allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

旅立ちの時(1988)

RUNNING ON EMPTY

メディア映画
上映時間116分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1988/10/01
ジャンルドラマ
旅立ちの時 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 1,388
USED価格:¥ 2,774
amazon.co.jpへ

 Photos
旅立ちの時旅立ちの時

【解説】
 指名手配中の両親を持つ少年が、やがて親の手を離れ自立するまでの姿を描いたヒューマン・ドラマ。60年代の反戦運動でテロリストとしてFBIに指名手配された両親と共に、名を変え各地を転々と逃亡生活を送る少年ダニー。彼がニュージャージーにやって来た時、その地で音楽教師をするフィリップスに才能を認められ、またその娘ローナと恋に落ちる。そんな折、両親を訪ねてきたかつての同志が銀行強盗で逮捕される……。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
873 9.12
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-10-01 23:47:41
【ネタバレ注意】

シドニー・ルメットの思想の一端が垣間見える社会派作品。ボブ・ディランの"風に吹かれて(Blowin' in the Wind)"を思わず口ずさんじゃった。

少年から大人への脱皮。この時期のリヴァーや『リバー・ランズ・スルー・イット』の頃のブラッド・ピットはやっぱ最強。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2015-09-19 05:45:28
「戦争反対!」でテロ行為をしたら、戦場の兵士と同じように周りの人を傷付ける。最後まで観た日に偶然あの法案が成立してたのね。隊員さんが一番心配。
投稿者:ハッピーm投稿日:2009-04-22 22:10:31
【ネタバレ注意】

社会から存在を拒否される家族と、年頃の息子。   旅立ちはもちろん息子が逃亡生活から、親から、真っ当な生活への旅立ちでもあるが、何よりもこれほどまで頑固で強い意思のある父の旅立ちでもあったのだと思う。   年頃の男の子が事態を飲み込み、普通の生活に憧れ、人を好きになりどんどん成長して心に葛藤を覚える姿はとても丁寧に描かれていたが、学生運動やデモに参加することの無いこの時代だと、テーマがちょっと受け入れにくい気がする。

投稿者:inres9投稿日:2009-02-12 01:16:51
「ザ・シネマ」チャンネルで「イケメン俳優特集」なんてのをやってた。生きていればR・フェニックスも入っていただろうに、と思うと切なくなって、久しぶりに Running on Empty のDVDを引っ張り出して観てしまった。やっぱりいい。
投稿者:ショーンファン投稿日:2008-10-24 03:53:04
自分も18歳なのでよくわかる。
訳も分からずブルーになったり、突然はしゃぎたくなったり。
ほんとう、大変なものである。
10代で悩むほど成功すると思う。
才能のある人間は、それを反対する親を選んで生まれるものだと思う。
事実自分もそうだから。

このリバーフェニックスという俳優は、とても劇的な人生だったみたいだね。
突然倒れて急死って・・・・。
やはり、才気あふれる人は早死にするものだなぁ・・・。
それがこの世の常だね。
投稿者:asama投稿日:2006-08-08 00:18:30
逃亡中の過激派夫婦と二人の息子の逃走ドラマ。過去の罪を背負って逃げる親たちと,今を生きようとする音楽的才能に恵まれた長男の青春像が緊張感を持って描かれる。若さゆえの過ちに捕らわれて今を逃げ生きる中年夫婦と,新しい時代に未来を志向する息子の関係と別離。R・フェニックスが音楽室でいきなり引き出すベートーベンの『悲愴』(途中からジャズ風にアレンジ!)第二楽章が印象的。
投稿者:william投稿日:2005-02-23 06:42:50
ラストシーンが何とも爽やか。リバー主演にふさわしい佳作。
投稿者:さち投稿日:2004-11-24 04:06:05
まず脚本が面白い。
投稿者:ふじこ投稿日:2003-12-19 15:15:44
大人になってくって大変だけど、リバーがうまく演じてたね。あんな両親のもとで子供たちはつらいなーって思ってたけど、お父さん、わかってくれてよかった。マーサとリバーも昔付き合ってたね。あぁ青春。
投稿者:pinkberry投稿日:2003-08-29 00:33:33
わたしも、あのエンディングが大好きです。
お父さんがリバーにバイクを下ろせ、という場面ね。
あれが旅立ちの時だったのかな、って思います。
でも、原題の、ランニング・オン・エンプティでも
この明日をも知れない内容の映画には相応しいものだと思う。
ラストの曲はジェームズ・テイラーの「FIRE AND RAIN」です。
70年代前半にヒットした歌のようです。
映画の途中、お母さんのバースディのダンスシーンにも流れているね。

投稿者:トレマー図投稿日:2003-04-17 00:20:43
家族の誕生日の決まりごとが素敵。
投稿者:ポクスンア投稿日:2002-08-10 00:59:23
息子の青春に照射される元反戦活動家の親の青春がちょっと痛々しい。
人生を賭けてしまった理想を実現することはもちろん、放棄することもできずに、
逃げ続けるだけだなんて。
一方息子は今まさに可能性に賭けて旅立つ瞬間なんだから。
投稿者:natural投稿日:2002-04-10 11:35:16
私もずいぶん前にこの映画を観てすっごく感動しました。
エンディングの曲がとても気に入って、ビデオで流しながら録音したほどです。
この曲のタイトルをずっと調べているのですが、未だ分かりません。
ご存じでしたら、ぜひ教えていただきたいのですが・・・。
投稿者:のこ投稿日:2001-05-04 00:16:29
 中学の時にみて、ものすごく泣いた覚えがあります。
親から旅立つということの意味を教えてくれたようなきがします。
大人になった今、もう一度見てみようかな・・
投稿者:inres投稿日:2001-03-07 23:05:07
リヴァー・フェニックス、けっこう好きだったんだよね。
スタンド・バイ・ミーもよかったけど、これもいい。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演男優賞リヴァー・フェニックス 
 □ 脚本賞ナオミ・フォナー 
■ 女優賞クリスティーン・ラーチ 
□ 作品賞(ドラマ) 
 □ 女優賞(ドラマ)クリスティーン・ラーチ 
 □ 助演男優賞リヴァー・フェニックス 
 □ 監督賞シドニー・ルメット 
 ■ 脚本賞ナオミ・フォナー 
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】旅立ちの時レンタル有り
 【VIDEO】旅立ちの時レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION