allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

姿三四郎(1965)

メディア映画
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1965/05/29

【解説】
 黒澤明監督作品「姿三四郎」「続姿三四郎」をまとめてリメイクした作品。黒澤自身が製作と再脚色を行い「道場破り」の内川清一郎が監督した。音楽は「霧の旗」の佐藤勝。主演の加山雄三をはじめ三船敏郎、山崎努、加東大介、志村喬など黒澤映画の常連たちが総出演している。
 明治十五年、姿三四郎が柔術家の門馬三郎に弟子入りする。門馬一派は、古来からの柔術でなく柔道を日本に広めようとする修道館の矢野正五郎を敵視していた。闇討ちに同行させられた三四郎は、矢野のすさまじい強さに魅せられ弟子入りすることに。初心に返った三四郎は厳しい練習に打ち込み、試合相手として再会した門馬を必殺技「山嵐」で死に至らしめてしまう。続いて警視庁の武術大会で村井半助と勝負することになるが、三四郎はまたも対戦相手を殺してしまうのではないかと思いをめぐらせてしまい…。
<allcinema>
【関連作品】
姿三四郎(1943)オリジナル
續姿三四郎(1945)オリジナル
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION