allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

人生劇場 青春篇(1958)

メディア映画
製作国日本
初公開年月1958/11/23

【解説】
 尾崎士郎による同名小説を、椎名文が脚色し杉江敏男が監督した。「青春篇」は1936年の内田吐夢版、1952年の佐分利信版に続く再映画化。
 明治末期、横須賀村の辰巳家に生まれた瓢吉は、父の瓢太郎に厳しく育てられていた。中学に入った瓢吉が学校で問題を起こしても、父は気骨のある人間になれと励ますだけだった。しかし中学を卒業して家に戻ると、父はすでに老いぼれていた。瓢吉は早稲田大学に入学、校内に学園と関係のない大隈侯夫人の銅像が建てられると知り、教壇にのぼり生徒たちに訴えかけた。そのころ借金にあえいでいた瓢太郎が、自分に仕える吉良常に遺言を託し自殺してしまう。瓢吉が家に戻ると、そこには吉良常と母のおみねだけがいた。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION