allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ガリバーの宇宙旅行(1965)

メディア映画 Anime
製作国日本
初公開年月1965/03/20
ガリバーの宇宙旅行 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,421
USED価格:¥ 4,954
amazon.co.jpへ

【クレジット】
演出:黒田昌郎
監修:山本早苗
藪下泰司
製作:大川博
企画:小野沢寛
旗野義文
脚本:関沢新一
撮影:篠崎文男
林昭夫
特殊効果:山本千秋
美術:横井三郎
児玉喬夫
「地球の歌」
編集:稲葉郁三
音楽:富田勲
主題歌作曲:富田勲
主題歌作詞:関沢新一
歌:西六郷少年合唱団
ダニー飯田とパラダイスキング
原画監督:古沢日出夫
出演:坂本九テッド少年
本間千代子紫の星の王女
宮口精二ガリバー博士
堀絢子ノラ犬マック
小沢昭一人形の大佐
大泉滉紫の星の王様
ダニー飯田とパラダイスキング紫の星の科学者たち
今西正男青い星のロボット
伊藤牧子島のクロー
【解説】
 東映動画が手がけた初のSF長編アニメーションだが、内容的にはファンタジー仕立ての作品。極端に抽象化されたロボットなど、幻想的で独特な雰囲気に仕上がっている。主人公テッド少年の声と挿入歌を当時の人気歌手“坂本九”が担当。森に迷い込んだ少年テッドは偶然、そこに住む年老いた冒険家ガリバーに出会い、宇宙の彼方にある青い希望の星を目指して宇宙旅行に出かけることになる。困難の末、青い星まであともう少しというところで、一行はひとつ手前の紫の星に強制着陸させられてしまう。ロボットのような奇妙ないでたちの紫の星の住人たち。彼らが言うには“青い星”はロボットたちに占領され、自分たちはこの星に逃げてきたというのだ。その後、青い星のロボットが攻めてきて、紫の星の王女をさらっていってしまう。テッドとガリバーは力を合わせ、ロボットに立ち向かうのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:4531731投稿日:2002-11-09 07:26:30
 ロボットの惑星の美術がシュールでイカしてるし、悪ロボット軍団との対決がまた悪夢的で最高。美術を担当した人たちセンスあるね。物語自体は子供向けだけど大好き。あの夢オチのラストがいつ見てもせつない。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ガリバーの宇宙旅行2017/03/08\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ガリバーの宇宙旅行2008/07/01\3,000amazon.co.jpへ
 【DVD】ガリバーの宇宙旅行2003/01/21\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ガリバーの宇宙旅行レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION