allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

豚と軍艦(1961)

メディア映画
上映時間108分
製作国日本
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月1961/01/21
ジャンルドラマ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
218 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:チャック・イエガー投稿日:2016-02-11 23:17:09
前半は正直にいって、あんまりのれなかったけど・・・!ちょっとわかりにくいし・・・後半から怒涛の展開!一気にパワフル!安保条約とか、沖縄基地問題とか、なんか今でも続いてる問題と繋がってるよね。いまだに占領されているかのような・・・深い映画です。
投稿者:呑気呆亭投稿日:2013-10-14 17:23:43
リアルタイムで見た時に一番印象に残ったのは、やはり丹波哲郎の自殺未遂のシ−ンだった。このシ−ンの可笑しさはカワレロウイッチの「夜行列車」の明け方の追いかけっこに匹敵する、人間というモノの滑稽を一瞬の閃きとして画像に定着した奇跡的な仕事である。今回見直してみてそれ以外に印象に残ったのは、欣太の恋人役・吉村実子がヤケになって米軍のパ−ティに出掛けて酒を飲んで踊りまくるシ−ンである。これは「にがい米」のシルバ−ナ・マンガ−ノのダイナマイト・ボディに拮抗する圧倒的にセクシ−なダンス・シ−ンであった。鼻が上向きで決して美人とは言えないが、これほどに新鮮なパワ−を内蔵した女優さんにこの作以後記憶に残る作品がないのはどうしたことなのだろうか。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:黒津 明二郎投稿日:2013-01-19 15:44:20
米軍基地の街・横須賀を舞台に欲にまみれるヤクザたちを描いた今村の代表作。
設定としてはいくらでも面白くなりそうではあるが、脚本の出来が散漫でどうにものれなかった。主人公のカップルをとりまくキャラクターたちのエピソードが色々出てくるのだが、有機的に結び付かずに終わってしまったのである。充実したキャストや横須賀のセットにクライマックスの‘豚走‘シーンなどを十全に作品の質に生かせなかったのは痛いね。
演技陣。長門がケチな半端もんのチンピラを好演、吉村はぎこちないけど精一杯の体当たり演技をして悪くない。
投稿者:こじか投稿日:2010-04-24 16:36:13
全体的にパワーあるなぁ。

ただ、わたくし中〜後期の重苦しい今村昌平が好き。
投稿者:B級文化人投稿日:2009-06-06 17:52:10
類似性を感じるのは自分だけだろうか
まさに豚のような死に様はいやが上にも記憶に残る
米兵に弄ばれる春子、俯瞰のカメラワークは矢張りタクシードライバーに影響を与えたか
投稿者:トウショウファルコ投稿日:2008-11-17 04:01:11
【ネタバレ注意】

ずっと観たかった映画。過労死で亡くなる人は、何故辞めないのだろうか・・・?
疑問に思ってたけど、人を削られても、人のやり繰りして休めない、取引先に迷惑も
かかる。責任者の重圧に消耗し、気分転換に選んだのがこの映画だった。許容範囲が
狭いもんですから息切れ中。

「おじさん・・・さよなら。」 こういい残して去って行った若者達は多かったんで
しょうね。エネルギーちょっと貰えたかな。

哀しいバイタリティーが滑稽でおかしいのよ。退屈な場面がなかったよ。
勢いだけじゃなく、積み重ねられた心理描写がいい。脇役が率なく如何わしい。

趣は違うけど、初期の黒沢やフェリーニの映画を思い出した。
この時代を生きた人しか語れないエネルギーがあるね。わたしゃ、こんな映画好き。

ところで豚ちゃんも怪我人かい?

投稿者:hymitecs投稿日:2008-11-01 11:02:31
【ネタバレ注意】

戦争も国を荒廃させるが、敗戦は戦後も国土と人心を蝕み続ける。拠り所を奪われ、勝ちが善という価値観のみが強調される社会にあっては、どこにどのように踏みとどまればよいのか、いつも暗中模索の状態である。横須賀などの基地の町の存在は、敗戦と戦後が今も継続していることを雄弁に物語っている。50年も前に、こんな皮肉な視点で、当時メディアとして全盛の映画で表現できた国であったはずなのに、この頃の勝ちが善という風潮における勝利者が支配者になって久しい現在、独自の伝統を引き継いできたはずの日本の土俵に踏み留まれている人がどれほどいるのだろう。
長門裕之を始めとした皆の早口の台詞がどうにも聞き取りにくい。言葉の言い回しだけではなく、発声も変わってきているところがあるに違いない。それほど時が経っているのに、負債だけが続いているとは、諦めにも似たやり切れなさを感じる。
このあと、同時期の小津の映画を見たら台詞が聞き取れないことがなかった。音割れしているのかな?

投稿者:さち投稿日:2007-10-29 04:13:19
よかった
投稿者:GRAN TURISMO投稿日:2006-05-28 22:55:51
元々洋画しか観なかった私が邦画も観るようになるきっかけを作ってくれた作品です。面白い映画です。香港映画とかで結構この映画の真似をしてる映画ありますよ。お勧めしますよ。凄い映画です。
投稿者:お気楽極楽投稿日:2005-05-24 15:06:54
日本の映画監督の中でもパワーを感じるといったら今村監督だ。主役から脇役から舞台の町自体まで(もちろん豚も)妖しい力に満ちたこの作品を観よ。
当時10代の吉村実子のぎらぎらした存在感も忘れがたい。本作と「にっぽん昆虫記」「鬼婆」の3本は観てほしい。その後、日本映画界は彼女にふさわしい場を与えられなかった。
投稿者:ASH投稿日:2004-01-24 19:21:31
丹波哲郎ってやっぱすごい俳優だわ。豚走シーンもイイ。有名な話だけど、長門裕之って桑田佳祐にクリソツ!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 作品賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】豚と軍艦 HDリマスター版2012/09/04\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】今村昌平日活作品全集 1 <初回限定生産>2003/12/21\18,800amazon.co.jpへ
 【DVD】豚と軍艦2002/11/22\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】豚と軍艦レンタル有り
 【VIDEO】豚と軍艦レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION