allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

四季の愛欲(1958)

メディア映画
上映時間108分
製作国日本
初公開年月1958/06/10
ジャンルドラマ/ロマンス/エロティック

【クレジット】
監督:中平康
製作:大塚和
原作:丹羽文雄
「四季の演技」
脚本:長谷部慶治
撮影:山崎善弘
美術:千葉一彦
音楽:黛敏郎
出演:山田五十鈴浦子
楠侑子吟子
桂木洋子桃子
中原早苗春枝
渡辺美佐子百合子
安井昌二清水谷
小高雄二赤星
宇野重吉建部
永井智雄平川
細川ちか子高輪女史
峰品子品子
天路圭子笠原
雨宮節子キク
三沢孝子ミツ
二木まこと
相馬幸子建部の母
波多野憲顕二郎
下絛正巳犬養
松下達夫木原
西村晃記者
小泉郁之助布地問屋
雪丘恵介商店主
相原巨典営業課
河上信夫刑事
山田禅二番頭
須藤孝運送屋
潮けい子春木屋の女将
原恵子女中A
須田喜久代かな子
堺美紀子バーのマダム
葵真木子ホテルの女中
新井麗子年増
渡のり子モデルA
木城ゆかりモデルB
【解説】
 丹羽文雄の小説『四季の演技』を、長谷部慶治が脚色し中平康が監督した。音楽は黛敏郎が担当。
 清水谷暁はファッションモデルの吟子を妻に持つ作家だ。母親の浦子は幼い暁を捨てて男に走り、暁が作家として有名になると名乗り出てくるような女だった。次期ミス・ユニバースの有力候補と言われている吟子は、愛人の平川が義母である浦子と熱海で会っていることを知り、夫の暁に別居を申し出る。那須高原を旅した暁は、ホテルで働く未亡人の百合子と出会い心惹かれる。暁が百合子と結ばれた翌朝、ミス・ユニバースに落選した吟子がホテルに現れた。自分が暁の妻であることを告白すると、百合子は暁を責め立てるのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】