allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

続社長外遊記(1963)

メディア映画
上映時間93分
製作国日本
初公開年月1963/05/29
ジャンルコメディ
社長外遊記<正・続編> [DVD]
参考価格:¥ 8,400
価格:¥ 6,742
USED価格:¥ 5,200
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:松林宗恵
製作:藤本真澄
角田健一郎
脚本:笠原良三
撮影:鈴木斌
美術:村木忍
編集:岩下広一
音楽:神津善行
助監督:錦織正信
出演:森繁久彌風間圭之助
久慈あさみ妻幸子
中真千子長女めぐみ
桜井浩子次女ひろみ
岡田可愛三女はるみ
相原ふさ子四女末子
上原ゆかり五女留子
小林桂樹中村宏
英百合子母みね
加東大介大島源太郎
三木のり平珍田文治郎
フランキー堺ジョージ・沖津
藤山陽子会田春江
一の宮あつ子母君子
草笛光子麻耶子
新珠三千代紀代子
ハヌナ節子キャサリン
河津清三郎水谷
柳家金語楼松本老人
塩沢ときさくら亭の女中
清水由記定子
【解説】
 笠原良三の脚本を松林宗恵が監督した「社長シリーズ」の一編。ハワイで長期ロケが行われた。一月前に公開された「社長外遊記」の続編である。
 ハワイに到着した風間圭之助社長をはじめとする丸急デパート一行は、関係者を集めてさくら亭でパーティーを開催した。圭之助はさくら亭のマダムの紀代子にぞっこん、仕事など後回しになってしまう。用地買収はジョージに託されるが、ジョージは自分の店の看板娘であるキャサリンを口説くのに忙しい。圭之助に催促されようやく買収の話を進めようとするが、目的の土地はすでに売却されていた。しかも土地の購入者はマダムの紀代子であり、東京へ帰ってしまった後だった。紀代子を追って慌てて帰国する圭之助たちだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
へそくり社長(1956)シリーズ第1作
続へそくり社長(1956)シリーズ第2作
はりきり社長(1956)シリーズ第3作
おしゃべり社長(1957)シリーズ第4作
社長三代記(1958)シリーズ第5作
続社長三代記(1958)シリーズ第6作
社長太平記(1959)シリーズ第7作
続・社長太平記(1959)シリーズ第8作
新・三等重役(1959)シリーズ第9作
新・三等重役 旅と女と酒の巻(1960)シリーズ第10作
新・三等重役 当るも八卦の巻(1960)シリーズ第11作
新・三等重役 亭主教育の巻(1960)シリーズ第12作
サラリーマン忠臣蔵(1960)シリーズ第13作
続サラリーマン忠臣蔵(1961)シリーズ第14作
社長道中記(1961)シリーズ第15作
続・社長道中記(1961)シリーズ第16作
サラリーマン清水港(1962)シリーズ第17作
続サラリーマン清水港(1962)シリーズ第18作
社長洋行記(1962)シリーズ第19作
続社長洋行記(1962)シリーズ第20作
社長漫遊記(1963)シリーズ第21作
続社長漫遊記(1963)シリーズ第22作
社長外遊記(1963)シリーズ第23作
続社長外遊記(1963)シリーズ第24作
社長紳士録(1964)シリーズ第25作
続社長紳士録(1964)シリーズ第26作
社長忍法帖(1965)シリーズ第27作
続社長忍法帖(1965)シリーズ第28作
社長行状記(1966)シリーズ第29作
続社長行状記(1966)シリーズ第30作
社長千一夜(1967)シリーズ第31作
続社長千一夜(1967)シリーズ第32作
社長繁盛記(1968)シリーズ第33作
続社長繁盛記(1968)シリーズ第34作
社長えんま帖(1969)シリーズ第35作
続社長えんま帖(1969)シリーズ第36作
社長学ABC(1970)シリーズ第37作
続社長学ABC(1970)シリーズ第38作
昭和ひとけた社長対ふたけた社員(1971)シリーズ第39作
昭和ひとけた社長対ふたけた社員 月月火水木金金(1971)シリーズ第40作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2018-07-09 11:06:33
【ネタバレ注意】

<あらすじ>ハワイ進出を目論む丸急デパートの風間圭之助社長(森繁久彌)、大島源太郎常務(加東大介)、珍田文治営業部長(三木のり平)は、中村宏課長(小林桂樹)が先乗りするホノルルへ。早速日本料理屋「さくら亭」で関係者と宴会を開く。ここで風間はさくら亭のマダム紀代子(新珠三千代)にぞっこん。敷地買収は日系三世のジョージ・沖津(フランキー堺)にまかせ、デートにいそしむが、紀代子が結婚まで考えているとわかってびっくり。一方珍田はフラダンス大会に女装で出場して見事一位になり、ミスコン開催をぶちあげる。大島は干していた褌を拾ってもらった縁で日系の松本老人(柳家金語楼)と親しくなったが、実は目的の土地の持ち主は松本老人で、彼は紀代子に土地を売ったところだった。ところが紀代子は東京に帰ったという…。

社長シリーズ第19作で、正編の後半の舞台ハワイから続編はスタートする。夢の島ハワイ旅行なんて1963年当時は当然高嶺の花で、こうしたロケもサービスのうちだった、のかな?
アラモアナショッピングセンターも登場するが、新珠三千代と森繁が逢引する回転式の展望レストランは、米国初ということで話題になった「La Londe」というお店だとか(今ハワイにあるのは「トップ・オブ・ワイキキ」で別)。
それにしても昔は割り切ったおつきあいというのがこんなに公然と行われていたのかなあ。ミスコン審査でスリーサイズを風間たちが測るというのも今や許されない行為だ(笑)。とはいえ、三木のり平のフラダンス風の滑稽なダンスは相変わらずお見事。
ジョージが店員のキャサリン(ハヌナ節子)をめぐって中村に嫉妬するかと思えば、中村は会田春江(藤山陽子)と無事結婚。ジョージは紀代子と結婚することになって、丸急デパートは目的の土地も獲得…森繁久彌がカメラに向かって言う「ちょっと話が上手く出来過ぎてると思わんかね?」との台詞もごもっとも(笑)。
幸せな時代のコメディ映画の代表格といってもいいだろう。幼い岡田可愛や桜井浩子も娘役で登場する。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】社長外遊記 〈正・続篇〉2010/10/22\8,000amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】続社長外遊記レンタル有り
 【VIDEO】続社長外遊記レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION