allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

続社長洋行記(1962)

メディア映画
上映時間91分
製作国日本
初公開年月1962/06/01
ジャンルコメディ
社長洋行記 正・続篇 [DVD]
参考価格:¥ 8,640
価格:¥ 7,286
USED価格:¥ 4,100
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
美術:村木与四郎
村木忍
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
助監督:野長瀬三摩地
出演:森繁久彌本田英之助
久慈あさみ同滝子
中真千子同めぐみ
小林桂樹南明
英百合子同てつ
加東大介東海林平左衛門
西条康彦同平一
小沢直好同平二
三木のり平中山善吉
江原達怡三条河原修司
藤山陽子松野敬子
新珠三千代早坂悦子
草笛光子松原あぐり
フランキー堺坂田
ユー・ミン柳英敏
洪洋同宗之
一万慈鶴恵東海林家の婆や
丘照美女事務員
毛利幸子女中1
内山みどり女中2
桜井巨郎板前
斎藤達雄宗社長
沢村いき雄すし屋のおやじ
河津清三郎椿家社長
緒方燐作同秘書
松本染升タイガー公司重役
塩沢とき香港人ダンサーA
園田あゆみ香港人ダンサーB
向井正江香港人ダンサーC
清水由記香港人ダンサーD
大友伸香港亭の客A
立原博香港亭の客B
特別出演:三船敏郎
【関連作品】
へそくり社長(1956)シリーズ第1作
続へそくり社長(1956)シリーズ第2作
はりきり社長(1956)シリーズ第3作
おしゃべり社長(1957)シリーズ第4作
社長三代記(1958)シリーズ第5作
続社長三代記(1958)シリーズ第6作
社長太平記(1959)シリーズ第7作
続・社長太平記(1959)シリーズ第8作
新・三等重役(1959)シリーズ第9作
新・三等重役 旅と女と酒の巻(1960)シリーズ第10作
新・三等重役 当るも八卦の巻(1960)シリーズ第11作
新・三等重役 亭主教育の巻(1960)シリーズ第12作
サラリーマン忠臣蔵(1960)シリーズ第13作
続サラリーマン忠臣蔵(1961)シリーズ第14作
社長道中記(1961)シリーズ第15作
続・社長道中記(1961)シリーズ第16作
サラリーマン清水港(1962)シリーズ第17作
続サラリーマン清水港(1962)シリーズ第18作
社長洋行記(1962)シリーズ第19作
続社長洋行記(1962)シリーズ第20作
社長漫遊記(1963)シリーズ第21作
続社長漫遊記(1963)シリーズ第22作
社長外遊記(1963)シリーズ第23作
続社長外遊記(1963)シリーズ第24作
社長紳士録(1964)シリーズ第25作
続社長紳士録(1964)シリーズ第26作
社長忍法帖(1965)シリーズ第27作
続社長忍法帖(1965)シリーズ第28作
社長行状記(1966)シリーズ第29作
続社長行状記(1966)シリーズ第30作
社長千一夜(1967)シリーズ第31作
続社長千一夜(1967)シリーズ第32作
社長繁盛記(1968)シリーズ第33作
続社長繁盛記(1968)シリーズ第34作
社長えんま帖(1969)シリーズ第35作
続社長えんま帖(1969)シリーズ第36作
社長学ABC(1970)シリーズ第37作
続社長学ABC(1970)シリーズ第38作
昭和ひとけた社長対ふたけた社員(1971)シリーズ第39作
昭和ひとけた社長対ふたけた社員 月月火水木金金(1971)シリーズ第40作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2015-09-28 12:28:48
【ネタバレ注意】

<あらすじ>貼り薬サクランパスの桜堂製薬の社長本田英之助(森繁久弥)は、自らトップセールスのため香港に向かったがヘルペスを発症しやむなく帰国。しかし香港滞在を続ける秘書課長の南明(小林桂樹)、営業部長の東海林平左衛門(加東大介)が成果を挙げられないことに業を煮やした本田は再び香港へ。南は後輩の柳(洪洋)の妹・秀敏(尤敏)のつてで、彼女が勤める美麗公司との取引を目指すが…。

社長シリーズ第15作。前作の『社長洋行記』の続編。
“香港の真珠”尤敏(ユー・ミン)をめぐって森繁・小林・加東がそれぞれしのぎを削るという展開だが、ほんとに困ったおっさんたちである(笑)。しかも森繁は浮気相手として「東京亭」の女将早坂悦子(新珠三千代)と出来てる?し、加東は飲み屋の女将松原あぐり(草笛光子)と出来ているし、小林は一応部下の松野敬子(藤山陽子)が気になるし…と、それぞれいい人がいるのだから、処置なし(笑)。「香港芸者としけこんでいる」という噂で女たちからしっぺ返しを喰らうのもお約束ということで。
会社の経費で宴会を開くことばかり考えている営業課長の中山善吉(三木のり平)をはじめ、当時の会社文化の適当な感じがコミカルに描かれている。
ラストでは尤敏の婚約相手の中国人として三船敏郎がちょい役で登場。
当時の一流といわれたホテルの看板が次々映し出されるのも今や貴重かも。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】社長洋行記 正・続編2005/02/25\8,000amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】続社長洋行記レンタル有り
 【VIDEO】続社長洋行記レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION