allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

月曜日のユカ(1964)

メディア映画
上映時間94分
製作国日本
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月1964/03/04
ジャンル青春/ロマンス/コメディ
日活100周年邦画クラシック GREAT20 月曜日のユカ HDリマスター版 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,750
USED価格:¥ 1,665
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:中平康
企画:水の江滝子
原作:安川実
脚本:斎藤耕一
倉本聰
撮影:山崎善弘
美術:大鶴泰弘
編集:辻井正則
音楽:黛敏郎
助監督:曽我仁彦
出演:加賀まりこユカ
北林谷栄その母
中尾彬
加藤武パパ
波多野憲奇術師
ウィリアム・バッソン船長
ハロルド・S・コンウェイ牧師
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
210 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2016-09-11 12:15:04
元々ヌーヴェルヴァーグは中平監督の「狂った果実」の影響が強いと言われているが、
それを中平監督自身がさらに逆輸入したような、お洒落でポップなフランス映画風作品である。
技巧を凝らした映像も魅力的だが、やはり本作の魅力の8割はもっているであろうユカ(加賀まりこ)の小悪魔な魅力が炸裂した作品でもある。
歯磨きするユカ、タバコを吸うユカ、牛乳を飲むユカ、と、とにかく加賀まりこを堪能できる。

前半は正直ちょっと退屈。しかし後半からはグッと面白くなってくる。
ユカは「男を悦ばせることが生きがい」といって誰とでも寝る、ちょっとパーな不思議ちゃんというイメージ。
根本的に"愛"を勘違いしているユカは、本気で自分のことを愛してくれている男と上手くいかない。
それが畳み掛けるように悲劇を起こしていく。
最後はやはり切ない幕切れ。この後味がまた本作の魅力である。
投稿者:こじか投稿日:2014-11-02 16:40:20
【ネタバレ注意】

作品全体で言えば同監督の狂った果実に圧倒的軍配かなぁ。でも観やすく面白かった。変に可笑しくて笑える箇所も中々、加賀まりこはとても画になる。中平作品のヌーヴェルバーグ風味、後数本は試してみたいな。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-12-01 19:30:23
今観ても魅力的な作品だと思った。
投稿者:半熟卵投稿日:2010-01-01 08:32:33
加賀まりこ
投稿者:ふじこ投稿日:2007-10-26 18:24:44
意外にとってもPOPでフランス映画風な作品で驚きました。
加賀まりこさんがほんとに可愛いです!フランス人形のよう。
いろんな表情が出てくるが、あれもこれも可愛い。

さて・・中尾彬さん。
別人かと思ってしまった。あのスリムな体、声も今とは違うし・・でも目は鋭く全然男前!って思った。
モノクロ映像ってのがまたピシッて締まりますね。

いろんな男性と浮名を流したユカだけど、キスだけは許そうとしなかったんですね。何かそこんとこのこだわり解るような気がする。
誰といてもポッカリ心に穴が開いたような寂しさがあったのかもしれないですね。
投稿者:さち投稿日:2007-05-20 08:50:28
人から愛されない女は女ではない、人を愛さない女もまた、女ではない。
投稿者:ご飯投稿日:2004-11-06 10:18:42
凝った画面つくりで中平康監督の代表作となった作品。ところが、加賀まりこのインタビューによれば、中平監督はこの作品にあまりやる気がなかったといっている。それなのに代表作が生まれてしまう。映画は出来上がるまでどうなるか分からないものだと感じる。またモノクロの場面がクールな印象を与えたりするから、50年代後半から60年代前半のモノクロ映画はそのためにカラー映画では得られない魅力もあった。白黒画面というだけで引き締まった感じになるのだ。それ以前だとやはり古さが前面に出てきてしまう。もちろん面白いものもあるけれど。
投稿者:ASH投稿日:2002-08-24 23:03:46
【ネタバレ注意】

 主演の加賀まりこのコケティッシュで小悪魔的な魅力が炸裂している映画です。ちょっとした仕草や表情、台詞回しが確信的とはいえ驚くほど可愛らしい!パトロンとBFとの間を行ったり来たりする自由奔放な女の子を魅力的に演じている。

 しかし、映画本編はかなり斬新、というか難解な描写が多く正直よく分からないんですね。画面構図が奇抜で、途中にドタバタ・コントのような映像を挿入していたりと、遊び心というにはちょと前衛的。こんな言葉しか思いつかない、ボキャブラリーのなさにイヤんなる。

 加賀まりこ扮するユカも可愛らしいが何だかよく分からない性格の女の子だ。そんなユカに振り回されるBF役の若き日の中尾彬はまるで別人(今よりずっとスリム)。しかし、加藤武って変わんねぇなぁ。昔っからオッサン。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】月曜日のユカ HDリマスター版2011/10/04\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】月曜日のユカ2002/11/22\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】月曜日のユカレンタル有り
 【VIDEO】月曜日のユカレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION