allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

007は二度死ぬ(1967)

YOU ONLY LIVE TWICE

メディア映画
上映時間117分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1967/06/17
リバイバル→UA-76.6
ジャンルアクション/サスペンス
映倫G
ボンドシリーズ最高の迫力と興奮!
地下300メートルの大要塞爆破から大宇宙のロケット戦へ--(リバイバル時)
007 ブルーレイコレクション (24枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 21,384
価格:¥ 16,044
USED価格:¥ 17,107
amazon.co.jpへ

【解説】
 米ソの宇宙ロケットが、次々と行方不明になるという事件が発生した。事件の背後にスペクターの影を見いだした英国情報部は、真相究明のため、ジェームズ・ボンドを日本に派遣する。日本の情報部局長、タナカの助けを得て、ボンドはスペクターの秘密基地に潜入するが……。ボンドの宿敵、ブロフェルドをD・プレザンスが演じたシリーズ第5作。大掛かりな日本ロケと、宇宙にまで舞台を広げたストーリーのミス・マッチが何ともユニーク。一部では007の“裏ベスト1”とも言われている。ナンシー・シナトラの歌う主題歌と、蛇の目傘がバックに映るタイトルバックもチグハグだが、印象深い。
<allcinema>
評価
【関連作品】
007/ドクター・ノオ(1962)シリーズ第1作
007/ロシアより愛をこめて(1963)シリーズ第2作
007/ゴールドフィンガー(1964)シリーズ第3作
007/サンダーボール作戦(1965)シリーズ第4作
007は二度死ぬ(1967)シリーズ第5作
女王陛下の007(1969)シリーズ第6作
007/ダイヤモンドは永遠に(1971)シリーズ第7作
007/死ぬのは奴らだ(1973)シリーズ第8作
007/黄金銃を持つ男(1974)シリーズ第9作
007/私を愛したスパイ(1977)シリーズ第10作
007/ムーンレイカー(1979)シリーズ第11作
007/ユア・アイズ・オンリー(1981)シリーズ第12作
007/オクトパシー(1983)シリーズ第13作
007/美しき獲物たち(1985)シリーズ第14作
007/リビング・デイライツ(1987)シリーズ第15作
007/消されたライセンス(1989)シリーズ第16作
007/ゴールデンアイ(1995)シリーズ第17作
007/トゥモロー・ネバー・ダイ(1997)シリーズ第18作
007/ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999)シリーズ第19作
007/ダイ・アナザー・デイ(2002)シリーズ第20作
007/カジノ・ロワイヤル(2006)シリーズ第21作
007/慰めの報酬(2008)シリーズ第22作
007 スカイフォール(2012)シリーズ第23作
007 スペクター(2015)シリーズ第24作
007/カジノ・ロワイヤル(1967)
ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983)
007/ジェームズ・ボンド・ストーリー(1999)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
323 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-10-21 21:28:58
香港で女性の裏切りによりボンドが銃殺される。
またたく間にニュースが出回るが実はボンドは生きていた。
米ソの宇宙船が謎の飛行物体に捉えられそれが日本から飛び立っているとの情報を得た為、ボンドが日本へ赴く。
そこではタイガー田中とアキが居てボンドの世話役となるが、やはりスペクタ
ーが絡んでいた・・・。

ボンド映画第弾で何と日本ロケを敢行していて、丹波哲郎が出演して見事に脇を締めている。
英国から見た日本というのがやはり忍者とかそちら系なのが面白く、相撲を見るボンドの姿も映し出されている。
ボンドガールの浜美枝やその最後に唖然とさせられる若林明子も良い演技をしていてボンド映画史に名前が残るのが嬉しい。
セットも豪華でMやマネーペニー、ましてはQが日本にやって来てボンドとの掛け合いを見せてくれる。
ビデオはワーナー・ホーム・ビデオとレンタルLDからワイド版でリリース、DVDも発売されるがモノラル収録だった。
究極DVDが発売され広大なシネスコとdtsが臨場感を出していて眼を離せない。

原作「007は二度死ぬ」(イアン・フレミング・ハヤカワ文庫・評価2)は何と解雇寸前で使い者にならないボンドにMが最後のチャンスを与える為に日本へ送り込んだ・・・とある為、映画を見た人は是非一読を!
投稿者:dadada投稿日:2017-05-25 15:37:16
このシリーズ、全作を観ていたつもりだったが、いやいやコレは全編キッチリ観てなかったわ。
昔は、シリーズ新作が公開されるたびに、過去作の名場面なども見せるプロモーション特番が放送されていたので、そんなこんなもあってか観た気になってたわ。
ホントに何気に観始めて、ひっくり返った。バカ受け!コレを初見で観る喜びを今になって味わってしまった。
詳細は他の方がたっぷりと書いてみえるので今更書くまでもないんだけど、洋画の数あるトンデモ日本描写の中でも超ド級のトップクラス。
世界公開レベルの大作で、日本がこんな風に描かれて、当時の日本人は光栄だったろうなぁ!?
ホントに今更だけど、未見のモノ好きの方々にはお薦めです。
投稿者:sachi823投稿日:2013-11-25 20:28:18
ボンドが計略ながら結婚した作品としても知られています。
日本人と日本の描き方は本当に無茶苦茶ですが、
ゲイシャやスモウレスラーも登場し、サービス満点で
逆にそれが面白いです。
この描き方の面白さは「ラストサムライ」などにも
受け継がれていると思います。
忍者も登場する最後のクライマックスまで
作品としては面白いと思います。
投稿者:ジェームス投稿日:2013-10-26 21:45:36
日本人だけにしか分からない楽しみがあるボンドムービー。この頃からストーリーより見せ場を重視する内容になってきた。次回作は例外ですけどね。
投稿者:ダイナマイト・ギャル投稿日:2013-03-11 04:38:01
【ネタバレ注意】

やりすぎ限界映画 ☆☆☆☆★★★ [95]


■第2稿 2013年4月12日 版

[シリーズ第5作目]

冷戦の宇宙開発競争を背景に米ソ開戦の危機をジェームズ・ボンドが救う。壮大なスケールの物語だが、日本の子供番組レベルの美術が極限のマイナス方向に爆発する。

『007 ゴールドフィンガー』 から増え続ける女性エキストラ達を見て、『007』 シリーズの本質が、アンディ・シダリス監督の 『ピカソ・トリガー』 シリーズと大差がないことを実感した。逆にシダリス監督の 『ピカソ・トリガー』 は、この頃の 『007』 から大きな影響を受けていたのかもしれない。

[外国から見た日本]

外国映画に登場する日本はかなり危険な解釈が多い。日本の誤解に厳しい批判をする人もいるが、僕は誤解されることがあまり嫌いではない。ちやほやされるのが好きな性格の僕は、誤解されても 「日本を描きたい」 と思ってくれた気持ちがうれしい。魅力がなければ人間は描きたいと思わないからだ。僕は 『007は二度死ぬ』 の日本をイメージしたオープニング・タイトルがかなり好きだ。

[ヤバい]

だが実際は日本人の僕が見て 「ヤバい」 と思うことの方が本当は多い。誤解された日本を見て 「ヤバい」 と実感するのは 「外国人にどう思われているか」 ということ。これは逆に笑って見るのが僕は好きだ。「見る価値がないほどナンセンス」 と思うか、「滅多に見れないほど貴重な極限の際物」 と思うか意見は分かれるだろう。僕は間違いなく後者の意見だ。『007は二度死ぬ』 は映画史に刻まれる貴重な映像をこの世に残した。偉業を成し遂げた。

[現代の視点でありえないもの]

■洗練されたお風呂

温泉のような大浴場で下着姿の女達がボンドの背中を流す。何が見せたいのか理解できないが、これが外国人がイメージした 「日本のお風呂」 かもしれない。

■神前式

スペクターの基地に潜入するため、「日本人になる」 という理解できない理由で結婚するボンド。和服を着た日本の結婚式が行われる。ボンドの三三九度は限界だ。こんな貴重な映像は二度と見れないだろう。2、3滴漏らしてしまった。

■漁師

結婚したボンドが漁師になる。麦わら帽子で手拭いを首に巻くボンド。歴史に残る衝撃映像だ。この説明しがたい異様な違和感をぜひ体感してほしい。漁師になったショーン・コネリーを見て僕は4、5滴漏らしてしまった。

■忍者

『ラスト サムライ』 や 『バットマン ビギンズ』 にも忍者が登場する。“忍者” が出てくる外国映画は後を絶たない。外国人にとって “日本の脅威ベスト10” に入るような恐れ方だ。だが信憑性に欠ける忍者が、なぜここまで脅威の存在に見えるのかは理解できない。

「現代版の忍者」 の訓練を受けたボンドが火口の秘密基地に潜入する。全身タイツのような灰色の忍者スーツが凄まじい。ショーン・コネリーの “全身タイツ姿” で僕は完全に漏らしてしまった。こんなバカな恰好はショーン・コネリーの映画人生で最初で最後の不祥事だろう。この貴重な映像が消えずに残っていることに、映画の偉大さを改めて実感した。

[浜美枝=ザ・ボンバー・ダイナマイト]


※つづきはアメブロで!http://ameblo.jp/rocky-balboa-1976/entry-11479426980.html

投稿者:Ikeda投稿日:2012-10-24 11:57:51
007シリーズはあまり見ていませんが、この作品は進行があまりにもご都合主義で、いい加減なので見ていて馬鹿馬鹿しくなりました。日本を舞台にした映画が多くある中でも、かなり誇張されているので、どこか他の国で起こっている話のような感じさえしました。ただ、声が吹き替えの丹波哲郎の他、若林映子や浜美枝など日本人が出演しているのには興味が持てました。なお、秘密基地となる火口湖は霧島の新燃岳を写しているようですが、ここは現在でも立ち入り禁止になっているのは残念です。
投稿者:遊乃舞寧夢投稿日:2012-01-20 09:40:41
【ネタバレ注意】

数年前に、007全制覇を目指しました(最近作含め完遂!)。
ある知人は「それ、なんの罰ゲームですか?」と、のたもうた・・・。

確かに今見ると、なんであんなにこれでワクワクできたんだろう?
と思わなくもないのですが、DVDはほとんど全作、充実したメイキングがついていて、
プロデューサーはじめ、作り手たちの「あらゆる手を尽くして、観客を楽しませよう!」
という努力の結晶がこのシリーズだったことを知り、そちらで感動しましたし、すごく勉強になりました。

で、この日本が舞台の「007は二度死ぬ」ですが、いやぁ楽しかった!!
まずは、ジェームズ・ボンド、どうやって日本に上陸するか・・・

泳いで!!

潜水艦の魚雷発射口からボーン!!で、後は泳いでやってきます。
なんでわざわざ!?と言うなかれ(笑)。ご苦労さまです。

で、日本に上陸したジェームズ・ボンドは最初にどこへ行くか・・・

蔵前国技館!!なぜかいきなりスモウ見物。
せっかく日本に来たんですものね。ウェルカムトゥ・JAPAN!
と、超おバカパロディのオースティンパワーズに負けてません。
しかもショーン・コネリーが真顔でやってます。

で、平和な東京のど真中で銃撃戦はあるし、姫路城(だったと思う)は
”ニンジャ”のトレーニングセンターだし、阿蘇火口の下は悪の組織のロケット基地?だし、
ほとんどアラレちゃんの世界で楽しかったです。

もちろん、我等が丹波さんも大活躍でしたが、ショーン・コネリーや
秘密兵器のQさんと並ぶと小さく見えて、やっぱり外人さんて大きいんだなぁ、
という感想です(他にないのかい!)

ボンドお決まりのアルコール薀蓄も、ちゃんと日本酒(SAKE)について、
熱燗がどうのこうのと語っていて可笑しかった。

このシリーズ、毎回、どこかの国をロケ地に選んで観光的なお楽しみも
あるわけですが、他の国の場合もこのくらいデフォルメ?した紹介のし方
されてるんでしょうね。スペインといえば闘牛!みたいな。
そうしたお国への貧しい思い込みをを改めなさい!という深いメッセージが
・・・あるわけないか。

ナンシー・シナトラのオープニング曲、素敵です。
これに限らず、このシリーズはオープニングのタイトルに非常に拘って
起用歌手も毎回豪華なのもお楽しみのひとつですね。

投稿者:toy of sei投稿日:2011-10-13 20:23:02
あなたは、Shall We ダンス?(1996)のTK(昭和40年5月10日生)派?タイタニック(1997)のKW(昭和50年10月5日生)派?
11月22日発売の某週刊誌に歯周病の記事が出てたけど、僕の歯茎がかなりヤバイことがわかるのかな?原因はソーダ水?ガス?それ以外?
食べ物がちゃんと噛めない状態なんだ。ヘルプ!
「ラッキーセブン」と「運命の人」が少し気になってる今日このごろ。
12月30日朝、賃りているマンションの玄関のガラスが破壊されていることに気づいたが、何が原因か?
飲んだ酒の名前?まだ狙われているようだね。死ぬまで続くんだよ、ってか?
消費税変更の方向!本当は淋しいんじゃないですか?いやいや、やっと解放された!
醜いから担がれて消費されるのか?担がれると消費されて醜くなるのか?
ネガティヴヒーロー&ヒロインだとみんなが納得する?
卒業年、入社年、年齢差、学年差、国道…いろんな意味があるような気がする。一回決まっちゃうと修正するのが大変なんだ。騒ぐしかない。
カク・チク・シン・ミヤ・リュウ・ブチなどから直接話を聞きたかったと思う今日このごろ。残念!
うわべの優しさではない。おちょくられたら時には牙をむけってことなんだ。
こうなると女性の幹部が誰になるか俄然注目だ。そのうち女性だらけになるかもしれないな。
15%への引き上げを=消費税でIMF幹部。そう願うよ。5や10を牽引役にせずに直接中央突破を!
普天間固定化回避の方向?最大の悩みは飲食物が狙われるってことなんだ。ミルク、タバコ、酒、コーヒーなど。下痢、歯茎痛…また最近夜中に覚醒するようになったよ。
バイキング形式でも狙われるのかな?ちょっとショック。
連日の超早朝覚醒。原因は酒?水?氷?それ以外?
2002年10月ごろから2005年ごろにかけて精神病院への通院をしつこく促されたことを思い出したよ。絶望と恐怖でパニくってたよ。
投稿者:Kircheis投稿日:2011-06-08 23:56:37
【ネタバレ注意】

ヘリでのバトルや若林映子(浜美枝よりこっちが好き)の活躍など観てて楽しいポイントもいくつかあるんだけど全体的には失笑してしまうシーンが多い。

国技館でボンドと日本諜報部員との橋渡しをする佐田の山関。
何故か捕えたボンドをすぐに殺さず、エッチして取り逃がすアホなナンバー11。
日本人になってもらうと言われ、カツラを身に着け、必死にトレーニングするボンド。
寝返りうたれたらあっさり失敗しそうな適当な毒殺作戦。そしてそれを運悪くくらう哀れなアキ。
全然秘密にできそうにない大がかりな秘密基地。
忍者コスプレかと思ったらただの全身タイツなボンド&タイガー、及び特殊部隊。
そしてタイツ軍団に混じって一人だけビキニで頑張る浜美枝。
前作の眼帯ナンバー2とキャラが被る、ナンバー1ことブロフェルド。
さらに前作のサメと被るピラニアを使った処刑(ピラニアは人を食べません!)。
そしてさらに前作と完全に被るエンディング。

まぁ色々と突っ込みどころ満載だけど、それでもなかなか楽しめてしまう不思議な作品。

投稿者:ジーナ投稿日:2010-04-06 01:49:28
シリーズ5作目となると、有り得なさ&ツッコミどころ満載の、ある意味007らしい作品になりましたね(笑)
一人専用ヘリコプターやタバコ何とかと言ったスパイアイテムも滑稽で笑えました。
日本が舞台という事で間違った日本像も盛りだくさん。
でも全くイラッとせず、忍者とか絶対無理のある日本人風ボンドとか秘密基地とか専用電車や街中での発砲を微笑ましく観れました。
そんなとんでもない日本描写ばかりの中で、ボンドカーがトヨタだったのは嬉しかったですね。

浜美枝さんの若々しく瑞々しい均整のとれた身体はイイ感じですね。
欧米人にはない美しさで、まばゆいほどに輝いていました。
もう一人のボンドガールとも言える若林映子さんの優美さも印象的でした。
丹波さんも面白みがありつつ風情もあって魅力的でしたね。
ショーン・コネリーにも負けない威厳と風格でキャラに重みを与えられていたと思います。

オープニングは好みじゃなかったけど、(日本と言うよりも)東洋風のセットや主題歌は良かったと思います。

ストーリーや映像だけでなく地理的な設定ですら現実無視の作品ですが、問題なく受け入れられる、、むしろ間違いだらけが面白い作品に仕上がっていると思います(笑)
不要なシーンをカットして、もう少しテンポアップさせればインパクトだけではない007になったかもしれませんね。

007シリーズで私が何よりも楽しみにしている各国のロケーションの美しさ・・・日本が舞台のこの作品ではそれがイマイチだったのが何とも皮肉でした。
投稿者:なちら投稿日:2008-12-22 13:29:02
ボ、ボンドが麦わら帽子に日本手ぬぐい…。やーめーてー!
忍者の訓練を受けたり、わざわざ嫁を貰わなくても、漁村に潜入くらいできるからー。
忍者になるなら、せめて誰もが思い浮かぶスタンダードな忍者コスチュームにしてよ〜。
何なんだよ、あの灰色全身タイツ。カッコ良さゼロじゃん。面白すぎるだろ。
今回はボンドよりタイガーが素敵だったよ。

あとね、猫飼いから見れば立派な準レギュラーであるブロフェルド猫が、
爆破音に半端無く怯えていたのが気の毒だがちょっとウケた。
投稿者:NYY投稿日:2008-09-14 12:58:59
【ネタバレ注意】

ブリキのロケットみたいのが小さいロケットを食べちゃったり、
全体的におバカで、一部に国辱的なとこもあって痛い作品なんだ
けど、面白かった気もするな〜。
ヘリの撃ち合いなんかは、意外と盛り上がったし。
 
ん? タイガー田中?
             (・∀・)
カッコイイ名前!  
感動した。
 
貨物船ニンポー? そっちはイマイチだな。
センス無いなあ〜、まったく。
 
なんか楽しそうな漁村ですな。
あんな凄い基地を作った時に、島の人は気付かなかったのかな?
 
そーですか、忍者軍団は公安の最高機密でしたか。
知らなかった〜。
ま、最高機密なら、ボクが知ってる訳ないかw。
最高機密が、次々にロープで降りてくるのはカッコ良かった。
 
ショーン・コネリーもさ、日本人になったのなら、天井裏に忍び
込んだ敵は、床の間の槍で「ナニ奴?」って突っつかないとね〜。
 

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-06-07 04:51:27
【ネタバレ注意】

普通に旅客機を使わずに原潜から飛ばされたボンドが海岸から「来日」。なぜ?そうか、今度のボンドは忍者だったんだ(苦笑)。
アクションシーンはクライマックスよりヘリ同士の空中戦の方がいいという困った作品。あと浜美枝が嬉しい事に後半ずっとビキニ姿。佐田の山のみ台詞があって大鵬が遠方にのみ映ってたのは不可解。タイガー田中の仕事場が丸の内線電車でカモフラージュされてたのにも笑った。

投稿者:いの投稿日:2007-06-10 00:52:38
007シリーズの中で唯一、フレディ・ヤングが撮影を担当している作品。
(デヴィッド・リーン監督の作品「アラビアのロレンス」、「ドクトル・ジバゴ」、「ライアンの娘」でアカデミー撮影賞を受賞した名カメラマン。)

海にくっきりと浮かびあがる島や、朝焼けに照らされる影絵のような小船など、
その美しい映像は一見の価値あり。
3度のアカデミー賞はダテじゃない。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-09-28 01:14:11
勿論、名作とは言い難いかも。
が、人間が適当な僕には“日本”に違和感は無し。
ってか、化学会社の社長はサムライですか?〜スポーツカーをぶっ飛ばし、ボンドを案内する(そして仲良くなる)若林映子はゲイシャですか?〜浜美枝は…海女か…現在においても行く所へ行けば、サムライもゲイシャもニンジャも存在している様な気がするが…(しかし何で相撲が駄目なのさ?)

結構な迫力のアクション、爆破…そして空中戦。
まぁスペクターって存在が、そもそもファンタジーなんだよ。
宇宙船か〜超特大地下基地ね〜良いんじゃないの?

毒を垂らすって屋根裏の散歩者か?〜ピラニアの池で死ぬ女、薀蓄の有る洒落た発言をする田中(丹波哲郎)プロデュース〜風呂で世話してくれる女達。(酒池肉林?)
冒頭はベッドに襲われる…偽装の意味がいまいち(悪人に対して)効果的では無いかもだが、スピーディーな絵は面白いね。

ラストもお約束のオチが付く〜まぁ多分、エキゾチックに妖しいので不評なんだろうなぁ。(アキにメロメロ?)
投稿者:ノディオ投稿日:2006-02-14 18:46:20
いきなり「My Name is Tiger」と自己紹介する偉大なる丹波哲郎と
007史上最高のナンシー・シナトラの主題歌だけでも価値がある。
ちなみに脚本は「チョコレート工場」の原作者ロアルド・ダールだが
この映画の東京の方が余程ファンタジーだな。
投稿者:シオカラ投稿日:2006-01-29 01:22:32
ブローフェルドかっこわるいです。前作の役者さんがやってくれれば良かったのに。ロケットを捕まえるロケットという発想はとても面白かった。
そして日本についてはもはや言う事なし!
ラストに登場する「妙な色の忍者」VS「変な色の兵隊」にはビックリだったが面白かった。
投稿者:william投稿日:2005-03-05 21:03:03
まさに007番外編といった感じ。ショーン・コネリーはこの作品で見事に日本に対し誤った観念を抱いてしまっていますね。この25年後に彼が製作した「ライジング・サン」で再び間違った日本観炸裂のバカ映画を作ってしまいましたから。
まあ結局アメリカ人の日本文化に対する認識は、何十年経っても変わらないと言うことでしょう。未だに日本にはサムライとゲイシャがいると思っている外人もいるくらいだし。
投稿者:ポストマン投稿日:2004-04-21 18:55:37
ついにボンドが日本に来た。と言うことで見てみたけど相撲?忍者?ボンドが日本語?となる作品。僕は最初から最後まで別な意味で笑ってた。この映画で外国は日本のイメージとしてスモウ、ゲイシャ、ニンジャの三つあがると思った。笑いたい人は見てみる価値あり。
投稿者:くんばか投稿日:2004-01-24 03:36:45
日本の描写の誇張は面白いともムカつくとも思いません。ただショーン
コネリーが日本の漁師に化けるところは大爆笑でしたが。

それより、タイトルバックがこの回だけ女体シルエットじゃないのが
やっぱりちょっと・・・それに変わって、ジャパネスクなのが良かったかと
いうとやっぱり面白くないし。外国人は好きなんでしょうが。

やっぱ丹波哲郎に見入ってしまったなあ。「Call me "Tiger"」って!
浜美枝も若林栄子も言われるほど良くなかった。ただどちらもたまに
出る日本語の発話にゾクッときましたけど。
投稿者:すちゃらかポン太郎投稿日:2003-07-21 05:19:10
『ドクター・ノオ』から順番に観て、007シリーズの魅力に引きこまれつつあったオレが、初めてシリーズを「途中下車」したくなる気分にさせたのがこの作品。

まず、決まって言われるけど、日本の描写。やっぱこの国に暮らしてる人間としては「???」でしょ。ボンドと日本の諜報員の仲介役をしていた佐田の山関、彼も諜報員なのか?
いつの間にあんなデケー基地、火山口の中に作ったんだ?バレるって絶対!!
てゆーか、ロケット発射口の発見のされ方も小石が当たってカコーンと音がして、「金属だ!」とかなり間抜け。

いや、別にそれはいいんですよ。外国の人から見ればやっぱり東洋の国はどうしても、ある意味「秘境」になっちゃうわけだし。むしろ、日本人の俺が言うのもあれだけど「えきぞちっく」な雰囲気とやらは醸しだしてたんじゃないんですか?「アサヒビール」のネオンは綺麗だったしね(笑)。

それより、前作までカッコ良く見えたコネリーのボンドが、唯の「偉そうなエロ馬鹿親父」に成り下がったように見えるんスよね〜。
冒頭から、東洋人の女と情事を楽しんでる所を銃で乱射されるわ(これは偽装工作だと後でわかるのだが)、女のケツを追ってるうちにコントよろしく落とし穴から滑り落ちるわ、潜入調査のために偽装結婚した女性諜報員に「なぁ〜、一応夫婦役だし一緒に寝よ〜ぜ〜」とだらしねえ下品な笑顔でのたまうわ……

「エロとユーモア」がこのシリーズの隠し味なのはわかってるけど、これじゃあまりにもあまりにも間抜けすぎ。前作までは、好色でもクールなプロとしての理性を保ってたように見えたのに。本家007が『オースティン・パワーズ』の領域に入っちゃまずいっしょ?
それと、コネリーの笑顔って、後のボンド役のロジャー・ムーアの憎めない笑顔と違って、どうも、人を不愉快にさせるんだよな……前作までは「不敵な面構え」としてカッコ良く映ってたのだが、だらしなく肉が付いてふぬけた面になってる……

ただ、コネリーの名誉のために言えば、この時彼は、演技の幅を広げたいという気持ちと、ボンド役のイメージでしか見てくれない周囲とのギャップに悩んでたみたいなんですよね。実際、一反降りてるし。そういう精神的な部分もあったのかな…と考えてみたりもする。

それとこの脚本家、実は童話作家(笑)。そりゃ無茶苦茶な話になりますわ。
投稿者:ご飯投稿日:2003-05-28 21:37:47
初期の格調高い香りをすっかり払拭したのもここからだ。でも荒唐無稽なことを大金かけて作るというところに意義がある。映画の製作者はこの映画は単なる娯楽映画ではなく、人類愛だとか家族の絆とか社会批判とか大層なテーマを掲げてしまいがちなのだが、このシリーズってきれいさっぱりそんなものなし。ほんとに純粋に単なる娯楽映画なのだ。原作は米ソの冷戦構造が生み出したものなのに、また国益のために動くスパイなのに、愛国心や政治的意味も薄い。人格描写もほとんどない主人公に観客はヒーローとして彼の活躍をみてカタルシスを得る。その単なる娯楽映画を盛大に金を使って荒唐無稽に見せるのがこのシリーズの浪費の美学であった。「ダイ・アナザー・デイ」も北朝鮮を敵にしながら政治的意味もあまり強調せず、また荒唐無稽でありながらどうも今ひとつなのは、この作品のように火山の火口に米ソの宇宙船を拉致する基地を作るというスケールが無いからだ。馬鹿馬鹿しさもこれくらい徹底的にやってくれないとノリが悪い。
投稿者:eddie投稿日:2002-12-16 10:00:12
丹波さんには、現在のブッ飛んだキャラクターでもう一度007に登場してほしい(笑)。今なら悪役かな?
投稿者:JJ投稿日:2002-08-02 13:38:45
【ネタバレ注意】

ケンブリッジで日本語を習ったというボンドの日本語は、
やっぱりウソくさい。
そして、世間の目をカムフラージュするための作戦には大笑い。
ショーン・コネリー、カツラまでかぶってたけれど、無理ありすぎ。
浜美枝は、カワイイ(歴代のボンドガールに負けていない)。
見所は、なんてったってミスター丹波の英語でしょう。
若い丹波氏、結構ハマリ役。

投稿者:マサト投稿日:2002-03-06 18:12:03
地下鉄の丸の内線が、豪華列車になっていて驚いた。
投稿者:ASH投稿日:2002-02-28 23:12:25
【ネタバレ注意】

 トンチキ・スパイ映画と評する連中もいるようだが、実は、俺のコネリー・ボンドの裏ベストはコレだったりする。と言っても、「これこそが007だッ!!」みたいなことは口が裂けても言えないが、全体を貫く妙にユルいテイストが堪らなく好きだったりする。TV放映で観て、いっちゃん印象に残ってるのがコレなもんで、ただの刷り込み効果なんだろうけどさぁ。

 モーリス・ビンダーによる有名な日本髪女性と番傘のオープニング・タイトルとナンシー・シナトラの主題歌からしてもう最高! エキゾチズムというか、ジャポニズム全開でこれがカッコいい! ブロフェルドの容姿とか、火山口の秘密基地など「オースティン・パワーズ」の元ネタも多分この映画でしょうよ。丹波哲郎、浜美枝、若林映子らの日本人キャストもなかなかよろしい。間違った日本の描写云々はこの際目をつぶって、単純に楽しむのが一番。てか、俺は外国映画における間違った日本の描写ってのが好きなもんでね。

 大里さんが言う、「あ、そう」がな〜んかツボ!! 演じるは島田輝。データに載せてあげよう。それから、スペクターの日本支部(?)のロケット発射の秒読みをするツリ目のお兄さんが「ピンク・パンサー」シリーズのケイトーこと、バート・クォーク。これもデータに載せてあげようよ。

 神戸港で松崎真が刺客役でボンドに襲いかかるので、初期「笑点」ファンは要チェック!(すぐに殺されちゃう)。

投稿者:支那虎投稿日:2001-10-31 14:23:18
原作本の表紙には「二つの生命」と書いてあります。
なーるですね。
なんと33年ぶりに見たら、けっこう面白かった。
が、白眉は主題歌ですね。いいなー、ナンシー・シナトラ!!
投稿者:og投稿日:2001-08-18 08:45:37
ロケットがまるでおもちゃで、あんなのでは飛ぶはずがない。ロケットがまともに噴射すればあの基地は破壊される。少なくとも、あんなシャッターでは管制室が守りきれない。湖の下の秘密基地では、地元の人間にすぐばれる。あの基地は電気や燃料などを大量に使いそうだが、どこから供給しているのか。そもそも横にスライドして開閉する方式のドアだと、それを格納するための空間が必要になるが、あの場所にそんなのが作れるのだろうか。あんな大きな空間の基地を設置して、その上の山の重さが支えられるだろうか。ま、こんなことは考えずに「お話」と思って楽しむのだろうな。
投稿者:ボンド大好き投稿日:2000-12-08 10:00:12
日本ロケで有名な作品。トヨタ2000GTはたまらない。ただ原作ではロケット基地は島だったが、映画では島なのか
陸地なのかややわかりにくくなっている。リトルネリーで飛んでるときは島っぽいが火口はどうみても阿蘇山に見えてくる
最後ボンドが救出されるシーンは前作サンダーボールはB−17であるのに対してこの作品ではC−130輸送機に進歩
している所がおもしろい
投稿者:フジモト T投稿日:2000-03-25 00:57:19
まったく丹波哲郎と浜美枝のへたくそな演技にはまいったが、日本が舞台ということでなんとか許せる作品。このあたりから007シリーズには格調がなくなり、完全なマンネリ娯楽作品へとなっていく。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】007 ブルーレイコレクション2017/11/22\19,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007 コレクターズ・ブルーレイBOX <「007 スペクター」 収納スペース付/初回生産限定>2015/10/07\25,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007/ショーン・コネリー ブルーレイコレクション2015/10/07\7,600amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007は二度死ぬ <スチールブック仕様/1300セット数量限定生産>2015/10/07\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007は二度死ぬ2015/10/07\1,905amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007 ジェームズ・ボンド ブルーレイ・コレクション <初回限定生産>2013/12/20\19,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007は二度死ぬ2013/04/03\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007 製作50周年記念版 ブルーレイBOX <初回生産限定>2012/10/19\31,429amazon.co.jpへ
 【DVD】007 コレクターズ・DVD-BOX <「007 スペクター」 収納スペース付/初回生産限定>2015/10/07\20,000amazon.co.jpへ
 【DVD】007/ショーン・コネリー DVDコレクション2015/10/07\5,705amazon.co.jpへ
 【DVD】007は二度死ぬ 【TV放送吹替初収録特別版】2015/07/08\1,900amazon.co.jpへ
 【DVD】007 ジェームズ・ボンド DVDコレクション <初回限定生産>2013/12/20\15,800amazon.co.jpへ
 【DVD】007は二度死ぬ デジタルリマスター・バージョン2012/11/23\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】007 TV放送吹替初収録特別版 DVD-BOX 第一期2012/11/14\18,000amazon.co.jpへ
 【DVD】007は二度死ぬ 【TV放送吹替初収録特別版】2012/11/14\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】007は二度死ぬ アルティメット・エディション2008/12/19\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】007 アルティメット・エディション スペシャル・コレクターズBOX <完全数量限定限定生産>2007/08/25\28,381amazon.co.jpへ
 【DVD】007は二度死ぬ デジタルリマスター・バージョン <初回限定生産>2007/08/25\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】007 アルティメット・コレクションBOX <10,000セット完全数量限定生産>2006/11/22\61,905amazon.co.jpへ
 【DVD】007は二度死ぬ アルティメット・エディション2006/11/22\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】007 製作40周年記念限定BOX <初回限定生産/アンコール発売>2004/08/20\39,800amazon.co.jpへ
 【DVD】007は二度死ぬ 特別編 <BONDを買ったら、BONDがタダ!キャンペーン>2004/08/20\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】007 ショーン・コネリーBOX <初回限定生産>2003/02/26\12,800amazon.co.jpへ
 【DVD】007は二度死ぬ 特別編 <期間限定生産>2003/02/26\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】007 特別編 コレクターズBOX 3 <初回限定生産>2001/04/20\19,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】007は二度死ぬ 特別編レンタル有り
 【DVD】007は二度死ぬ デジタルリマスター・バージョンレンタル有り
 【VIDEO】007は二度死ぬ <ワイド>レンタル有り
 【VIDEO】007は二度死ぬレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 007は二度死ぬ オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 1,027
1新品:¥ 9,980より   0中古品より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION