allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

しとやかな獣(1962)

メディア映画
上映時間96分
製作国日本
初公開年月1962/12/26
ジャンルドラマ
しとやかな獣 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 1,982
USED価格:¥ 1,700
amazon.co.jpへ

【解説】
 新藤兼人が原作・脚色を担当し、川島雄三が監督したブラック・ユーモアあふれる一編。ほぼ全員が悪人というキャラクターたちが、団地の一室を舞台に膨大なセリフでやり合う、川島雄三の代表作。
 元海軍中佐の前田時造は郊外にある、エレベーターのない団地の一室に住んでいる。時造には妻と二人の子供がおり、芸能プロダクションで勤める息子の実と、流行作家の愛人である娘の友子を使って金を稼いでいた。実は会社の経理である三谷幸枝と深い仲にあったが、幸枝から別れを切り出されてしまう。念願だった旅館の開業が決まったので、彼女は芸能プロダクションも辞めるというのだ。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1083 8.30
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2017-06-11 20:01:48
ジメジメと暑い団地の一室を舞台にした密室ブラックコメディ。
まあ笑えるようなシーンはないのだが、出てくる一家が全員小悪人というのが面白い。
会社のお金を横領する息子、お金持ちに色仕掛けする娘、その子供たちにたかってばかりの父親、実は一番悪どいのではないかと思える母親。
そんな彼らを取り巻く人物も全員バカな小悪人ばかり。
個性豊かな面々が入れ替わり立ち替わり密室で小競り合いをする。
ちょっと中盤はダレてくるが、それでも良く出来ていると思う。
ラストも不思議と軽やかな後味。
投稿者:チャック・イエガー投稿日:2016-02-06 23:23:37
伊藤雄之助と山岡久乃が最高!(笑) 最高の団地クライムサスペンスコメディか(笑)。 川島雄三体験第二弾も最高でした!予想外の話の持ってきかた! これ凄い! 舞台化しても面白いかも!
投稿者:hayate9投稿日:2014-07-05 17:51:36
主演・若尾文子!って予告編でもそうなっているのですが、前田一家を軸にお話しがまわります。(山岡久乃の横顔は荒川静香に似ている)
音楽といいすり足のアップといい能を意識した作り。
悪い人たちばかりで(そうなるには理由があるにせよ)観ていてちょっと疲れました。
投稿者:呑気呆亭投稿日:2013-11-19 11:27:32
カメラは殆ど公団住宅の室内を出ない。その舞台に入れ替わり立ち替わり現れる人物たちは皆一癖ありげな連中である。それに応対する四人の家族もそれに負けず劣らずくせ者揃いである。その群像劇を伴奏する音楽は能狂言のそれ、ということは、演出の川島雄三が目論んだのは公団住宅という近代の入れ物に「狂言」の人物をぶち込んでかき混ぜてみたらどうなるかという実験であったのではなかろうか。その人物像の中で異彩を放つのは男三人を手玉に取る女・若尾文子であって、とうぜん観客は題名の「しとやかな獣」とはこの女だろうと思いこむのだが、エンドマ−クを見ながらふと、待てよ、実はこの「しとやかな獣」とは、親爺も息子も娘も、そしてすべての登場人物たちを物静かに、しばしば粗暴な言葉のやりとりをたしなめつつ手の平の上で操って、何ごともなかったことにしてしまうこの母親、山岡久乃こそではなかったか。この母親の顔に能面のような無表情が現れる場面が二度あった。一度は父親の伊藤雄之助が“二度とあの惨めな生活に戻るものか!”と家族の前で宣言する場面と、ラストの船越英二の公団住宅の屋上から飛び降り自殺する有様を目撃した、そしてそのことを他人の災難として片付けてしまおうと決めた場面であった。チャッカリとルノワ−ルの絵画の真偽を鑑定させておきながら、誰にもそれを漏らさずにいたこの母親こそ「しとやかな獣」なのであった。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:uptail投稿日:2013-11-07 10:27:33
若尾文子
投稿者:william投稿日:2011-03-28 12:28:47
高度経済成長真っ盛りの戦後日本の裏に潜む悪人(悪女)達を、団地の一室だけを舞台にコミカルかつ巧みに描く、ヒッチコックの「裏窓」的名作。
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 23:24:13
若尾文子
投稿者:はまま投稿日:2009-08-15 22:08:41
大スタジオ時代だったからこそ出来た映画では?
そう考えると、大映の遺産は偉大だ。
投稿者:カントト投稿日:2008-12-11 14:03:25
川島の最高傑作であり、日本映画が誇れる作品だ。興行成績は散々だったらしいが・・・ 氏の無念を想う。
投稿者:さち投稿日:2008-11-21 04:23:30
すばらしい
投稿者:sepia投稿日:2008-05-28 20:12:32
こんなブラック・コメディを、よりによってお正月の第1番組に公開する大映のセンスが素晴らしすぎ!
そりゃ不入りも当然でしょう。(決してこの映画の出来が悪い…という意味ではないです)

もう少しで笑い出しそうな表情(ニヤ〜リと笑うんです)をする若尾文子さんの悪女ぶりが忘れられません。
「キスをさせろ。ケツをまくれ…」←このセリフを若尾さんが言います。
冷静に考えると、すごいセリフを看板女優に言わせたものです…。

全編ブラック・コメディタッチかと思いきや、伊藤雄之助の「もう一度あの貧乏な生活に戻りたいのか!」と家族を一喝する、一転シリアスになる場面も忘れられません。

ただ、自衛隊ネタはシラけましたが…。
投稿者:D.Blue投稿日:2008-02-10 10:24:51
初見は随分面白い映画だと思いましたが、出演者たちの怪演振りが、段々うざったく思えてきました。欄窓から覗き見する様なキャメラワーク、若尾文子と高松英郎の独白演出等も受け付けないですね。『女は二度生まれる』の方が、力が抜けた演出で、オフビート感も心地良く、私の好みです。
投稿者:オネエ投稿日:2007-11-16 23:13:11
【ネタバレ注意】

この映画、こすっからい人しか出てこないの。それにグランドホテル形式で場面が動かないから、きっと退屈に思う人も居るかもしれないわね。もう才気が溢れ過ぎちゃってて、一般受けはちょっとムリかなぁ。
でも川島雄三ファンには絶対外せない作品。新藤兼人の脚本も凄いけど、一つ一つのショット、カメラアングル、人物の動かし方、畳み掛けるセリフ、大胆な省略、何もかも凄い。それでいてしつこくない。どこか客観的で冷めているのが川島雄三の魅力かしら。
伊藤雄之助はやっぱり上手い。若尾文子さんもキレイよー。

投稿者:paris1895投稿日:2007-09-05 15:10:56
加藤泰も然り、川島雄三も然り。
彼らこそ日本映画を支え続けた一員である事は疑い様もないのは自明だ。
 では、川島雄三は何故に尚も今こうして燦然と輝き続けれるのだろうか。
弟子の今村昌平の凡才さに比べて、その師匠は辞世の句「別れこそが人生だ」に乗っ取った軽々しさを纏っている…それは映画も本人も。

 「州崎パラダイス 赤信号」の滑稽さと登場人物の身の軽やかな振る舞いを思い出して欲しい。
映画の始まりから、不和が起こる二人は、終局に近づくにつれ、周りの反対を馬耳東風にして自らが嫌ったはずのお互いに結局引き寄せられる事になる上、クライマックスではオープニングと二人に一体どんな変化が起こっていただろうか。

 「しとやかな獣」この一見、舞台で許されそうなこの作品を舞台でやればよろしい、などと言わないで頂きたい。
 挿話の合間に挟まれる幕間とも呼べる行間の、精神世界の映像の見事さ的確さを忘れたとは言わせない。
 無駄の無いそれでいて、舞台劇を舞台劇の様に仕向けなかったキャメラの秀逸さを、見ていなかったとは言えまい。

 我々はこのしとやかな獣を形式主義に乗っ取ることなく、開放感に満ちた実体験として昇華する権利を持っている。
投稿者:よしだ投稿日:2007-08-25 14:17:29
川島雄三監督は、よく「天才」と冠される人だが、常々僕は軽々しく天才という言葉が使われることについて疑問を感じていた。
エジソンもラーメン屋の店長も一緒くたに天才扱いである。
そして、この映画を見たときに、「あ、天才」と気づけば呟いていた。
多分、映画において天才とは、この映画が撮れてしまうような人のことを指すのだと思う。
http://okepi.jp/movie/2007/08/post_33.html
投稿者:Longisland投稿日:2006-09-28 02:00:52
流行作家の二号さんの娘、会社の金を使い込みする息子、女衒ばりの父親、物腰は上品だがしたたかな母親…どうしようもない家族の不思議な生活を、家族の暮らす文化住宅の一室を舞台に描いた傑作。
したたかな家族に感心するが、その家族を上回るしたたか女をあやタン(注:若尾文子)が魅力的に演じている。
ストーリーとアンバランスな雅楽の使い方、当時の文化住宅のセット、真っ赤な夕日、大映の美術も素晴らしい。

投稿者:一里投稿日:2002-11-04 01:19:34
傑作喜劇。悪い事をして働かずになんとか生きようとする元軍人の父と家族達。
団地の一室を舞台にしてラジオドラマのようにセリフの応酬。
団地という空間の閉塞感を感じさせないセット作りに感心。とにかく
伊藤雄之助と山岡久乃の超怠け者夫婦に驚きます。また小沢昭一が実に
インチキ臭くて素晴らしい。
投稿者:こさむ投稿日:2002-10-16 07:36:38
ヒッチコックの『裏窓』を彷佛とさせる、
団地の一室のみにて展開される軽妙なサスペンス。
舞台劇にしても面白そう。

にしても若尾文子さん綺麗ななー。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】しとやかな獣2012/11/16\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】しとやかな獣2005/09/23\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】しとやかな獣レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION