allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

二匹の牝犬(1964)

メディア映画
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月1964/03/12
ジャンルドラマ

【解説】
 渡辺祐介が下飯坂菊馬とともに書いた脚本を映画化。渡辺宙明が音楽を担当した。
 朝子は売春婦からトルコ嬢に転身し、人気ナンバーワンの座を勝ち取っていた。さらに稼いだ金で株を買い、300万円ためたらトルコ嬢から足を洗おうと考えていた。朝子は自分を担当する証券マンの関根に心惹かれており、彼との結婚を夢見ていた。ある日、朝子のアパートに異母妹の夏子が現れた。父親が女を作ったので家にいられなくなったらしい。朝子は夏子を置いてやることにするが、夏子はあっさり売春婦になってしまった。しかも朝子の留守中、夏子は関根と関係を持ってしまう。持っていた株が暴落したため、朝子は金も男も夢も一度に失ってしまった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION