allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

タイムリミット25時<未>(1946)

DEADLINE AT DAWN

影の足あと(TV)
暁の死線(新ソフト題)

メディア映画
上映時間83分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルミステリー/サスペンス
暁の死線 [DVD]
価格:¥ 3,022
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2012-01-01 20:57:01
ウィリアムアイリッシュ原作によるフィルムノワール。たしかに出だしの雰囲気もいいのだが、やはり小説が原作の場合、どうも話が込み入って、まどろこしくなってしまう。本作も、話がだんだんヘンになっていく。まあそこがまた面白いとも言える。特に終盤に今までの敵同士が同じタクシーに呉越同舟?して人探しに行くところなど、ちょっと喜劇的でさえある。
ノワール映画としての評価はあまり高くないが、面白さは保証できる。
ヘイワース、ポールルーカスがいい。
投稿者:Ikeda投稿日:2008-04-12 15:12:55
休暇でニューヨークの街に出てきた水兵アレックス(ビル・ウィリアムズ)が、ラジオを直しに行ったエドナの部屋で、酒を飲みすぎ記憶がなくなってしまたが、翌朝、大金を持っていることに気が付く。彼はダンスホールで知り合ったジューン(スーザン・ヘイワード)に促されてそのエドナに金を返しに行くと彼女は殺されていた。彼は自分が殺した可能性はあるが、そんな筈はないとジューンと共に真犯人を捜し始めるが・・・・という話です。

戦後、推理小説は好きで盛んに読みましたが、この原作「暁の死線」は私のトップ5に入る作品です。ウイリアム・アイリッシュ(コーネル・ウールリッチ)の作品には素人が犯罪を調査するものが多くありますが、その中でもこの小説は迫力があって、サスペンスとしては断然一位でした。「暁の死線」という題名が少し変で、「暁の期限」という意味だと思いますが、訳者の砧一郎が、そのくらいの事を知らない訳がなく、意味不明ながら直訳した言葉を使ったのだろうと思います。

映画の方は、小説に比べてタイム・リミットの雰囲気が多少薄れていますが、ミステリー的には面白く出来ていますし、ニューヨークのレキシントン辺りに住む人々の人情もうまく取り入れています。その意味では、坊やと言われるウィリアムズがうまく演じていますし、彼を好きになり、激励するスーザンは彼女の最盛期だけに出色の出来です。
本当はこちらが主役かとも思えるタクシー運転手役ポール・ルーカスも良い味をだしていますし、ジョセフ・カレイアもギャングまがいらしい役が適役で全体の効果を上げています。

監督のハロルド・クラーマンと言う人は映画はこれ1本でけで、舞台監督が本業のようですが、構成にもその感じが出ていて、歯切れの良い演出だと思います。ただ、私の見たビデオはカットされているらしい部分があって、気を付けて見ていないと解りにくい所もありました。このジャンルのストーリーは登場人物が多いのが一般的ですが、最初から出てくる小道具や台詞などと共に覚えていないと、理解しにくくなります。映画の場合は小説を読む時と違って、どんどん進行してしまいますので、特に年を取るとそれを余計、感じます。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】暁の死線2016/08/03\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】世界の推理小説傑作映画 DVD-BOX2016/06/03\18,000amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】タイムリミット25時レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION