allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

脱出(1972)

DELIVERANCE

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(WB)
初公開年月1972/10/14
ジャンルサスペンス/ドラマ
巨大な面白さを盛った壮烈な冒険映画! 大自然との触突を求め 激流に挑む 〈男〉の体臭が画面いっぱいに炸裂する!
脱出 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 971
USED価格:¥ 473
amazon.co.jpへ

【解説】
 ダム建設によって消えてしまう前に川下りをしようと、奥深い渓谷へやって来た4人の男たち。だが、地元民との些細なトラブルが、彼らのレジャーを“死のゲーム”へと変えてしまった……。J・ディッキーが自身の原作を脚色、異才ブアマンが奇妙な迫力で描きあげた傑作サスペンス。山に住む精薄児のバンジョーと、R・コックス(強烈な印象を残すN・ビーティと共に本作が映画デビュー)のギターによるセッション“デュエリング・バンジョー”のインパクト、そしてそれが都会人と地元民との融合を意味するものではなかったという恐怖、文明と自然の相克、アメリカとそこに生きる人々の深部に潜む暴力など、様々な寓意とアクションを満載した作品。激流をカヌーで下るシーンを始め、大自然の描写も圧倒的。大自然の中で抗う都会人という図式だけを真似た亜流作品も多数出したが、どれも表面をなぞっただけの凡作ぞろいだった。
<allcinema>
評価
【関連作品】
トレジャー・ハンターズ(2004)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
861 7.62
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2015-03-10 19:18:05
「今回だけだぞ」
投稿者:グレコ投稿日:2013-04-27 21:26:47
前半が特に良かったです。バンジョーとギターのセッションのシーンは名シーンですね。
投稿者:sachi823投稿日:2013-03-27 20:54:00
深夜映画で録画し損ね、結末がわからぬまま
何年もたち、ようやくDVDで見ることが出来ました。
白の海へ TO THE WHITE SEAで知られるジェームズ・ディッキー
原作で、関係者の証言によると、この人物は武闘派詩人で、
本作の山の男に近い感覚の人物だったようです。
ロケ中に盛んに監督や出演者に絡んだという話には
笑わされました。(本人も保安官役で出演)
作品で感じたことは、4人の出演者の距離が
非常にに近いということです。役柄のせいだけではなく
若い監督や撮影者、出演者が意欲的に
一世一代の緊張感をもって
作品に取り組んでいることを感じました。
激流下りの描写は見応えがあり、この種の映画では
最高のものではないかと思います。
投稿者:scissors投稿日:2013-02-03 17:23:22
ただのB級サスペンススリラーとしか思えず。
描写は突っ込みどころ満載。
なかばジョン・ヴォイトの一人舞台っぽくなってしまうのも物足りない。

ジョン・ヴォイトとバート・レイノルズの間から漂うホモ臭さは狙いなのかな。
ホモレイプあるしコピーまで「〈男〉の体臭が画面いっぱいに」って・・・。

ボイトなのにボイドって書く人が多いのはテレ東のせい?
投稿者:雑種猫投稿日:2011-11-15 12:18:59
あのような山奥は、秘境、という表現をしてもいいのかな。
秘境の住人の閉鎖感。不気味さ。すごく怖かった。
しかし、都会人の、秘境の住人に対する無節操な態度が鼻についた。
秘境の住人のリベンジなのかな?
日本にはないと思うけど、人里離れた山奥には絶対行きたくない・・・。

投稿者:こじか投稿日:2010-04-13 06:10:53
わかりづらい様でわかりやすい。その逆もある。
人には勧めづらいが観てよかった。
てか現地人が突如現れまさかまさかの展開だよ!

バート・レイノルズの男色っぽさがすごい…。

投稿者:陸将投稿日:2010-03-02 16:46:09
【ネタバレ注意】

ダム建設のために水没してしまう大自然の中で露になるのは、人間の恐ろしさだ。序盤でR・コックスと地元民とのギターのセッションで文明人と非文明人が融合したかのような演出をしておきながら、その後すぐに地元民に暴行されるというショッキングな展開。大自然という無法地帯の中で知識人や常識人が変貌していく様。そして、自分の安泰のために真実を隠蔽し、仲間の死さえも葬り去ろうとする利己心。1番サバイバルで生き残りそうな役柄であるタフでマッチョなB・レイノルズが、あっけなく動けなくなり、知識人や家庭人が物語を進めていく展開もまた意外性がある。自然破壊や西洋的な自然観への疑念も孕みながら、人間の本能的な醜さや暴力性が剥き出しにされていく。この渓谷であった出来事を文字通り全て“水に流そう”とする人々。そんな人々にラストショットで水面から浮かび上がってくる死体の手がそんなことは不可能だと物語っている。単なるアクション映画、自然賛美ではない奥深さが本作にはある。

投稿者:uptail投稿日:2009-12-31 16:34:44
ロニー・コックス
投稿者:TNO投稿日:2009-10-30 23:42:52
【ネタバレ注意】

ジョージ・ブアマンの意欲作。予算のない中で、保険をかけずに主人公4人組を川下りさせたり、原作者や自身の息子を含む素人俳優を出演させたりで映画を完成させた。ほぼオールロケを敢行しているが、原作者ディッキーの自然の慈しむ姿勢に敬意を表したからか。ジョン・ボイトとネッド・ビーティーは、嫌疑を持たれつつも拘留されることなく、無罪放免されてはいるが、この後、証拠が露呈することを暗示して物語は終わっているので、少し後味が悪い。そもそも、素性も育ちも違うこの4人が何故川下りをしようと集まったのか、説明が十分ではない。少なくとも、バート・レイノルズとボイトは、昔からの関係があることが示唆されているぐらいだ。この当時は、レイノルズは、まだ脇であったが、しばらくすると、ボイトとの関係は、逆転する。前半は、レイノルズが主役とも思える頼もしい活躍をするが、怪我をしてからは、みじめにもがきわめき苦しむ凡庸な人物に成り下がってしまう。逆に、開き直ったボイトの存在感が増してくる。ビーティーは、舞台の演技をブアマンに見初められ起用となったようだが、存在感ある演技をしている。ロニー・コックスも素晴らしい演技を見せるが、何故自ら川に飛び込むような形で命を落としたのかは不明。前半のバンジョーでの地元の知恵遅れの青年とのコラボ場面は印象に残る。このバンジョー少年(ビリー・レッデン)は、後にティム・バートン監督の"ビッグ・フィッシュ"に出演者として招かれることになる。ビル・マッキニーは、登場している時間のうち、半分以上が死体という面白い出演の仕方。ビーティを犯して喜んでいたが、レイノルズの矢に射抜かれて絶命。

投稿者:なちら投稿日:2009-10-14 22:47:52
【ネタバレ注意】

序盤に障がいを持つ子供が二人も出たりするから、都会人を拒絶する集落の事柄を
大自然中心に進めるのかと思ったが、あんま自然は関係無いんだなというのが見終わった時の印象。
(鹿の話は何だったんだ?ってのもあるが。)

異常な性癖の男達が出て来て、オッサンがオッサンをレイプ!衝撃!
このイカレ具合が、閉鎖的な集落といった感じで不気味。

もう一人の男は本当に彼なのか?という不安や、つじつまを合わせる為に友人を置き去りにする残酷さ、
窮地から自分を守ろうとする底力が面白かった。

投稿者:kinenchyu投稿日:2008-07-06 22:55:24
全編を通じて緊迫感と独得の雰囲気があり最後まではらはらしながら見ることができました。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-08-04 18:38:33
【ネタバレ注意】

Eric Weissbergの「Dueling Banjos」か〜
簡単なメロディーの掛け合いから、徐々に勢いが付いて、Earl Scruggs的なフレーズ出しまくって弾き倒す、あのバンジョーは良いね。(ブルーグラス好きには堪らないでしょう)

自然保護者ってのも胡散臭いものだが…
まぁ無くなるものが無くなるのは仕方ない(僕らは自分の為に残しておいて貰う権利(所有権?)を有しない)にしても、まぁ渓流の風景は美しいですね…時に牙を剥くが。

田舎に来て、まぁ住民とちょっとしたトラブルはあったものの(序盤から不穏といえば不穏)、少年と遊んだし、川には辿り着いたし、渓流も乗り切り、魚も撃ち、キャンプもして朝を迎え〜まぁ鹿は撃てなかったが…って楽しい川遊び…のんびり休暇の筈が…

人が死のうが傷つこうが、自分のやりたい事が出来る力(=銃?)を持ってると思ってる人間に脅されて…縛られて…ヤラれちまう〜が…×△○しちまう〜ここからが、ジョン・ブアマン's悪夢の時間。結局は、友達を亡くし、片足切断かも?って骨折、復讐されるかも?って(更に、アレが露見するかも、も多分に含まれての)恐怖と命がけのロッククライミング〜殺したあいつは…本当にあいつだったのか?〜嘘に縛られて、良心らしきものに縛られて…レイノルズは憑き物が落ちたかのように線が細くなり、逆に凶暴化したヴォイトは友達に食って掛かる〜でも、どうしょうもないじゃないか!って開き直りたくもなるね〜冒険の悪夢…おっさん同士なのでスタンド・バイ・ミーじゃないんだけど。

↓Steve Martin?!(bj)〜Glenn Duncan(Vn)/Randy Scruggs(g)/Vince Gill(E-g)/Marty Stuart(mdn)/Gary Scruggs(Ham)/Albert Lee(E-g)/Paul Shaffer(p)/Jerry Douglas(g) 何か知らんが凄い演奏だね…曲はアール・スラッグスの代表曲!http://www.youtube.com/watch?v=icMTVV5Lwaw

投稿者:ASH投稿日:2007-04-11 21:45:43
【ネタバレ注意】

 ちょっと本編とは関係ない話。有名なバンジョー対決、あの曲は「デュエリング・バンジョー」というタイトルなんだが、この曲が全米チャートで最高位2位、この曲が収録されているエリック・ワイズバーグのアルバム(「脱出」のサントラ盤にあらず!!)がNO.1獲得という、曲単位で見ると大ヒット曲なんだってね。確かに、あの旋律は魂を熱くするわな。

 さて、本編。自然よりも人間が怖いなんてのは当たり前の話だけど、僕が感じたのは無学の田舎もんの怖さ。田舎もんが怖いという映画は、アメリカ製のホラー映画にはそれこそ山のようにある。考え方によっては、コレも充分にホラー映画的な要素がある、なんてね!

 もうひとつ、「窮鼠、猫を噛む」じゃないが、都会人も追い詰められると意外な力を発揮する、ってとこかな。

 ビルモス・ジグモンドに興味を持つきっかけをくれた映画がコレよん。「続・激突!」と並んで水面が美しい映画ね。

※あれはねぇ、「性癖」じゃないの。「ホモ」でもないの。持て余した悶々とした性欲をヘタすると「近親相姦」や「獣姦」で解消しようとする恐ろしい人たちなの。アパラチア山脈の周辺には、時代に取り残されたような生活をしている人が、70年代辺りまではフツーにいたんだよ。

 【My Cult Movie】

投稿者:bond投稿日:2007-03-01 09:21:04
中学の時TVで観てショッキングだった。バンジョーギターのシーンは言わずとも名シーン。レイノルズが矢を撃つシーンはハラハラ、そして激流。アメリカの度田舎って、日本の地方とは違う不気味さがあるんだよな。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-02-06 00:38:15
【ネタバレ注意】

 本当に恐い映画だ。戦慄のラスト・シーン。醜いほどハレンチなレイプ(?)・シーン等・・・。

 男性的活力に溢れているバート・レイノルズが傷に倒れ、温厚でパイプをくわえたジョン・ボイドが活躍する羽目になるのが皮肉だ。

投稿者:松竹錠投稿日:2005-09-26 23:06:11
【ネタバレ注意】

例の「デュエリング・バンジョー」は、いろいろな意味で名場面と思う。
ところであの場面、他の映画でも似たの観た事ない?
『未知との遭遇』のラストだ。
UFOと人間が音楽で意思疎通をはかろうとするあたり酷似してるし、
最後に姿を見せる宇宙人とバンジョー少年ってソックリなんだよね、アゴ細いし。
しかも『脱出』も『未知との遭遇』も撮影はヴィルモス・ジグモンドだもんね。
(スピルバーグ、確信犯だな・・・)

蛇足:『ホットショット』の日本盤LDの“パロディ・チャプター”で
『脱出』を検索すると、チャーリー・シーンが
「歯っ欠けで、バンジョーを弾くことしかできない子供が・・・」とか言ってる。
日本語字幕ではハッキリ訳してなかったけどね。

投稿者:terramycin投稿日:2005-07-01 01:16:25
展開が読めず、常にハラハラドキドキさせる展開はすばらしいと思う。

しかし、ボイドがヒットマンを殺すために崖を上っていくシーンあたりは、非現実過ぎて、リアリティがなくなってしまったように思う。
なぜなら、ボイドは実際に敵を目視していないにもかかわらず、レイノルズが「崖の上にいる!」という言葉だけを信じて30メートル以上あるかもしれない、垂直で絶壁の崖を上りきってしまうのは超人的で熟練のロッククライマーかと思わせるほどだが、劇中ではそのような人物の説明はないからである。

河を下り終えてからもまだ物語は続き、視聴者をまだひきつける展開は予想外であり、すばらしいと思った。



投稿者:iyansk投稿日:2005-06-26 08:59:01
全然この映画について知らなかったので、わけが分からないというのが見て感じた感想です。
ただ、意表を突くシーンが多いので、演じている俳優は楽しそうです。
日本ではこんなところはどこにも無いのでは。
アメリカは恐ろしいところだ。
投稿者:nehane215投稿日:2004-06-13 23:42:30
こういうことって現代社会でも普通に起こりそうで恐いし、感情移入できた。
この作品は独特の臭い(人間臭さみたいなもの)を持っている。
緊張と恐怖で疲弊してゆく心身。いざという時に思いどおりにならない人間の弱さ、もどかしさ。
これらが自然の風景と対をなすようにして、痛烈にクローズアップされていく。
息苦しくなるようなリアルで生々しい臭いだ。
臭いが消えたあとの無味無臭的なラストも良かった。
投稿者:ヤース投稿日:2003-03-18 03:11:44
これぞ隠れた傑作と云わずして何と。70年代映画の代表作。元気な中年男性四人がバカンスで森深くの秘境の谷に河下りに出掛けるのだが、中盤に普通の映画を逸脱して、奇怪な変態映画と化してしまいそうになるところがあって、鑑賞者は誰でも相当ドギマギとビビるだろう。しかし本当の驚異は、冒頭のバンジョー弾きの脳に障害を持つ少年の登場である。ジャムセッションが始まり、これは音楽映画なのかと勘違いするほどノリノリで意気軒昂となるのだが…。なんのことかわからないと思われるが、「自然は美しい」という決まり文句の一つでも呟きたいほど、カメラもよい。湖面から静かに立ち上がる腕。結局問題は解決されないのだが、その傷がいつまでも残る感じだ。
投稿者:徘徊爺投稿日:2002-06-01 09:10:51
自然は文字通り自然であるだけなのだが、人間の我欲が、狂気に満ちたドラマを作り出して行くのだと思う。

険しいい自然の中へ命懸けで現地ロケした緊張感とリアリティーは、決して今のCGなんかでは味わえない迫力だ。

特にバート・レイノルズの濃さが印象的だった。アーチェリーを構えて狙いを定めているときの緊迫感。肉がベロッとはみ出てしまった太腿の大ケガは、自分の小さな経験と重なって、思い出しても、ぞっ!とする。
投稿者:さだじ投稿日:2002-05-05 12:07:04
 ジョン・ブアマン監督の代表作(?)。とにかく濃い、ですね。作品全体に漂う不気味なムード。それは確かにすごい。特に忘れがたいのがネッド・ビーティのレイプシーン。この作品は友達の家で一緒に見てたんですが、なんか笑うに笑えなくてとっても困りました(だってやたらと長回しされてて、力に満ちてるんだもの)。

 でもこの映画にはストーリー的なおもしろさがイマイチないので、観る人によってはひどく短調な物語ともとられそうですね(ある意味ムード勝負の映画だから)。あとここの解説にもあるようにテーマが盛り沢山で、結局何がいいたいのか、それがイマイチ伝わってきません。普通映画におけるテーマは一つあれば充分なのに。人々の内に眠る狂気を描いているのか、自然と文明の隔たりを描いているのか、師匠は「どれも正しくどれも正しくない」といってました(観る人によって感じたテーマが違うらしいです)。ある意味そういう「曖昧」な部分がインテリ層に受けたのかなあ?ラストも意味ありげ。大自然の映像美はマルですわ。

 ↓師匠のHP(新作ビデオ、DVD情報アリ)http://www.cinemanc.com/
投稿者:長春投稿日:2001-05-02 14:19:55
全編に溢れる緊張感が堪らない。アルビーノの少年とのギター・バンジョーのかけあいの場面も不思議な緊張感があった。ジョン・ボイトとネッド・ビーティが猟銃を持った男たちに襲われる場面も気を失うほど異常な状況であった。その襲った男を恐れつつ、警察を恐れつつ、川下りを続けていくときもずっと緊張が続く。しかし、その緊張感が素晴らしいのだ。
投稿者:けいぞう投稿日:2000-05-06 01:37:00
大自然の中で、癒されるどころか狂気に陥っていく男たち。でもこれが真実に近いかも。安直な自然礼賛、田舎志向に鉄槌を下す映画。ドリューと少年の「デュエリング・バンジョー」は名シーン。それにしてもジョン・ヴォイドもロニー・コックスも今や「怪しい中年」になってしまったなあ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 監督賞ジョン・ブアマン 
□ 撮影賞ヴィルモス・ジグモンド 
■ 新規登録作品 
【レンタル】
 【Blu-ray】ジョン・ブアマン監督 脱出レンタル有り
 【DVD】ジョン・ブアマン監督 脱出 デジタルリマスター版レンタル有り
 【DVD】ジョン・ブアマン監督 脱出レンタル有り
 【VIDEO】ジョン・ブアマン監督 脱出レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION