allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ああ爆弾(1964)

メディア映画
上映時間95分
製作国日本
初公開年月1964/04/18
ジャンルアクション/サスペンス
ああ爆弾 【東宝DVDシネマファンクラブ】
USED価格:¥ 13,851
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:岡本喜八
製作:田中友幸
原作:コーネル・ウールリッチ
「万年筆」
脚本:岡本喜八
撮影:宇野晋作
美術:阿久根厳
編集:黒岩義民
音楽:佐藤勝
出演:伊藤雄之助大名大作
高橋正大名健作
越路吹雪大名梅子
砂塚秀夫田ノ上太郎
中谷一郎矢車弥三郎
沢村いき雄椎野武三
本間文子椎野松子
重山規子ミナコ(大名の元二号)
北あけみカスミ(矢車の二号)
天本英世乾分テツ
有島一郎銀行支店長
二瓶正也社員竜見
長谷川弘ギャングA
鈴木和夫ギャングB
桜井浩子銀行秘書
小川安三銀行守衛
丘明美銀行窓口嬢
馬野都留子小使いのおばさん
古田雅俊その息子三太
権藤幸彦警官A
伊原徳警官B
堤康久庄屋の職人
浦山珠美映画館のモギリ
三浦敏男映画館の若い衆A
大前亘映画館の若い衆B
鈴木治夫洋服屋
細川隆一文房具屋
草川直也医者
林幹太った市会議員
加藤茂雄声をかける男
当銀長太郎記者
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
214 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2014-05-17 12:17:30
コーネル・ウールリッチの原作なので見ましたが、これほど変わった映画だとは思いませんでした。サスペンスをコメディ仕立てにしていて伊藤雄之助の怪演もありますが、能や歌舞伎など日本の古典芸能をバックにしているのが面白く、まさに和製ミュージカルと言える映画です。
黒澤明の映画の題名にもなっている歌舞伎の地唄「虎の尾を踏む男達」が出てくるかと思えば、「松原とーちゃん、きーゆるかーちゃん」と唱歌「海」の替え歌まででてくるのには驚きました。ウールリッチは、この時期まだ存命中だとは言え日本映画なので見ていないと思いますが、内容を知ったら、さぞ苦笑しただろうと思います。
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-10-13 01:17:41
親分、顔が面白すぎです。あと最後のゴルフボールとかも好き。www.seisakuiinkai.com
投稿者:クリモフ投稿日:2011-11-08 02:26:23
実験的といえば実験的なんでしょうが、編集のキレがよいため、なんじゃこりゃという風になる前に映画が進んでいきます。しょっぱなから普通の映画じゃないという導入を経てタイトルバックが出るところのかっこよさは素晴らしい。
その後も伊藤雄之助の怪演が作品の妙さと相まってまことに痛快。ヤクザの服役中にすっかり様変わりしたまわりとのギャップふりまわされるされ、演出の方も大胆にギャップを強調いていくのも楽さがあふれています。いよいよ万年筆爆弾が完成で試しにふっ飛ばしたマネキンのカットのこれまたかっこいいこと。
しかし、ここが最高潮。メインの万年筆パートになると、徐々に失速してゆき、ごちゃごちゃにした前半をまとめようとするために、かえってほころびが気になるといった印象。伊藤雄之助の出番が減ったのも残念です。
タイトルから大怪作を期待してたんで、小さくまとまっていると感じてしまいました。整合性なんか無視して投げても良かったと思うんだけどなぁ。個人的には楽しめたものの、やや尻すぼみでありました。
投稿者:QUNIO投稿日:2010-08-29 13:50:47
昔の邦画は前衛的でもちゃんと面白いエンターテイメントとして成立していたが、この映画の場合は破綻寸前なのをどうにか纏め上げるだけでいっぱいいっぱいという感じだね。岡本喜八の野心作であり失敗作。初期の『暗黒街』シリーズの番外編ですね。う〜ん、この演出リズムの野暮ったさは喜八さんが好きな僕でも辛いものがありますね・・・・。
投稿者:こじか投稿日:2010-03-01 03:12:53
岡本喜八の映画を見るたび、日本人でよかったと思う。海外の方にも伝わる監督だと思うけど、同じ日本人だからこそ言葉や文化の物珍しさではなく純粋に「映画としての完成度の高さ」に"うなる"事ができる。
なんでもコイの音楽使い、最強のリズム映画!

21世紀の日本では、もう感覚的にも作ることができないのでしょうか。
喜八監督不在がひたすらさびしい。
投稿者:松竹錠投稿日:2005-07-31 08:39:47
こんな実験的な怪作が全国の東宝の劇場で上映されたとは!(しかも併映は『砂の女』!)
岡本喜八の腕以上に、配給した東宝の太っ腹(無定見?)ぶりに感動した。
映画も相当変だが、伊藤雄之助もおそらく出演作中で最もストレンジな演技を披露。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-05-28 23:11:34
ウンコネタ、基本的に好きなんで。
岡本監督は、往復ビンタ好きですよね…。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ああ爆弾 <期間限定プライス版>2014/11/19\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】岡本喜八 MODERNS 狂騒編6枚組DVD-BOX2006/02/24\20,000amazon.co.jpへ
 【DVD】ああ爆弾2006/02/24\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ああ爆弾レンタル有り
 【VIDEO】ああ爆弾レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION