allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

人間の壁(1959)

メディア映画
上映時間146分
製作国日本
公開情報劇場公開(新東宝)
初公開年月1959/10/18
ジャンルドラマ
独立プロ名画特選 人間の壁 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,146
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:山本薩夫
製作:伊藤武郎
宮古とく子
原作:石川達三
脚本:八木保太郎
撮影:前田実
美術:久保一雄
音楽:林光
録音:安恵重遠
出演:香川京子志野田ふみ子
宇野重吉沢田先生
宇津井健穴山先生
三ツ矢歌子神倉先生
南原伸二志野田健一郎
高橋とよ須藤先生
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2015-07-07 12:14:36
女先生たちが校長室にお願いに行く場面、というのはあまりに映画的結末として貧弱だ。ハッピーエンドは無理としても、もうすこし娯楽性を入れたほうが良かった。先生の首切り問題も何も解決しないままエンドでは、、、
しかし、面白い。香川京子、宇野重吉、南原伸二たちもいいし、何より子供たちが出る多くの場面が皆すばらしい。「二十四の瞳」と違い、大きな小学校の話なのに、よくこれだけの撮影ができたものだと感心する。子供たちの演技も本当に立派だ! 日教組うんぬんは全部忘れて見たほうがいい。
投稿者:nabeさん投稿日:2015-04-21 10:30:24
日教組のプロパガンダ映画である。
長崎のとある小学校を舞台に、そこに勤務する教師に起こる学校側の退職勧告や、生徒への暴力事件を題材に、生徒ではなくあくまでも教師たちにスポットを当てたシナリオとなっている。
主人公を演じる香川京子が、真面目で実直な女教師を好演。また、彼女が密かに思いをよせるベテラン教師役の宇野重吉が、重厚な演技で印象に残る。そして彼らを取り巻く他の教師たちや、PTA、教育委員会、日教組にそれぞれ個性的な俳優を配し、濃密なドラマ仕立てにしているところは、さすが山本薩夫監督ならではである。特に、夫役の南原伸二や、沢村貞子、北林谷栄らの泥臭いキャラクターが、主人公たちのストイックな世界をより引き立たせているところは見事だ。
結局このストイックな教師たちも、次第に日教組に唯一の救いを求めて転換していく。ここのところは、戦後の教育会に波紋を投げかけた日教組の黎明期を知る上で、非常にわかり易い物語となっているのではないだろうか。
投稿者:irony投稿日:2008-07-17 00:00:14
【ネタバレ注意】

 大変解り易い日教組主導の映画 組合に入っていない教職員が弾圧を受けて個人じゃダメだと目覚める映画でした。

投稿者:投稿日:2006-09-24 00:26:00
日教組が資金協力しているだけあって、かなり左寄り。堂々たるプロパガンダ映画である。しかし、山本監督は、しっかりとエンターテイメントの要素を散りばめ、2時間超という長尺にも十分耐えうるだけの魅力がある。大人の世界=汚れ、子供の世界=純粋という対比的構図は単純で、作風としての全体的なまとまりに欠ける嫌いはあるが、これもご愛嬌。考えてみれば「にっぽん泥棒物語」「台風騒動記」もそうだった気がする。キャストでいえば、東野のかんな削りの演技、そして香川の清楚で誠実な教師ぶりが印象に残る。コメディリリーフとしての北林の演技、南原のJデップ的風貌もインパクト十分。子役たちののびやかな演技も心に残る。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】人間の壁2013/05/25\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】人間の壁2005/01/28\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】人間の壁レンタル有り
 【VIDEO】人間の壁レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION