allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

秋日和(1960)

メディア映画
上映時間128分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1960/11/13
ジャンルドラマ
「Color 4 OZU~永遠なる小津カラー」小津安二郎監督カラー4作品 Blu-ray BOX 【初回限定生産】
USED価格:¥ 16,000
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:小津安二郎
製作:山内静夫
原作:里見とん
脚本:野田高梧
小津安二郎
撮影:厚田雄春
美術:浜田辰雄
衣裳:杉山利和
編集:浜村義康
音楽:斎藤高順
出演:原節子三輪秋子
司葉子娘アヤ子
岡田茉莉子佐々木百合子
佐田啓二後藤庄太郎
佐分利信間宮宗一
沢村貞子妻文子
桑野みゆき娘路子
島津雅彦息子忠雄
笠智衆三輪周吉
北竜二平山精一郎
三上真一郎息子幸一
中村伸郎田口秀三
三宅邦子妻のぶ子
田代百合子娘洋子
設楽幸嗣息子和男
渡辺文雄杉山常男
千之赫子高松重子
高橋とよ「若松」の女将
桜むつ子佐々木ひさ
竹田法一夫芳太郎
十朱久雄桑田種吉
南美江妻栄
須賀不二男旧部下の社員
岩下志麻受付係
菅原通済すし屋の客
【解説】
 里見とんの同名小説を、小津安二郎が野田高梧と共同でシナリオ化した。晩年の小津作品の中でも傑作といわれる。「晩春」で娘役を演じた原節子が、本作では母親役で出演している点に注目。
 共通の友人だった三輪の七回忌で、間宮、田口、平山の三人は、未亡人である秋子とその娘アヤ子と再会。婚期を迎えたアヤ子に結婚相手をと、三人はお節介を焼こうとするが、当の本人はまだ結婚の意思がないと言う。アヤ子が結婚しないのは、秋子に対する遠慮があるのではないかと考えた三人は、秋子の再婚話を進めようとする。再婚相手の候補には平山を立て、アヤ子を呼んで説得した。アヤ子は母が平山と再婚するものと思い込み、友人の百合子に相談。百合子はあまりの独断ぶりに憤慨し、三人に猛烈に抗議する。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
861 7.62
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2016-03-28 09:07:30
あのオヤジ三人組の言動は古い。司葉子の美しさが一番の見所で、後半は岡田茉莉子が儲け役。
投稿者:4531731投稿日:2015-11-15 10:39:42
近い人ほど遠く、遠い人ほど近い。これが小津が終生追求した研究テーマである。当時にも結婚に前向きでない人々がいたが、小津はそういう人々の内面に肉薄している。しかして、それらの分析は当時の日本社会や市民の日常生活に対する批判となっている。ヒロインあやは国家から与えられた「幸せな家族」というファンタジーを必死で演じようとしている。その「完全なファンタジー」を汚されると怒りをぶちまける。この一件で小津は、あやの亡き父親の人となり、そして父親と家族の関係が希薄であったことを静かに指摘する。世界中の芸術家に影響を与えた卓越した映画言語のひとつである。「秋日和」というタイトルは、和やかで穏やかなイメージを想起させる。だが、この作品の核には、当時の日本社会(民主主義、資本主義)が内包していた問題の暴露がある。と、日本の行く末を案じている小津だが、一方では、怒るあやをたしなめる友人のゆりこに希望を見ている。
投稿者:diamou投稿日:2014-07-13 21:49:33
【ネタバレ注意】

母娘が温泉旅行に出かけた宿で、嫁いでゆく娘 (司葉子)に、自分も再婚させると思わせていた母親 (原節子) が自分は一人で生きてゆくと言うシーンは、演技が真に迫っていて、見る者を感動させる。結局、監督が一番言いたかったのはここだったのではないか。司葉子が泣くのも母の愛を感じるから。それまでの三人組のコミカルなシーンは、ここを引き出すための狂言回しとして考えられる。最初の方で、沢村貞子と三宅邦子に、「わたしたちだったら、夫が死んで再婚話があったとして、たとえその気があっても、最初は断るわよね」と言わせておきながら、原節子には、決定的に断らせている。それにしても、監督が一番言いたいシーンで、見るものを感動させられるというのは、並々ならぬ手腕だと (と同時に原節子の演技力のすばらしさを) 感じる。
司葉子が、岡田茉莉子の寿司屋に行って、これから二階に上がって話をする前に、一階の寿司屋のカウンターで、見知らぬ男が、赤貝を注文しながら、長めのセリフを言うのは、本筋とは全然関係ないが、このような進行により、いきなり本題に入る前に、間を取って拙速を抑えており、こうした工夫が独特のテンポを生んでいる。
話の筋の進行や、おかしみのある部分としんみりする部分との配合が絶妙で、観客に心地よくどこかやさしい感情の起伏を生じさせる。

投稿者:呑気呆亭投稿日:2013-07-08 11:12:44
小津さんのカラ−映画でのクレジット画面の趣味の悪さ(人名に脈絡もなく赤字を入れる)には毎度辟易するのだが、この映画では亡夫の友人を演じた佐分利信、北竜二、中村伸郎の会話の品のなさに辟易した。自分たちは社会的にも地位の有る立場に居り、住居も立派な一戸建てに住みながら、粗末なアパ−ト住まいである親友の未亡人を居酒屋談義のタネにするなど、心ある大人のすることではあるまい。彼らの自宅での妻を召使いの如く扱う態度も不快であった。そんな下品なやつらの好奇の目に晒される原さんが気の毒でならなかった。後味の悪い映画である。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:サーボ投稿日:2012-11-10 21:45:43
ラストシーンの原節子の所作。繰り返し観てしまいます。うーむ、私は日本人だなあ。
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-10-26 07:55:13
それは娘の結婚話だろう、この作品は父と娘ではなく母と娘だったけど。www.seisakuiinkai.com
投稿者:ノブ投稿日:2011-10-01 22:54:28
【ネタバレ注意】

「秋日和」(監督:小津安二郎 128分)
話の内容は母と娘の母娘愛。
木々の間から見える東京タワーのショットや薄暗がりの中の鉄橋のショットなどが良かった。
ダメ親父三人が「美人だと夫は早死する」という話をしながら、ブスの仲居に「夫は長生きするよ」と言ってからかう演出がコミカルだった。
「薬」と「りんご」の話がちょっと面白かった(ダメ親父二人の奥さん同士が情報交換する中で、二人の内どっちのダメ親父がやった事なのか分からなくなるという演出)。
ちょっとしたビルのショット・ビルの屋上から道路に車がいっぱい並んでいるショットなどが良かった。
看板のショットがボク的にはかなり良かった(奥に「COFFEE」など横文字の看板二つで手前に「う」の字の看板(鰻屋の看板)のショットと手前に「若松」という看板と「酒」の赤ちょうちんで奥に「VAN」のブルーネオンのショット。和と洋のコントラストがよく出ていた)。
鯉にバタピー食わして翌日鯉が白い腹を見せて死んで浮かんでいるという母娘の思い出話が面白かった。
ハイキングの場所での「街灯」がオサレだった。
女が麻雀で男相手に勝って喜んでいるというシチュエーションが良かった。
ボクの憧れの「自社ビルの屋上での男女混合円陣バレー」をやっているのが良かった。
ゆであずきを母娘で食べた店の窓からのショットが良かった(背後の緑の山の手前の海をボートが横切るショット)。
最後の原節子の「一人になって寂しい」ような「娘が結婚して幸せになって嬉しい」ような表情が良かった。
全般的に
後期の作品なので、やっぱり初期の頃に比べるとスタイリッシュさ・厳格さ・構図バッチリ感に欠ける所がある。
メインの社会的地位は高いけれどダメ親父三人は、下品だし、コミカルという程には面白くないし、あまり魅力的ではなかった。それとのコントラストでチョイ役の笠智衆はとても上品で魅力的だった。原節子と司葉子の母娘愛はソコソコ描けていたと思う。佐田啓二は二枚目で、岡田茉莉子はバタ臭かった。
ビミョーなコミカル感はあるし、ソコソコの母娘愛も描かれているし、それなりには楽しめるが、ショットの厳格性に欠けているし、キャストもメインのダメ親父三人がミリキ的でないので、ボク的には小津の作品としてはそんなに面白いとは思えなかった作品。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:いまそのとき投稿日:2011-07-23 18:56:42
小津嫁ぎものの定番で安心して見れる。流石のお手並み。老友の北竜二、佐分利信、中村伸郎が進行役。価値観が違う戦後の新世代も確り捉えている。当時の日本人もきっとほくそ笑んで見たに違いない。風格の佐分利に一献献上。
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2010-12-24 19:50:38
いつもながらの、娘結婚ものである小津芸術。
より洗練度を増したアグファカラーの映像に美術セットや衣装・・・清楚な美人親娘にからむ裕福な中年トリオの猥談・・・うな重やらヒレカツやらラーメンと続々出てくる飲食シーン・・・蒼空に映える東京タワー・・・これだけでもう、何もいらないのだ。ただただ、ひたすら小津の空間に浸っていたい、それだけなのだ。
演技陣。原・司の東宝女優ツートップに佐分利・中村・北いずれも好演だが、岡田のコメディエンヌ振りがやはり素晴らしい。
投稿者:dbma投稿日:2010-12-05 11:50:06
・佐分利信が星野監督に見えた。
・ウィンクできない岡田茉莉子が可愛い。
・岩下志麻が見つからない・・・。
・パイプは鼻の脂をつけて磨くのか・・・。
・ウィスキー飲みたくなった。
投稿者:クリモフ投稿日:2010-04-13 02:04:29
いっつも似たような話ですが、不思議とマンネリって感じはしない小津作品。この作品は父娘でなく母娘なのが、普段と違うらしいですが、完全に「晩春」系の話でやっぱり受ける印象は似ています。
「晩春」の劣化版という意見もあるようですが、肝心の「晩春」がイマイチだった自分としては、見事に疑問点がなくなり、非常に納得した次第であります。
未亡人と娘という女手二人を周囲がほっとかないのはリアルだし、おっさん三人組のはからい、それに対する母娘の反応など親子をめぐる複数のエピソードがしっかりと一つに繋がっています。なんか、気になるなぁと思ったらしっかりフォローしてくる存在(ゆり子さん)もいるし、帳尻もしっかり合わせてきている感じがしました。
女優の共演も見物。お馴染み原節子に司葉子、岡田茉莉子にちょい役で岩下志麻!皆好演ですが、個人的には岡田茉莉子です。物語的にもとても重要な役だし、小津の常連である杉村春子が出ていないためか、チャキチャキしたキャラを演じているのも良い。なんせ可愛い(笑)。もちろん、おっさん衆もユーモラスで面白い。
普通に生きてたらたいてい出会う、嬉しさとも悲しみともとれる普通の出来事を、普通に描くのは実は難題ですな。ローアングルですが、小津の目線は俯瞰していますね。流石です。
投稿者:錬金術師投稿日:2010-03-11 15:04:31
原節子の長く伸ばした爪に綺麗にマニキュアを塗っていたのは違和感アリアリでした。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-21 17:23:50
演出:10
演技:10
脚本:10
音響:8
投稿者:エプロン投稿日:2008-01-05 23:58:05
【ネタバレ注意】

ごく平凡なエピソードが描かれている小津作品は、それを見るものに深い
驚きをあたえる。
なぜなら、その作品は、それ自体は凡庸である出来事同士が、時空を
越えて共鳴し合う場であるからだ。

母の原節子と結婚することを決めた娘の司葉子が、旅先でゆで小豆を食べる
『秋日和』のシーンで、二人が窓から山の見える景色を一緒に見つめる
充実したひとときに、画面の左から、右へすーっと一艘の船が湖の上を
滑走していく。
この船の滑走は、前のシーンで司葉子がビルの屋上から見た列車の走行と
反映しあっていると思う。

問題の屋上シーンとは次のようなものだ。
丸の内のオフィスで、司葉子が腕時計を覗いて、隣で並んで仕事をしている
岡田茉莉子に「ねえ、そろそろよ」とささやくように声をかける。
同僚だった女友達が新婚旅行にでかける列車を待合わせるために、
二人は、秋日和の屋上にあがり、やがて走ってきた列車に手を振るが、
女友達が約束していたように列車の窓から花束を振ってくれないので、
「女の友情ってこんなものかしら」と寂しそうに職場に戻る。

列車の走行が女友達との友情の終わりを導くように、「ゆで小豆」の
シーンで、船の滑走が母娘の別れを導くと考えることが不思議でないのは、
『秋日和』では、司葉子をとりまく周辺の事象が、不自然なまでに
シンクロナイズしているせいだ。
実際、屋上のシーンでは、司葉子と岡田茉莉子の動作が、美しくシンクロ
ナイズしている。
屋上の手前には、二つ向かいあわせに空のベンチが据えられている。
空には二つ、赤いアドバルーンが浮かんでいる。
列車と都電が並行して走っていく。

さらに、上記を含め全部で三つある屋上のシーンを比較すると、外界を
シンクロナイズさせているのは、司葉子が不思議な力を及ぼしているからと
考えたくなる。
昼休みでたくさんの人がいる二番目の屋上のシーンでは、司葉子は独りで
立っている。
そこでは、相変わらず、列車と都電の走行が示され、アドバルーンも
二つあがっている。
手前のベンチは、今度は空ではないが、左に女二人、右に女二人が
座っている。
おまけに、このシーンの直後に司葉子と佐田啓二がラーメンを食べる
アクションは、第一のシーンの司葉子と岡田茉莉子のアクションと
同じようにシンクロナイズしている。
司葉子がいない最後の屋上のシーンでは、渡辺文雄と並んで岡田茉莉子が
立っている。
このとき、列車の走行は示されないし、アドバルーンも一つしか浮かんで
いない。
ベンチにも、左に男が二人、右に男が一人である。
バトミントンのシャトルを渡辺文雄が投げ返し、次にボールを岡田茉莉子が
投げ返すという交互の動作は、最初のシーンの同時の動作とあきらかに
違っている。
以上三つのシーンの比較から、シンクロナイゼーションを引き起こして
いるのは、司葉子と結論せざるを得ない。

なお、『麦秋』には、『秋日和』の「屋上」と「ゆで小豆」のシーンの
関係と同じような画面構成がある。
まず、戦争に行ってそのまま帰ってこない息子の話題に菅井一郎と
東山千栄子が触れるとき、画面に鯉のぼりが挿入される。
この場面は、「屋上」のシーンに対応する。
次に、パンのようなものを二人が一緒に食べながら、「今が一番いいとき
かもしれないよ」と、その後の家族の別離を菅井一郎が予告するとき、
空に風船が飛ぶ画面が挿入される。
この場面は、「ゆで小豆」のシーンに対応する。

以上は、充実した別離の前のひとときを示すために、外界の事象までが
参加してしまう小津の演出例を示したに過ぎないが、このように、
ごく日常的事象が描かれているときでも、事象同士が共鳴することにより、
その画面を見るものに、深い感動を小津作品はあたえることができる。

投稿者:投稿日:2007-09-19 11:56:12
娘司葉子の結婚式を終えた夜。
母原節子は礼装の着物をひとり片づけている。
アパートのドアがノックされる音。
娘が帰って来た!原に喜びの表情が浮かぶ。
しかし、そんなことはありえない。一転、顔が翳る。
娘の友人岡田茉莉子が入ってくる。にこやかに迎える原。
これら感情の変化を、一瞬間で表現した女優と監督と映画を知らない。
投稿者:南青山の住人投稿日:2007-05-06 22:44:37
晩春』の父親を女親に置き換え,原節子役は司葉子,笠智衆役は原節子,三宅邦子役は北竜二といった具合である。原節子が40歳というので母親にしてしまうのはどうかと思うし,『晩春』の親子間の深い情愛が欠けている。こうした無理が,佐分利信の二人に対する強引で不愉快きわまりない説得になっているし,中年男たちのかなり下品な会話を引き起こしている。今からみれば,原節子と司葉子ではなく,友人の娘を嫁がせることと,その未亡人の品定めに懸命なこの男たちを中心としたことが失敗の原因であることがよくわかる。
投稿者:マジャール投稿日:2006-12-26 21:46:23
『秋刀魚の味』と、この『秋日和』の、カラー作品が楽しくて良かったです。(『東京暮色』も、妙に暗い感じが面白かった)(・・にしても、似たような内容、タイトルで記憶がゴッチャになっちゃう)
原節子、きれいですね。司葉子も、いかにもイイとこのお嬢さん。
終盤、母娘で泊まった宿屋の二階の部屋から、女学生の合唱が聞こえてくるシーンが、とってもよかったです。(「山小舎の灯」)
投稿者:洋三投稿日:2005-08-22 13:42:05
ニューヨークのIFC Center で見ましたが、これは、実はかなり良くできた作品なんじゃないかなって、思いました。あまり一般的な評価はほどほどみたいだけど。いままで見た小津作品は1家族が中心で、この作品みたいに4家族が出て来るっていうのは、各キャラクタに言わせている台詞が旧作品と同じでも、やっぱり、4家族にまたがって言わせると、なんか、深みが出る気がする。総合小説っていえば良いのか、社会性が増すっていうか。

それと娘と親との別れってテーマも、自分は男なので、男親の娘との別れって、まぁ、そんなもんかって思ってたけど、母と娘の別れって、なんか感傷的。

こういっては失礼だが、黒澤はカラーになってから、だめだったけど、小津はカラー以降でも、逆に時代性(若い世代)についていってるし、カラーへの対応も、独自の渋さを出したり(松竹アグファカラーって、たぶん特注の映画フィルムだったのでしょうか? 普通なら、単なる「アグファカラー」ですもんね)、つまりカラーに対しては、これで行くんだっていう、はっきりした理解があったんだろうし、いずれにせよ、あの年齢で才能が枯渇していないっていうのは、さすが。たぶん、彼は非常に教養が豊富だったんじゃないかな。

それと、自分の趣味が茶の湯と作陶なので、あの食器や着物のセンス、とくに大柄の浴衣のセンスとか、同時代の魯山人や白州正子や唐九郎や北原正秋とかの、文人サロンのモダンと伝統をうまく組み合わせていた雰囲気を思い起こします。

台詞の掛け合いや妙味でも、よくできてると思う。
個々のシーンを取り出してみると、無駄なんだけど、最初から見ていると、以前のシーンからのつながりとかが、台詞にもあって、実は無駄があまりない脚本だと思う。

それと、小津の東京情緒とか文人サロン的な嗜好は台詞にあって、これは東京の人じゃないと、意味が分からないという台詞もあってりして、サロン的な調子は否定できないと思います。

やっぱり、東京の情緒というものも、テイストととしてはあるんじゃないでしょうか。

麦秋も枯淡として良かったけど、これは、若大将世代ともうまく合っている。

ちなみに小料理屋での伊万里の徳利は素敵でした。
投稿者:さち投稿日:2004-06-17 07:34:47
原節子さん最高です
投稿者:Ikeda投稿日:2004-04-04 20:49:08
司葉子の結婚話に、その母原節子の再婚話が加わって、佐分利信、中村伸郎、北竜二が色々策動する話で、ユーモアなどの点では面白いけれども、さした作品ではないと思います。北の再婚話が出てくるあたりは、北もうまくて面白いですが、その後は2級映画と言っても良いと思います。
特に、一流会社の部長の佐分利が司を結婚させようとして、いきなり若い司に「お母さんが再婚するから」などと言うのは考えられないことですし、その後の展開もあいまいで、ラストまであまり意味のないシーンが続いています。
投稿者:GRIFFIN投稿日:2004-01-07 12:00:28
 女同士の関係ってのは、こんなに“ウェット”なもんなんでしょうか?
 小津作品はそんなに見ていないが、親子関係の男版があったら見てみたい。どんな風に描いたのだろか、小津の撮った男の背中が見てみたい。
 母の感情の頂点がどこかすら、わからなかった。
投稿者:アリョーシャ投稿日:2003-06-14 16:25:36
「晩春」から11年しか経っていないのに「晩春」では娘役を演じていた原節子が、司葉子の母親役というのはいくらなんでも気の毒だ。
「晩春」の父と娘がこの「秋日和」では母と娘の関係に置き換わっているが、やはりそこがこの作品の弱さであろう。「晩春」ほどの感慨深さが感じられない。「秋刀魚の味」と比べてみればその違いがよく分かる。
【レンタル】
 【DVD】秋日和 デジタルリマスター修復版レンタル有り
 【VIDEO】秋日和 デジタルリマスター修復版レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION