allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

女経(じょきょう)(1960)

メディア映画
製作国日本
初公開年月1960/01/14
ジャンルドラマ
女経 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 1,982
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:増村保造
第一話「耳を噛みたがる女」
市川崑
第二話「物を高く売りつける女」
吉村公三郎
第三話「恋を忘れていた女」
製作:永田雅一
企画:藤井浩明
第一話「耳を噛みたがる女」
塚口一雄
第二話「物を高く売りつける女」
米田治
第三話「恋を忘れていた女」
原作:村松梢風
第一話&第二話&第三話
脚本:八住利雄
第一話&第二話&第三話
撮影:村井博
第一話「耳を噛みたがる女」
小林節雄
第二話「物を高く売りつける女」
宮川一夫
第三話「恋を忘れていた女」
美術:山口煕
第一話「耳を噛みたがる女」
渡辺竹三郎
第二話「物を高く売りつける女」
柴田篤二
第三話「恋を忘れていた女」
編集:中静達治
第一話&第二話&第三話
音楽:芥川也寸志
第一話&第二話&第三話
出演:若尾文子
第一話「耳を噛みたがる女」
平倉厚美
第一話「耳を噛みたがる女」
村田知栄子
第一話「耳を噛みたがる女」
川口浩
第一話「耳を噛みたがる女」
田宮二郎
第一話「耳を噛みたがる女」
左幸子
第一話「耳を噛みたがる女」
春本富士夫
第一話「耳を噛みたがる女」
小笠原まり子
第一話「耳を噛みたがる女」
三角八郎
第一話「耳を噛みたがる女」
宮川和子
第一話「耳を噛みたがる女」
竹里光子
第一話「耳を噛みたがる女」
半谷光子
第一話「耳を噛みたがる女」
響令子
第一話「耳を噛みたがる女」
小山内淳
第一話「耳を噛みたがる女」
山本富士子土砂爪子
第二話「物を高く売りつける女」
船越英二三原靖
第二話「物を高く売りつける女」
野添ひとみドミノ
第二話「物を高く売りつける女」
菅原謙二大石
第二話「物を高く売りつける女」
潮万太郎百々
第二話「物を高く売りつける女」
大辻伺郎人形
第二話「物を高く売りつける女」
京マチ子
第三話「恋を忘れていた女」
中村鴈治郎
第三話「恋を忘れていた女」
叶順子
第三話「恋を忘れていた女」
星ひかる
第三話「恋を忘れていた女」
村田扶美子
第三話「恋を忘れていた女」
川崎敬三
第三話「恋を忘れていた女」
根上淳
第三話「恋を忘れていた女」
浦辺粂子
第三話「恋を忘れていた女」
滝花久子
第三話「恋を忘れていた女」
市田ひろみ
第三話「恋を忘れていた女」
南左斗子
第三話「恋を忘れていた女」
見明凡太郎
第三話「恋を忘れていた女」
早川雄三
第三話「恋を忘れていた女」
黒川清司
第三話「恋を忘れていた女」
夏木章
第三話「恋を忘れていた女」
三田村元
第三話「恋を忘れていた女」
小野道子
第三話「恋を忘れていた女」
毛利充宏
第三話「恋を忘れていた女」
種井信子
第三話「恋を忘れていた女」
小柳圭子
第三話「恋を忘れていた女」
【解説】
 増村保造、市川崑、吉村公三郎という、大映が誇る三大監督によるオムニバス映画。主演の三大女優による競演も話題に。
 「耳を噛みたがる女」――銀座のキャバレーでホステスをしている紀美は、客から金を巻き上げては株に投資をしていた。紀美を落とせるか友人と賭けをしていた会社社長の跡取り息子の正巳は、彼女をドライブに誘い出すことに成功する。「物を高く売りつける女」――失踪した流行作家の三原は、湘南の海岸で白い肌の女と出会う。数日後、一軒の別荘の前で彼女と再会した三原は、売りに出しているというその家を、彼女ごと買い取ると申し出た。「恋を忘れていた女」――かつて売れっ子芸妓だったお三津は、京都で修学旅行専門の宿と、酒場とお茶屋を経営する働き者だ。亡くなった夫の妹が結婚資金を借りに訪れるが、財産を横取りされると思ったお三津は、彼女を帰してしまう。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
325 8.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2016-03-15 23:55:31
と思わせる。豪華俳優陣、3人の巨匠監督、それぞれの話もすばらしい。
第二話で、どうして山本が船越に接近できたのかなどちょっと不可解ながら、細かいことは無視して構わない。ラストが洒落ている。フランス映画のようだ。
中村雁治郎は、短いながら、国宝級の演技というべきか。
投稿者:hayate9投稿日:2014-06-07 16:41:24
【ネタバレ注意】

特典の予告編はなんかエロい感じに作ってありましたが、作品の感じは全く違います。あれは人を呼ぶ作戦なんですかね?時代なんですかね?

3話からなるオムニバス。
一番気に入ったのは1話目の若尾文子のお話。銭には汚いが、最後には優しい一面がチラリ。
2話目は山本富士子のセリフ回しに“幽霊?牡丹燈篭みたいな話?”と思いながら観ていくと、途中でガラリとキャラが変わった途端に話も俄然面白くなり、ラストはフフッと・・・。
3話目はお目当ての京マチ子が主演。京都の町を走って行く姿を店の中から窓越しに映しているシーンがキレイ。
心の変化の流れも見事で、ラストもよかった。

エンドクレジットも楽しいイラストで最後まで楽しめる作品でした!満足!

投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2011-06-26 13:20:13
 オムニバス三作。これが三作ともなかなかの出来。中でも、実を云うと市川編が一番気に入った。
 一作目は増村編。水上生活者の娘、若尾文子がホステスをしながら男達を手玉にとり、巻き上げた金を日興証券で株式投資する、という話(なんちゅう要約の仕方や)。このような題材なので増村+若尾らしいテンポがはじけて面白い。相手役の川口浩と待ち合わせて乗るオープンカーのカットなんて現代的なセンスで格好いいと思う。またホステスの友人役・左幸子がこゝでも見事な貫禄を示す。
 続いて二作目は市川編。失踪した作家・船越英二が浜辺の屋敷を買い取る話。最初の新聞記事の表現の仕方がヘンテコなのでまた酷い出来かと思ったのだが、(或るいは屋敷の女主人・山本富士子のキャラ造型が普通じゃないのも)、しかしこれがなかなかいい。筋立ても面白いが、それ以上に二人のラブシーンが日本映画らしくない、まるで仏映画っぽい空気なところがいい。不動産屋の社長でワンシーンだけ登場する菅原謙二の造型もいい雰囲気。
 三作目の吉村編は、家業のため人生を犠牲にした京都の旅館の女将・京マチ子の変貌(人間性回復)のお話。京都の街並み、屋根瓦の俯瞰から始まり、朝の三条大橋に立つ京マチ子のカットで終わる。あゝこれぞ宮川!素晴らしい。三作目が一番配役も豪華だがカメラもゴージャスだ。
 ラストのラストに柳原良平のエロティックなカット絵にクレジットが出る。ちなみに巻頭は製作 永田雅一 とタイトルだけが出る。

#以下は備忘で配役など記す。(少しネタバレかも)
 増村編は空撮カットから。水上生活者のはしけ、だるま船。若尾の母親役・村田知栄子が洗濯物を干す。最初のホテルのシーンで大阪から出張してきている男は春本富士夫か。川口浩とつるんでいる友人に田宮二郎。バーの同級生の客は三角八郎。川口と一夜を共にするホテルの壁にモジリアーニの裸婦がかかっている。
 市川編。山本富士子の名前は爪子つめこ。屋敷に出入りしている不動産屋の従業員は大辻伺郎。不動産屋には潮万太郎もいる。ラスト近く山本富士子の部屋に来る女は野添ひとみ。これも可愛い。山本の台詞「私みたいにずば抜けた美人じゃないと成り立たないんだよ」っていうのもケッサク。
 吉村編は京マチ子の義理の妹?叶順子と婚約者・川崎敬三のホテルのシーンから始まる。京マチ子は修学旅行向け旅館とバーを経営しており、旅館の番頭は星ひかるだろう。バーの女給で市田ひろみが台詞も多い目立つ役。怪我をした名古屋の中学生の看病をする女教師に小野道子。滝花久子と浦辺粂子もワンシーンだけ顔を出す。中村鴈治郎が隠居した義父で「一緒に寝よ」と誘うのがイヤらしくていい。かつて訳ありで別れた男で根上淳。キスシーンがある。このシーンから京マチ子が変わる。往診に来る医者に見明凡太郎。
投稿者:Longisland投稿日:2006-08-26 02:28:56
最近若尾文子&増村保造コンビにはまり旧作レンタルしまくっている今日この頃も本作品は中々触手が伸びなかった。今までの経験からオムニバス作品に良作が少ない印象強かったのが理由。レンタルできる「あやタン(若尾文子)」作品も底を尽きあまり期待せず鑑賞も、本作品は傑作じゃん。

 お目当てのあやタン&増村監督作品は、男を手玉に取るあやタンの魅力全開、増村監督の特徴でもある覗き観るような画面構図が見事。やっぱりあやタンは男を手玉に取るビッチな役が似合うね〜、相手役川口浩いつもの好青年、良いとこのボンボンも勤労青年も、普通のサラリーマンを演じても同じ印象ってのが笑える。

続いての大美人山本富士子&市川崑監督作品は秀逸。思わせぶりな冒頭から謎の美人に翻弄される不条理劇、そして最後は軽いコメディー。
おいおい、たかだか30分でこれだけの雰囲気を盛り込めるとは驚き。当代切手の美人山本富士子に(女詐欺師?)に「私ぐらいの美人じゃないと勤まらない」云々と言わしちゃう。流石前年に巨匠小津安二郎監督パロディー作品をサラッと撮っちゃう遊び心溢れる市川監督らしい。

ラストは妖艶京マチコ&吉村公三郎監督&撮影宮川一夫。前半嫌な女を演じる京マチコが実に憎たらしいも、後半可愛く思えてしまう構成は立派。最後に気持ちよくさせてくれるところは流石ベテラン監督。ちょびっとしか出演しない中村鴈治郎のスケベ老人が実にいい。

思うに、1960年代の日本映画の面白さと女優陣の素晴らしさを堪能・痛感できる傑作。

【エピソード】
1耳を噛みたがる女 
 
2物を高く売りつける女 
 
3恋を忘れていた女 
 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】女経2015/10/30\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】女経2008/11/21\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】女経レンタル有り
 【VIDEO】女経レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION