allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

あいつと私(1961)

メディア映画
上映時間105分
製作国日本
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月1961/09/10
ジャンル青春/ドラマ
石原裕次郎 ゴールデン・トレジャー ~日活映画大全~ (23回忌メモリアル豪華収納BOX付き) [DVD]
参考価格:¥ 283,500
USED価格:¥ 398,000
amazon.co.jpへ

 Photos
あいつと私

【クレジット】
監督:中平康
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:池田一朗
中平康
撮影:山崎善弘
美術:松山崇
編集:辻井正則
音楽:黛敏郎
助監督:西村昭五郎
出演:石原裕次郎黒川三郎
宮口精二甲吉(その父)
轟夕起子モトコ・桜井(その母)
芦川いづみ浅田けい子
清水将夫金吾(その父)
高野由美まき子(その母)
吉永小百合ゆみ子(その妹 高校生)
酒井和歌子たえ子(その妹 中学生)
尾崎るみ子ふみ子(その妹 小学生)
細川ちか子おばあちゃん
中原早苗野溝あさ子
高田敏江磯村由里子
吉行和子元村貞子
笹森礼子加山さと子
標滋賀子金森あや子
小沢昭一金沢正太
伊藤孝雄日高健伍
武藤章生桑原一郎
庄司永建園城寺(トモコの恋人)
滝沢修阿川正男(トモコの元恋人)
渡辺美佐子松本みち子(モトコの弟子)
浜村純高野教授
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
536 7.20
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-12-08 00:30:22
耐えられずに停止したくなる気持ちも解るが、最後まで観ると当時としてはストーリー的に良く纏まってる作品という事が分かる。食卓に居た三女役の娘も可愛いと思ってたが、のちに有名になった女優さんだったのね。
投稿者:マジャール投稿日:2008-08-23 23:18:17
【ネタバレ注意】

この映画、恐るべき破壊力!!!!


「結婚行進曲」を朗らかに合唱(高砂や〜♪ の歌詞で)する場面で、DVDを一旦停止・・・・・・ううう。
限界です・・・・!

投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-05-13 22:25:39
 この映画もずばりセックスに関する映画で、かなりどぎつい台詞もあるのだが、しかし画面は日活らしい明朗かつ清潔なものに終始する。セックスをテーマにしているが人間の闇を描こうとしないだとか、所詮お坊ちゃまお嬢様の戯れ事にしか見えないだとか、あるいは、学生運動をからめたレイプ事件なんかは思想的な事柄に言及することも可能かも知れないが、この映画はそういうことを云うのがバカバカしくなる映画だ。中平康らしい非現実的なまでの快活な台詞回しやテンポの良いカッティングによるスピーディな演出を楽しめばそれで良いではないか。

 やっぱり芦川いづみ(長女)が圧倒的に魅力的。彼女が早々に引退してしまった(藤竜也に掴まった)ことが残念でならない。実は中学生役(三女役)の酒井和歌子が見たくてこの映画を見始めたのだが、殆ど台詞もないし可愛らしさを感じるシーンもなし。では高校生役(次女役)の吉永小百合はどうかと云うと、これも大した魅力なし。ま、出番が少ないので仕方ない。出番が少ないということで云うと軽井沢の別荘での雨のシーンで出現する渡辺美佐子は出番は少ないながら強烈な印象を残す。
 石原裕次郎の母親役・轟夕起子の扱いには最初無理があるかと思ったが、終盤は良くなる。父親役・宮口精二の情けなさが実に良い。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【レンタル】
 【DVD】あいつと私レンタル有り
 【VIDEO】あいつと私レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION