 16:56:53
美弥子「正ちゃん」
正一 「美弥」
美弥子「好き・・・いつのまにか好きになってたの」
正一 「俺だって・・・俺だって・・・でも・・・」
   「美弥・・・」
まだ主演は、大女優「北原三枝」が最初で、「石原裕次郎」は二番目。
若々しい裕次郎が、心地よさそうに演じたはまり役。主題歌がテンポよく決まる。音楽家の卵弟正次との兄弟愛がほんとうに美しい。粗暴な兄を嫌い、弟を身びいきしてしまう母親。最後に兄を認め、心を開く母親。ハッピーエンドだが、後は勝手に判断してくれという終わり方も良い。そして何といっても、主演二人の生涯の恋が始まったかもしれない、記念碑的映画。乾杯!
投稿者:noreply投稿日:2002-12-16 21:01:35
序盤のワンシーンで、フランキー堺が出演。
「ていこ(太鼓)なんて馬鹿しか叩かないんだから、馬鹿!!」
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION