allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

第四の核<未>(1986)

THE FOURTH PROTOCOL

メディア映画
上映時間116分
製作国イギリス
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルサスペンス
第四の核 [DVD]
参考価格:¥ 2,052
価格:¥ 15,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 F・フォーサイス自ら脚本を手がけた傑作スパイ・サスペンス。ソ連の将軍の一人が、NATOの米軍基地で原爆を爆発させ、NATOと米国の分断をはかる計画を実行。工作員のペトロフスキーが西側に潜入して原爆を着実に組みたてる。事態に気付いた英国諜報員のプレストンは、ペトロフスキーを追う。が、彼を捕まえようとした瞬間、特殊部隊がペトロフスキーを射殺して事件は闇に葬られる。P・ブロスナンの不気味なソ連工作員が印象的。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
326 8.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2015-10-12 22:17:59
ロシアと英国の攻防を描くスパイもの、小細工なしで渋い仕上がり。後のボンドがロシアスパイ。さすがフォーサイス。
投稿者:投稿日:2005-01-28 00:25:45
「プリズナーNo.6」がビレッジに来る前の姿を見たような気になってしまいました。

良くできた映画です。

ただしウラニウムの棒を素手でさわるとかなりの被曝をすると思います。
投稿者:ロスマク投稿日:2003-02-22 21:23:48
<1987年のモスクワの冬。KGB議長コボルシンは独断でNATO壊滅計画を実行に移そうとしていた。計画に選ばれたのは非合法活動局のスターで、英国専門工作員のベトロフスキー少佐(ピアーズ・ブロスナン)。同じ頃、英国MI−5のベテラン捜査員プレストン(マイケル・ケイン)は上司である長官代理と反りが合わず、湾港警備担当に飛ばされる。しかし、東側から持ち込まれそうになった不審な物質を発見した事からKGBの恐るべき計画を察知するのだった・・・>という話。

「ハリー・パーマー」シリーズで知られるマイケル・ケインと、「5代目ジェームズ・ボンド」ことピアーズ・ブロスナンが対決する。女に飢えたブロスナンのエロい目つきが笑える。事件と平行して組織内の権力闘争を描いているところが本格派スパイ映画らしくて良いぞ。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】第四の核2017/08/02\1,900amazon.co.jpへ
 【DVD】第四の核2015/08/05\1,900amazon.co.jpへ
 【DVD】第四の核2013/10/09\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】第四の核レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION