allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

大陸横断超特急(1976)

SILVER STREAK

メディア映画
上映時間114分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月1977/04/29
ジャンルコメディ/ミステリー
《ロス=シカゴ》愛と冒険を乗せて 衝撃のノン・ストップサスペンスが始まった!
完全犯罪をのせ狂気の極地へ突っ走る 超特急「シルバー・ストリーク」号 〈シカゴ駅〉構内に突入する殺人パニック暴走列車!
大陸横断超特急 [DVD]
参考価格:¥ 1,533
価格:¥ 975
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:アーサー・ヒラー
製作:トーマス・L・ミラー
エドワード・K・ミルキス
製作総指揮:フランク・ヤブランス
マーティン・ランソホフ
脚本:コリン・ヒギンズ
撮影:デヴィッド・M・ウォルシュ
メイクアップ:ウィリアム・タトル
プロダクションデ
ザイン:
アルフレッド・スウィーニー
編集:デヴィッド・ブレサートン
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:ジーン・ワイルダージョージ・コールドウェル
ジル・クレイバーグヒリー・バーンズ
リチャード・プライアーグローバー・マルドゥーン
パトリック・マクグーハンロジャー・デブロー
ネッド・ビーティボブ・スイート
リチャード・キールリース
レイ・ウォルストンエドガー・ワイニー
クリフトン・ジェームズオリヴァー・チョンシー保安官
ヴァレリー・カーティンプレイン・ジェーン
スキャットマン・クローザースラルストン
ステファン・ギーラシュシュレイナー教授
ルシル・ベンソンリタ・バブツリー
フレッド・ウィラードジェリー・ジャーヴィス
レン・バーマンドナルドソン警部
【解説】
 ロスからシカゴに向かう大陸横断超特急シルバーストリーク号を舞台に、殺人事件に遭遇した事から、組織の大掛かりな陰謀に巻き込まれた主人公の冒険を描いた痛快娯楽作。主人公の出版業者に扮し軽妙な芝居を見せるG・ワイルダーを始め、主人公と恋に落ちるJ・クレイバーグ、彼女のボスで事件の黒幕P・マクグーハン、その手下R・ウォルストン、R・キール、しがないセールスマンしかしその実体は……というN・ビーティなど役者陣がそれぞれイイ味だしている。また、列車から突き落とされたワイルダーが出会うR・プライアーやC・ジェームズなどもキャラクターの魅力フル回転で笑える事受け合い。この後にも「ファール・プレイ」でいい所を見せるC・ヒギンズがヒッチコック・タッチの達者な脚本を手掛け、A・ヒラーの職人気質が効を奏した逸品。コメディ、ミステリー、ロマンス、サスペンスなどエンタテインメントの要素をこれでもかと注ぎ込み、クライマックスには驚天動地の大スペクタクルも待っている超お買い得作!
<allcinema>
評価
【吹き替え】

TV(演出:田島莊三 翻訳:大野隆一 調整:遠西勝三 効果:スリー・サウンド 製作:コスモプロモーション)
※このデータは放送当時の情報です。
広川太一郎ジーン・ワイルダージョージ・コールドウェル
小原乃梨子ジル・クレイバーグヒリー・バーンズ
坂口芳貞リチャード・プライアーグローバー・マルドゥーン
神山卓三ネッド・ビーティボブ・スイート
滝口順平クリフトン・ジェームズオリヴァー・チョンシー保安官
土屋嘉男パトリック・マクグーハンロジャー・デブロー
穂積隆信レイ・ウォルストンエドガー・ワイニー
あずさ欣平ステファン・ギーラシュシュレイナー教授
高橋和枝ルシル・ベンソンリタ・バブツリー
筈見純レン・バーマンドナルドソン警部
たてかべ和也スキャットマン・クローザースラルストン
上田敏也
片岡富枝
峰恵研
野島昭生
石森達幸
大久保正信
佐藤由美子[声]
亀井三郎
収録【DVD】大陸横断超特急
【関連作品】
ファール・プレイ(1978)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
438 9.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ASH投稿日:2015-01-22 22:20:35
【ネタバレ注意】

 何度も列車から放り出されるジーン・ワイルダーにジ〜ン!! 顔に靴墨塗ったくって黒人に成りすますベタなギャグ。でも、ジーンがやるとジ〜ン!! シカゴ駅に突っ込むラスト、「フライングハイ」はアレをパロったんだなー。

 「弾丸特急」と「大陸横断」、どちらにも出てるオッサン、ダぁ〜れだ?

投稿者:sachi823投稿日:2013-03-16 18:24:07
お金をかけて何分かに1度見せ場をつくり、
家族みんなで楽しめる娯楽作品になっております。
こういう映画を見ると改めてアメリカ大陸の広大さを
感じることができ、そこがまたこの作品の魅力です。
本来の冒険映画の定石の逆をいき、何度も列車から
落とされる主人公のヒーローぶりが面白いです。
クライマックスはシカゴ駅への突入シーンまで用意し、
サービス精神一杯の作品になっています。
投稿者:gapper投稿日:2013-01-19 19:06:47
 総収益約5,100万ドル(米)。

 評判がすこぶる良いけれど字幕版で見たこともありそこまで評価しがたい。
 元々私は「弾丸特急ジェット・バス(1976)」派だ。

 この作品は、犯罪もののミステリー仕立てのコメディで高級志向。
 「弾丸特急ジェット・バス(1976)」は、お馬鹿でもっとベタだ。

 列車もののミステリー風作品といえばヒッチコックの「バルカン超特急 (1938)」などがあり、映画ファンなら密室に近い列車内で乗客が消えるというのが頭をよぎる。
 この作品も乗っていた乗客が消えるのだが、それは主人公で列車から落ちるのだ。
 まさにそこがコメディで、列車を離脱するのは1度ではない。
 面白いのだが、爆笑ポイントにはならない。
 いいけどニヤニヤ続きですっきりとはしなかった。

 一番面白かったのは、コールドウェル(ジーン・ワイルダー)がヒリー(ジル・クレイバーグ)に最初にあってスリップ姿に狼狽える所だった。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:uptail投稿日:2011-02-19 10:18:47
ジル・クレイバーグ
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-11-03 03:12:50
面白かったけど、主演の二人の持ち味を考えるとコメディの要素とアクションの要素が上手く絡まって無いし、プライアーをなぜ「ヒッピー」の乗客の中に含めて無かったのかという疑問も残った。それとワイルダー達が何度も列車から突き落とされる事で、列車内のミステリーとロードムービーとアクションのテイストを無理やり融合させたような構成が変で、複数の脚本家がきちんとコミュニケーションを取らずにシナリオを書いたのかなと思った。あと細かい事だけどプライアーのスタントマンがサングラスを掛けたままだったのでカット毎に掛けたり外してたり、彼が拳銃を持つ手が右手になったり左手になったりと、記録係はちゃんと仕事しようね。星三つ半。
投稿者:Yes We Can投稿日:2009-05-02 11:04:50
登場キャラクターは個性的でテンポ良く進み、すごく面白い。
皆様も述べている通り、広川太一郎の吹替えが絶妙で、吹替え版の方が楽しめそうな珍しい一本だと私も思いますね。おおむね昭和時代に放送された映画は吹替えもそんなに悪くありませんでしたが、この吹替えはマジで傑作。
テレビでしか見たことがないので、吹替え&カット有りのしか見てないのだけどね…。

食堂車のシーンで乗客の飲むジュースでビン入りのTABが一瞬写ります。TABのロゴもあのフォントで。日本でも透明なタブクリアが発売されすぐに消えましたが、それの先祖のまだ色着きのヤツ、しかもビン入りときた。なんか、飲みたくなります。
投稿者:chessmen投稿日:2008-10-12 03:12:06
皆さんのおっしゃるとおり。何も言うことはありません。
投稿者:tamut777投稿日:2007-12-30 10:12:41
日本語吹き替え付、しかもTV放映時の広川太一郎さん始めとするメンバーじゃなきゃダメです。特に保安官事務所でのやり取りは大傑作!
投稿者:pundit投稿日:2007-03-02 10:16:14
私もシネマAと同様に吹替付きDVDを熱望します。
あと音楽のヘンリー・マンシーニの功績も大きいと思います。
投稿者:シネマA投稿日:2006-12-29 18:06:18
 なんでDVDが発売されないんだろう、と以前から不思議におもっている娯楽映画が何本もありますが、これもそのひとつ。アーサー・ヒラー監督のフィルモグラフィーでも最上位の出来ですよ。少なくとも私は『ある愛の詩』(1970)や『ラ・マンチャの男 』(1972)よりも心から愉しめた。ヒッチコック監督の衣鉢を継いだ巻き込まれ型のサスペンス映画。肩の凝らない珠玉の痛快作といえるでしょう。

 かつてはテレビでゴールデンタイムにしばしば放映されたので、憶えておられるかたも多いはず。そのときの日本語吹替え版が傑作。もう抱腹絶倒です。みなさんがご指摘のように、ジーン・ワイルダーの声を広川太一郎がアテて軽妙に飛ばしまくっている珍品。コミカルな台詞のおかしさは字幕スーパーでは消化不良になってしまうことが往々にしてあるもの。吹替を一概に軽視すべからず。録音は現存しているらしいので、DVD化の際には忘れずに収録していただきたいものです。

 ジル・クレイバーグ(1944〜 )は1970年代後半がキャリアのピークだったんだなあ。知的でおっとりした大人の女性の魅力を感じさせる女優。典型的な美人とはいえないかもしれないけれど、好きな女優さんでした。

 ぜひ、もういちど観たい。
投稿者:マジャール投稿日:2006-12-29 00:46:16
パロディものって、あんまり感心しないようなのが多いけど(『新サイコ』『ヤング・フランケンシュタイン』等)、これは、パロディの枠を超えた大傑作!A・ヒラー監督、大手柄。ジーン・ワイルダーの出た映画の中でも一番面白かった映画でしょう。観終わった後は、興奮と、心地よい疲れでグッタリします。
一見紳士ヅラの化けの皮、ミエミエの悪役が妙に可笑しい。
投稿者:NIMBUS投稿日:2006-10-17 10:51:00
ロードショー公開時、映画館行きました。
これは、いろんな要素がちゃんとバランスよくまとめられている傑作ではないでしょうか?。
主演はやっぱりジーン・ワイルダーじゃないと面白くないですね。
ラストのシカゴ駅に突入する列車は、どこかにそっくりの駅構内を作って、実際に列車を突入させたとか。やっぱり本物の迫力はCGには負けませんね。
全編通してカメラワークも実にいい!
投稿者:パーカー投稿日:2005-10-26 12:19:24
何度観ても面白い映画。
投稿者:さすらい2投稿日:2005-09-18 10:46:26
ジーン・ワイルダー最後のGood Job作品。主人公が列車から落ちて追いつくまでのシーンは別にして、冒頭からラストまで列車内ドラマ、それでいて全然飽きさせないという点が素晴らしい。最後の激突シーンは金かかってる。
投稿者:ファルド投稿日:2005-02-05 22:06:16
字幕で観たらあまり笑えなかったが、広川太一郎の吹き替えで観たら面白そうだね。J・クレイバーグが結構良かったし、ラストの駅構内に突っ込むシーンはなかなか迫力があった。
投稿者:rem投稿日:2005-01-22 19:10:46
私は大陸横断超特急のDVD化を待望しているレムと言います。
色々なサイトで探しましたが、ついに
見つけました。(情報提供)










去年の12月14日に  ”アメリカで ”DVD版の ”大陸横断超特急”が出ました。値段はビックリ(私はビックリしました)・・・。ホームページを参照してください。

http://www.fantasium.com/detail.asp?ID=COM27904


ただし、USA版なので日本のDVDでは(一部を除き)再生できません。
リージョンフリーのDVDプレイヤーをお持ちの方は見れますよ。
  日本の企業の皆さん!早くJPN版のしかも吹き替えは広川太一郎さんで売り出してください。
懇願します。
ちなみにパイオニアのレーザーディスクには吹き替え広川太一郎さんの大陸横断超特急があったようです。ヤフーオークションで一万円(残り3日)の値段がついていました。
投稿者:舞舞投稿日:2004-02-10 03:57:24
テレビで観ました。とにかく面白いかった早くDVDにして欲しい黒人との丁々発止よかったなぁ勿論広川太一郎の吹き替えで
投稿者:エース若田部投稿日:2002-12-22 12:51:20
くだらないがおもしろい。広川太一郎の吹き替えは最高だった。DVDは吹き替えで出してほしい。
投稿者:bathory投稿日:2002-05-25 19:23:44
列車を舞台にしたサスペンス・コメディの傑作。ヘンリー・マンシーニのスコアも秀逸!
投稿者:ドトウ投稿日:2001-06-18 14:02:56
よろし
投稿者:dadada投稿日:2001-05-06 07:37:11
鉄道、自動車、飛行機と乗り物をふんだんに使ってテンポ良く観せる映画。愉快で楽しい映画という意味では、少年時代の私のスタンダード。
投稿者:投稿日:2000-12-20 13:01:20
基本的には、アメリカ映画は吹き替えではなく字幕で見るほうが好きなんですが、この映画だけは広川太一郎氏の吹き替え(ジーン・ワイルダー)のテレビ版で見ることを強くお勧めします。

アメリカのテレビで観たら、「3度目だもの〜」は本来台詞のないシーンにアドリブで入れていた事を発見して感動しました。Mr.Boo!に続き、是非広川氏の吹き替えでDVDを!「ヤング・フランケンシュタイン」も吹き替えで見たいぞ!!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 音響賞Donald Mitchell 
  Donald Williams 
  Richard Tyler 
  Hal Etherington 
【レンタル】
 【DVD】大陸横断超特急レンタル有り
 【VIDEO】大陸横断超特急レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION