allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

右門捕物帖 南蛮鮫(1961)

メディア映画
上映時間87分
製作国日本
初公開年月1961/01/15

【クレジット】
監督:小沢茂弘
企画:橋本慶一
原作:佐々木味津三
脚本:鈴木兵吾
撮影:伊藤武夫
美術:鈴木孝俊
編集:宮本信太郎
音楽:鈴木静一
出演:大友柳太朗むっつり右門
堺駿二おしゃべり伝六
進藤英太郎あばたの敬四郎
喜味こいしちょんぎれの松
山形勲松平伊豆守
大川恵子千鶴
丘さとみお花
松島トモ子妙姫
山城新伍徳川家光
夢路いとし下駄屋の平助
杉狂児堀尾喜内
坂東吉弥水野
香川良介土井
柳永二郎右京之亮
阿部九州男南蛮鮫の辰
【関連作品】
右門捕物帖 片眼の狼(1959)シリーズ第1作
右門捕物帖 地獄の風車(1960)シリーズ第2作
右門捕物帖 まぼろし燈籠の女(1961)シリーズ第4作
右門捕物帖 紅蜥蜴(1962)シリーズ第6作
右門捕物帖 卍蜘蛛(1962)シリーズ第5作
右門捕物帖 蛇の目傘の女(1963)シリーズ第7作
右門捕物帖 南蛮鮫(1961)シリーズ第3作
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-03-27 11:38:57
【ネタバレ注意】

<あらすじ>三代将軍家光(山城新伍)の頃、相次いで手練れの武士が殺される。被害者はみな金槌と三寸釘を持ち、境内の大木には呪いの人形。同心あばたの敬四郎(進藤英太郎)にむっつり右門こと近藤右門(大友柳太朗)が捜査する。侍の一団に追われる娘千鶴(大川恵子)を救ったり、すりの与吉(大川橋蔵)が不審な動きをしていたり。斬られた侍たちがなぜ呪いで相手を殺めようとするのか。右門は、信頼する松平伊豆守(山形勲)の弟水野甲斐守信之(坂東吉弥)が狙われていると直感する…。

右門捕物帖シリーズ第三彈。
明るく楽しい東映時代劇ではあるけれど、ストーリーはなかなか手が込んでいて面白かった。
信州松本藩主水野信之は、松平伊豆守の弟。家老の島右京之亮(柳永二郎)は、水野信之を亡き者にして自らの不義の子鶴丸を跡目にしようと呪いをかけていたのだ。さらにそこには将軍家光の信頼が厚い伊豆守を失脚させようとする土井大炊頭(香川良介)の思惑もあり、水野家の内紛を明るみに出そうと送り込んだのが隠密・与吉こと千波小次郎(大川橋蔵)。
島右京之亮の企みを知って、呪いをかけようとする侍たちを討っていたのが、娘曲芸師のお花(丘さとみ)と千鶴こと田鶴(大川恵子)。田鶴の父は、水野藩の元家老村井信濃(明石潮)で、娘ふたりは悪侍たちを協力して吹き矢で弱らせて首を絞めて殺していたのだ。
さらには島右京之亮一味は三宅島帰りの南蛮鮫の辰(阿部九州男)を使って侍を襲わせ、金品を奪わせる陽動作戦まで展開する。
その挙句にすべてを村井信濃に罪をかぶせようとするが、右門の活躍で最後に事件解決、と相成る。

新藤英太郎とのコミカルなやりとり、若かりし夢路いとし・喜味こいしの漫才コンビ、おしゃべり伝八を演じる堺駿二、そして男ぶりが際立つ大川橋蔵と脇役もいい。大友柳太朗の落ち着いた演技(何せ当時48歳だ)もいいが、右門に惚れている妙姫は当時15歳の松島トモ子。可愛いけど、大友とはあまりに実年齢差が…(苦笑)。
大川恵子、丘さとみも美しい。
ストーリーもしっかり推理ものとして成立しているし、なかなかの仕上がりだと思う。「南蛮鮫」はほとんど筋には無関係だけど。

【レンタル】
 【VIDEO】右門捕物帖 南蛮鮫レンタル有り
 【VIDEO】右門捕物帖 南蛮鮫<レンタル版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION