allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

悪い奴ほどよく眠る(1960)

メディア映画
上映時間150分
製作国日本
初公開年月1960/09/15
ジャンルサスペンス/ドラマ

【クレジット】
監督:黒澤明
製作:黒澤明
田中友幸
脚本:小国英雄
久板栄二郎
黒澤明
菊島隆三
橋本忍
撮影:逢沢譲
美術:村木与四郎
音楽:佐藤勝
特殊技術:東宝技術部
出演:三船敏郎西幸一
森雅之岩淵(公団副総裁)
香川京子娘 佳子(西の妻)
三橋達也息子 辰夫
志村喬守山(公団管理部長)
西村晃白山(公団契約課長)
加藤武板倉(西の友人)
藤原釜足和田(課長補佐)
笠智衆野中
宮口精二岡倉
三井弘次新聞記者1
三津田健有村
中村伸郎建設会社顧問弁護士
藤田進刑事
南原宏治堀内
清水元三浦(大竜建設経理係)
田島義文新聞記者2
松本染升波多野(大竜建設社長)
土屋嘉男事務官
山茶花究金子(大竜建設専務)
菅井きん和田の妻 友子
賀原夏子古谷の妻
樋口年子和田の娘 正子
佐田豊接待係
沢村いき雄運転手
田中邦衛殺し屋
峯丘ひろみ岩淵家の女中
田代信子
一の宮あつ子
近藤準
横森久
桜井巨郎
清水良二
生方壮児
土屋詩朗
小沢経子
土野明美
【解説】
 汚職事件に絡み自殺した男の息子による父親を死に追いやった政官財の有力者たちへの復讐劇を通して、日本社会に根深くはびこる腐敗の構造の中でのうのうと甘い汁を吸い続ける巨悪に挑んだ社会派サスペンス・ドラマの力作。 日本未利用土地開発公団の副総裁、岩淵の娘佳子と、秘書の西幸一の披露宴が執り行なわれようとしていた。しかし、この西という男、実は5年前、新庁舎の建設に絡む不正入札疑惑で自ら命を絶ち事件の幕引きを図った課長補佐・古谷の一人息子だった……。
<allcinema>
【関連作品】
悪い奴ほどよく眠る(1960)オリジナル
悪い奴ほどよく眠る(2010)リメイク
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]A七人の侍 (1954)
[002]A用心棒 (1961)
[003]Aどん底 (1957)
[004]A羅生門 (1950)
[005]A天国と地獄 (1963)
[006]A生きる (1952)
[007]A白痴 (1951)
[008]A麥秋 (1951)
[009]A晩春 (1949)
[010]A隠し砦の三悪人 (1958)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17145 8.53
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2015-07-21 15:54:53
【ネタバレ注意】

黒澤プロとしての初めての作品が、当時社会問題となっていた汚職とその背後にある巨悪だというのは、エンタテインメントだけでなく、常にジャーナリスティックな視点を失わなかった黒澤らしい。
冒頭、結婚式のシーンで贈収賄をめぐる背景と登場人物を説明しようとするのは確かにドラマティック。一瞬でも目を離すとわけがわからんようになりそうだが。主人公の西幸一(三船敏郎)は、親友と戸籍を交換してまで父親の復讐を果たそうとする男。黒縁眼鏡をかけ、目立たない存在に徹しつつ、仇の岩淵(森雅之)の娘佳子(香川京子)と結婚までする。。。

「悪い奴ら」に分類される側の人物造形がいい。老け役に挑んだ森雅之は家庭では良き家庭人を演じ、管理部長の守山役の志村喬も悪人の相貌ではない。だが、追い込まれた挙句発狂する白井契約課長の西村晃はメイクの効あって、頬がこけて尋常ではない目が印象的だ。自殺しようとした契約課長補佐の藤原釜足もいかにも気の弱い男を演じる。
いったん自由の身になりながら、背任と横領容疑で逮捕される大竜建設重役の三浦元が自殺直前に見せる表情も忘れがたい。
三船敏郎は最後まで表情を見せない。父親の葬儀の写真に写った表情が、最も際立った表情とさえいえそうだ。
そして、やや距離を置く「普通」の奴ら。この作品では岩淵に批判的な息子の三橋達也と、西の親友板倉を演じた加藤武、そして西の妻の香川京子がそれにあたるか。加藤はともかく、岩淵の子どもたちは平均的な「善人」である。彼らの存在が三船敏郎を完全なヒーローにはせず、悩める復讐者としての姿を浮き彫りにする。
巷間よくいわれるように台詞が説明的に過ぎる点は、こうした複雑な贈収賄の相関関係を理解させるためにある程度必要か。加藤が説明する西の最期も、無惨なシーンを敢えて描かなかった分、観る者に想像の余地を与え、ショックを受ける佳子と同じ立場に立たせる効果がある。

子どもたちを犠牲にしてもなお、電話の向こう側の「巨悪」に最敬礼をする岩淵の姿にはニヒリスティックな黒澤の視線が感じられる。
「ありゃあ人じゃない、役人だぜ」と軽蔑される官僚機構の横暴は、実は戦前から変わらない国と財閥の関係を暗に示しているように思える。
三船らが拠点としているのが軍需工場跡の廃墟というのも(戦後15年経ってもあんな場所があったのか)象徴的だ。
アンハッピーな終幕なのでカタルシスはないが、実に日本的な戦後作品のひとつとして挙げられる。

投稿者:sachi823投稿日:2014-07-19 21:45:45
黒澤監督による社会派の力作。
なかなかスピーディーな展開で
とくに前半は面白いです。
原作が優れているためでしょう。
今世間を騒がせている事件をおもえば
日本はこの当時から何も変わっていない
ということを感じます。
投稿者:bond投稿日:2013-01-05 08:46:25
【ネタバレ注意】

途中まで謎の展開だが、中盤以降明確になり、ややハードボイルドぎみの復讐劇になる。お嬢さん育ちの女に気を許したは迂闊。皮肉を込めた辛口の終わり方。現在も似たような汚職事件はある。

投稿者:まりっくりん投稿日:2012-09-02 10:28:49
延々と誰かが喋って状況説明してますね。
最初の結婚式のときは記者が。次からはミフネが。最後は加東さんが。
特に地下壕監禁後はずーっとしゃべりっぱなし。「なつかしいなあ」「15年前どーたらこーたら」・・・これじゃ映画じゃなくて舞台劇の録画で、どんどん悪い時の黒澤になって行き、ミフネ謀殺の場面もセリフ説明。最後は「これでいいのか!」という絶叫・・・。えー加減にしてください。
「乱」の「神も仏もないのかー」を思い出した。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-22 10:20:17
藤原釜足
投稿者:william投稿日:2009-03-05 12:17:54
悪しき心を持った輩は、何時の時代にも存在して、そして悪が永久不滅である事は、上映されてから50年近く経った今見ても、この作品が廃れていない事からも良く分かるであろう。
この作品を起点として、リベラルな映画が日本でも一般的になった様な気がする。
タイトルが素晴らしい。「まさにそのとおり」と言わしめんばかりに。
投稿者:Ikeda投稿日:2008-10-23 12:10:45
最初の結婚式から始まる進行は面白い映画だと思って見ていましたが、後半、仕掛け人が解ってくるあたりから、だらけて来て退屈しました。やはり長尺であることが、その理由だと思いますが、最後など加藤武に説明させないで、カットバックなどを使って明快な展開にして欲しかった所です。
それよりも、この映画が好きになれないのは、結末があまりに、なげやりな事です。官僚と企業のなれ合いは今でもありますが、殺し屋を差し向けるなど悪辣な手段まで描いておきながら、どうしようもないという結論は、ペシミズムとか虚無的という話ではなく、巨悪は諦めるしかないのだと説いているようにも思えます。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2008-10-05 02:19:56
【ネタバレ注意】

この映画を結婚式のシーンから始めるっていうのが既に凄いと思う。
練られた脚本と良い、黒沢の演出やカメラワークも素晴らしい。

惜しいと思うのが2つ。
1つ目は、妻の兄である辰夫のキャラクターがとても面白いのに
物語の中で活かしきれていないところ。
2つ目は、西の死について説明しすぎなところ。

それ以外は素晴らしい。

投稿者:山田友紀投稿日:2008-08-12 22:08:03
社会派だが、コメディタッチのところもあり、
音楽の使い方も面白い。
テンポもよく、脚本がよく練られていると思う。
投稿者:マジャール投稿日:2008-04-02 22:21:54
豪快な時代劇アクションもいいけど、黒澤の現代サスペンス、大好きです。
前半と後半とでは、前半部分が圧倒的に面白い!!

黒縁眼鏡で口笛を吹く三船敏郎が素敵すぎ!
背広姿のカッコイイ三船をもっと見たい!
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2007-04-06 07:31:21
題名は鋭く本質を突いてると思う。ロッキード事件の時にマスコミによって「三悪」とされた田中角栄、小佐野賢治、児玉誉士夫には日本の為に良かれと思って関わった出来事もあったというが、名前すら一般には殆ど知られていない役人集団や今の経団連の人間達にそんな義侠心などあるまい。
投稿者:志賀哲也投稿日:2007-01-25 16:09:43
30億円も高い金額で入札した企業を採用することから
談合へ変わっただけでもまだ時代はましになったとも言えるんじゃないだろうか。
明らかな悪がいるからこそ正義も発揮しやすいわけで。
悪が弱くなっているから、警察の捜査もいい加減になってきたのではないか。
警察の汚職や職務怠慢を無くすためにはむしろ大きな悪が必要なのではないか、という印象を持った。
作品としては、黒澤作品らしく、練られたプロット、人間心理に迫った演出と、いつもの骨太なドラマを作っていたと感じた。
投稿者:inamura投稿日:2005-10-03 15:50:49
本当に黒澤監督はどのジャンルでも素晴らしい映画を作りますね。そしてモノクロの映像美の本当に巧みに使っていると思います。ただこんな素晴らしい作品で世間に訴えても役人の社会だけは、先日の道路公団の事件の様に、いつになっても変わらないようですね。
投稿者:魚篭投稿日:2005-09-11 03:22:54
【ネタバレ注意】

評論家の佐藤忠男氏が曰く、黒澤は日本映画界、そしてテレビ界の新しい
ジャンルを数々と築いてきた、と。この映画はまさにその1本で、これ以後
政治が引き金となった映画がゴマンと作られてゆく。しかし、この映画を
越えるほどの慧眼を感じさせる映画が1本も作られていない。そして、今
まさに、道路公団の汚職!(しかも副総裁!)映画上映から45年も経つの
に、なにひとつ変わっていない。加藤武が最後に絶叫することむなしく、
日本は騙され続けてきたのだ。ほんとうに、これでいいのか。ただただ
黒澤、そして共同執筆した脚本家の慧眼に脱帽する。

黒澤は、常に新しいジャンルとともに、新しい人間までこしらえてしまう。
映画の主人公の相棒役である加藤武も新しい創造のひとつだ。こんなに胸
のすくような男に会ってみたくなる。黒澤の創る人物象は「類型的で退屈」
という批評を耳にする。一面そのように映るかも知れない。黒澤の言い分
としては「理想像」を追求しているにすぎない。中途ハンパな人間は表に
でてこないのが黒澤映画だ。「あんなヤツ、実際にいるわけない」と言い
出すと映画にはならないのだ。

この映画をアメリカで、アメリカの観客と共に見たとき、何度溜息を聞い
たことか。それは、少し緊張感がとれた後半部に聞こえてくるものではな
い。黒澤映画のテクが矢継ぎ早にでてくるシーンに溜息を漏らすのだ。カ
メラのアングルにせよ、ライティングにせよ、構図の広がりや詰まった空
間にせよ、フィルムに絵画作品を描こうとした黒澤の息遣いが、アメリカ
の観客に伝わっているようだ。とくに、旧日本軍の軍需工場跡などは、時
代のレアリティをそのままうまく使っている。溜息が出る。そして画面か
ら蒸気機関車の警笛が遠く、細く重なる。観客はゆっくりと体を座席の背
にまかせるのだ。映画のリズムが自分に同化してゆくのを感じる。

これはぜひとも大画面とすぐれた音響で見てもらいたい作品だ。



投稿者:篭瀬山投稿日:2003-10-20 00:01:35
7点。「悪い奴らはぶちのめせ」という映画ではないわけだ。この映画で描かれる程度のことは実際に起きていたのだろうし、今も起きているのかもしれない。でも黒澤自身にも「敵」が見えていない感じで、闇夜に向って刀を振り回している感がある。だが、その闇の向こうに敵がいる、と描くことに意義があったのかも。採点は、映画の出来不出来というより、好き嫌いでつけた。この頃までの三船にあった天性の陽気さが、なんともいい味なんです。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2002-09-08 19:57:53
う〜ん、どうも脚本に緻密さがないというか、事後のおっかけ物語りになってるので、緊張感がない。もちろん、男気と執念は見ていて力強いし、志村喬を監禁して白状させる下りは、独特の喜劇調でクロサワだと思える部分もある。
でも、やはり物足りない。すっきりしない終わり方は、答えの無い物語なのは当然だとしても、時間制限やなにかの緊張感をもたせる脚本は必要だった。
「黒い潮」を思い出すが、それにしても政治汚職は、いつもかわらんなぁ〜
投稿者:citang投稿日:2002-04-13 06:21:43
超えている日本映画っていまだあんのかね?
【レンタル】
 【DVD】悪い奴ほどよく眠るレンタル有り
 【VIDEO】悪い奴ほどよく眠るレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION