allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

黒い画集 ある遭難(1961)

メディア映画
上映時間87分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1961/06/17
ジャンルサスペンス/ミステリー
黒い画集 ある遭難 【東宝DVDシネマファンクラブ】
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 7,629
USED価格:¥ 15,608
amazon.co.jpへ

【解説】
 松本清張の短編小説集『黒い画集』の中の一編『遭難』を、石井輝男が脚色し杉江敏男が監督した推理作品。主な出演者が実際に鹿島槍にロケーションを行っており迫力満点。
 A銀行丸の内支店の店長代理である江田をリーダーとする三人のパーティーが鹿島槍で遭難し、浦橋は一命を取り留めたものの、岩瀬が命を失ってしまう。岩瀬の姉の真佐子は、初心者の浦橋が生き残り経験者の弟が亡くなったことに疑問を抱く。真佐子は江田を夕食に招き、従兄の槙田二郎を遭難現場まで案内してほしいと頼んだ。山岳のエキスパートである二郎は、江田と鹿島槍を目指して進みながら、事故の疑問点を次々に語り始めた。そしてこの事故が、実は人為的に引き起こされた殺人事件だと断定するのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
538 7.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:noir fleak投稿日:2015-04-14 08:48:47
あるなら、本作はまちがいなく日本映画の最高傑作だ。タイトな構成、すばらしいロケ撮影(本当にすごい!)そして意外な結末。最後のシーンはいくらなんでも「本物」ではないだろうが、見事だ。若き児玉清はパッとしない役だが、リーダー役の俳優がいい。香川京子はほんの少し出てくるだけ。
隠れたる傑作。サスペンス、ノワールファンには絶対のお勧めだ。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】黒い画集 ある遭難 <期間限定プライス版>2014/09/17\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】黒い画集 ある遭難2009/10/23\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】黒い画集 ある遭難レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION