allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

女王陛下の007(1969)

ON HER MAJESTY'S SECRET SERVICE

メディア映画
上映時間130分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1969/12/13
ジャンルアクション
映倫G
007 ブルーレイコレクション (24枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 21,384
価格:¥ 15,892
amazon.co.jpへ

【解説】
 ショーン・コネリーに代わり、二代目ジェームズ・ボンド、G・レーゼンビーが登場したシリーズ第6作。国際的犯罪組織スペクターの首領ブロフェルドの動向を探っていたボンドは、テレサという女性と出会い、大胆な振る舞いをみせる彼女に惹かれていく。また、テレサの父は犯罪組織ユニオン・コルスのボス、ドラコだったが、娘の面倒を懇願されると同時に、彼からブロフェルドの情報を入手することに成功するのだった。こうしてボンドは、情報を元にブロフェルドがいるスイスへ飛ぶ。するとそこで、ブロフェルドが催眠療法をかけた女性たちに世界各地で細菌をばらまかせるという恐るべき人類抹殺計画を企てていると知り、ボンドはその阻止へ奔走するのだが…。ストーリーは面白いものの、主役たるボンドに精彩がない。主題歌ルイ・アームストロング。
<allcinema>
評価
【関連作品】
007/ドクター・ノオ(1962)シリーズ第1作
007/ロシアより愛をこめて(1963)シリーズ第2作
007/ゴールドフィンガー(1964)シリーズ第3作
007/サンダーボール作戦(1965)シリーズ第4作
007は二度死ぬ(1967)シリーズ第5作
女王陛下の007(1969)シリーズ第6作
007/ダイヤモンドは永遠に(1971)シリーズ第7作
007/死ぬのは奴らだ(1973)シリーズ第8作
007/黄金銃を持つ男(1974)シリーズ第9作
007/私を愛したスパイ(1977)シリーズ第10作
007/ムーンレイカー(1979)シリーズ第11作
007/ユア・アイズ・オンリー(1981)シリーズ第12作
007/オクトパシー(1983)シリーズ第13作
007/美しき獲物たち(1985)シリーズ第14作
007/リビング・デイライツ(1987)シリーズ第15作
007/消されたライセンス(1989)シリーズ第16作
007/ゴールデンアイ(1995)シリーズ第17作
007/トゥモロー・ネバー・ダイ(1997)シリーズ第18作
007/ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999)シリーズ第19作
007/ダイ・アナザー・デイ(2002)シリーズ第20作
007/カジノ・ロワイヤル(2006)シリーズ第21作
007/慰めの報酬(2008)シリーズ第22作
007 スカイフォール(2012)シリーズ第23作
007 スペクター(2015)シリーズ第24作
007/カジノ・ロワイヤル(1967)
ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983)
007/ジェームズ・ボンド・ストーリー(1999)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
440 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-10-30 20:00:01
ボンドは入水自殺するように見えたトレイシーを救うが悪党2人との戦闘後に逃亡してしまう。
ホテルのカジノで再会した2人はトレイシーの借金を清算した代わりにベッドを共にするが翌朝、ボンドの知らないうちにホテルを出てしまう。
トレイシーの代わりに現れた男たちに攫われたボンドが連れて行かれた場所にはトレイシーの父ドラコが居た。
ドラコは自暴自棄のトレイシーを真っ当にする為にボンドと結婚して欲しいと伝える。アルプスの頂上にスペクターの秘密基地があるのを知ったボンドは潜入を開始するのだが・・・。

何とコネリー下番で2代目となったG・レイゼンビー唯一のボンド作品。
不安は杞憂に終わりチェイスシーンの凄さと雪山のアルプスの美しさが眼を瞠り退屈する事が無い。
ブロフェルド役のT・サバラスが見た目と言い悪党丸出しで執念深くボンドを追い詰める。
ツンデレのD・リグが惚れたボンドに身も心も尽くす為、最後の最期でのあのシーンは結婚式で類するマネーペニー同様何度見ても涙腺を刺激する。
個人的にはこの作品がボンド作品No.1!今回は歌が無いがテーマ曲は名曲でボンド役がコネリーならもっと評価が高かったのでは・・・。

ワーナー・ホーム・ビデオからビデオがリリースされレンタルLDもワイド版だった。
後にDVDが発売されるがモノラル収録で究極DVDになってdts収録されたのが嬉しい。
同じFOXリリースさながら旧版では悪漢との戦闘後に逃亡したトレイシーを見て「変わった女だ」と訳されていたが、究極版は「こんなの初めて」と訳が変わっていたのはクレームから?

原作「女王陛下のOO7」(イアン・フレミング・ハヤカワ文庫・評価4・5)を読むと映画は本当に原作通りでビックリする。
しつこいようだが本当に傑作です!
投稿者:namurisu投稿日:2017-04-21 09:31:19
「スペクター」は、いろんなポイントのリメイク。これは雪山診療所。C・ノーランが次回作の監督に決まったら許す。
投稿者:sachi823投稿日:2016-02-21 17:42:27
コネリー=ボンドの強烈な印象の陰に隠れた感のある作品ですが、
スパイ映画として抜群に面白いストーリー展開で、
人を食ったアクションが目立つ後のボンド映画のなかにおいて
屈指の良作ではないかと思います。
投稿者:ダイナマイト・ギャル投稿日:2013-03-29 16:03:02
【ネタバレ注意】

☆☆☆☆★★ [90]


[シリーズ第6作目]

1代目ショーン・コネリーから2代目ジョージ・レーゼンビーへ。『007は二度死ぬ』 で初めて顔を見せたスペクターの首領エルンスト・スタヴロ・ブロフェルドが、正面からボンドと対決する。『007は二度死ぬ』 が壮大なコントになってしまったのに対して、えらく真面目な正統派のアクション映画へと作風が変貌する。

『女王陛下の007』 は多少リアリズムがあるだけに辻褄の合わない部分が目立つ。細菌兵器の発想はリアルだがばら撒く方法に現実感がない。ボブスレーのチェイスが凄まじいが、なぜボンドはブロフェルドに止めを刺さないのか? など、現代の視点で納得できない部分が多々見えた。逆にリアリズムがあったからここまで見えたのだと思う。

[第6位 2代目:ジョージ・レーゼンビー]

『007』 全23作品 (2013年現在) 中でたった1本だけしか出演しなかった悲劇のジェームズ・ボンド。1代目ショーン・コネリーが6本、3代目ロジャー・ムーアが7本、4代目ティモシー・ダルトンが2本、5代目ピアース・ブロスナンが4本、6代目ダニエル・クレイグが3本出演した中で、2代目ジョージ・レーゼンビーが出演最低記録を保持している。「1本だけのジェームズ・ボンド」 は逆にとても印象が強いが、僕の中であまり “ジェームズ・ボンド” のイメージに見えないのが第6位の理由だ。

だが 『007』 の歴史の中で1本だけでもジェームズ・ボンドを演じたことは尊敬に値する。「この1本だけシリーズから削除」 とはならず、全23作品の歴史に 「2代目ジョージ・レーゼンビー」 と名前を残したのは凄まじい。誰にでも真似できることではない。ジョージ・レーゼンビーはアクションの感性が良く、格闘やスキー、ヘリコプターでの襲撃シーンなど素直に凄かった。だが1本で降板した逸話を知ると人間の哀しさが見える。

[本物の結婚 妻:テレサ・ボンド]

「美女とやりまくるバカ映画」 の 『007』 シリーズだが、『女王陛下の007』 でジェームズ・ボンドは本当に結婚する。見ていて最初は冗談かと思うが本当なので驚く。「妻テレサ・ボンド」 の逸話は以後シリーズ中でも度々出てくる。「あのジェームズ・ボンドが実は結婚していた」 ことはマニアしか知らない真実かもしれない。

[ダイアナ・リグ=ザ・ボンバー・ダイナマイト]


※つづきはアメブロで!http://ameblo.jp/rocky-balboa-1976/entry-11493656547.html

投稿者:Kircheis投稿日:2011-06-12 14:46:30
ショーン・コネリーからジョージ・レーゼンビーに代わった6作目。
これがまた華が無いキャラになってしまったんだわ。

ストーリーは本当に面白いし、ヒロインのダイアナ・リグもキャラが凄くいいんでボンドが好きになるのも分かる女になってたと思う。

しかしショーン・コネリーのあの飄々としたカッコ良さは無くなってしまってたのが本当に残念。
スキーアクションは確かに非常にスリリングだし、カーチェイスもなかなかの迫力だったんだけどなぁ。

決してつまんない訳じゃないし、ファンの方には申し訳ないけどジョージ・レーゼンビーだけ残念。
投稿者:ジェームス投稿日:2011-03-26 00:56:28
近年、評価が高まっている作品。まあ当時はジェームズ・ボンドといえばショーン・コネリーのイメージがあまりにも強すぎたため、ジョージ・レーゼンビーは不運だったといえるだろう。プロフェルド役のテリー・サバラスは野生的で残忍な感じ。その部下、イルゼ・ステパットは、かなり不気味で凄みがある。ダイアナ・リグは実にチャーミングだが、なかなか勇敢な女性である。アクションシーンではスキーでの脱出シーンとなだれのシーンがスリルとサスペンスたっぷりである。
投稿者:scissors投稿日:2011-03-16 01:35:24
シリーズ中では賛否両論の多い作品らしいですが、自分はこれが好き。
というかこのシリーズで、自分が愛着を持っているのはこの一本だけ。

作中数あるアクションシーンはどれも手抜きが無く、撮影、編集、共に見事で圧倒される。
ドラマとしてラストはもちろん心に焼きつくが、マネーペニーの寂しげな表情も忘れられない。

DVDでは吹き替えがよろしくないので字幕がオススメ。
広川太一郎と森山周一郎の吹き替え入りでブルーレイ出ないかな?無理?
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-12-21 12:32:54
【ネタバレ注意】

二年前に46分でリタイアしたが、今日続きを観賞。アクションは面白いが、木の枝に首を挟んだブロフェルドを警察に引き渡さなかったのは(続編の為とはいえ)やはり変。これぞご都合主義。

投稿者:verkhovensky投稿日:2009-01-23 03:38:28
【ネタバレ注意】

公開当時は不評でしたが、その後人気を獲得した佳作です。

映画版でイアン・フレミングの原作をあまり変更してゐないのは、「ドクター・ノオ」「ロシアより愛をこめて」「ゴールドフィンガー」「サンダーボール作戦」そしてこの「女王陛下の007」です。「カジノ・ロワイヤル」も骨格をかなり取り入れてをります。あとは原作とは似ても似つかないものばかりです。中でも「女王陛下」は原作中一二を争ふ名品で、製作者側はその味を最大限生かさうと思つたさうです。それに前作「007は二度死ぬ」があまりにもおもちやに頼りすぎ、スリラーとしての面白さを失つてしまつた反省があり、生身のアクションに回帰したのです。ところが興行はふるはず、次作「ダイヤモンドは永遠に」でまた逆戻りしてしまひました。

オーストラリア出身の俳優ジョージ・レイゼンビーは、台詞まはしはたどたどしいものがありますが、体の動きは抜群で、銃の構へ方といひ殴りつぷりといひ、もたもたしてゐたロジャー・ムーアとは大違ひ。一作限りといふのは惜しかつたと、私は思つてゐます。
ダイアナ・リグは後年オリヴィエ主演のリア王でリーガンを演じるやうな、格のある女優で、役柄もありませうが、セクシー路線と一線を画してゐます。ルイ・アームストロングの主題歌も、スパイ・アクションにふさはしい主題曲も私は大好きです。ピーター・ハント監督はご覧の通り編集に優れた手腕を見せてをりますが、クライマックスは、時計がゼロを指してから爆発までにちと時間をおきすぎてゐませんでせうか。

スペクターとその首領ブロフェルドは、原作では「サンダーボール作戦」「女王陛下の007」「007は二度死ぬ」の順に登場します。ほかの作には現れません。映画は「二度死ぬ」と「女王陛下」の順番をひつくり返し(その理由はウィキペディアにも記述されてをります)、かつ「二度死ぬ」は大幅にプロットを変更しながら、「女王陛下」はラストまで忠実に作つたため、看過し得ない齟齬をきたすことになりました。
原作のボンドは、アルプスで初めてブロフェルドと対面します。だからブロフェルドも正体を知らないのです。そして続く「二度死ぬ」で、「女王陛下」のラストからの帰結として、ブロフェルドとイルマ・ブントを追ひ日本に潜入し、復讐を果たします。さういふ「二度死ぬ」を見たかつたものです。

「二度死ぬ」のブロフェルドはドナルド・プレゼンス。刑事コロンボの「別れのワイン」の犯人役や、「大脱走」の目の悪い偽造係、「袋小路」の妻を取られる哀れな夫と、冴えない男の役柄が多く、秘密組織の首領は似合ひませんでした。テリー・サバラスは悪党づらですが、小物の感じ。次のチャールズ・グレイは特徴がなく...結局ボンドの宿敵にぴつたりの俳優は見つからなかつたのも残念。

投稿者:なちら投稿日:2008-12-28 00:56:20
なにこれ、超面白いじゃん!ま〜、レーゼンビーボンドは敵を殴る殴る!
コネリーボンドには無かった暴れっぷりだよね。
さらには、恋に真面目。これって、今のクレイグボンドに通じるものがあると思う。

スキーでの逃走劇も見応え十分。代役丸出しなのは置いといて、片足で滑るのがまたカッコいいんだ!

ボンドはヒラリー卿の代理人になって敵地に潜入してたけど、
ブロフェルドとは前作で顔を合わせてなかったっけ??そこがちょっと疑問だったけど…、
切ないラストも好きだし、6作目まででは、これが自分的ベスト1!
投稿者:ジーナ投稿日:2008-06-03 00:55:59
レーゼンビー・・・洗練さに欠ける(爆)
その証拠にタキシードが似合わないからスカート履かされてます(笑)

ショーン・コネリーのようなワイルドさもなく、ソフトな印象を受けました。
どちらかというとロジャー・ムーアやピアース・ブロスナン寄りのように思いますが、彼らはスタイリッシュなのでこれほどモヤっぽい感じがしないですからね(爆)

一人の人間であるジェームス・ボンドを描いたストーリーも悪くないですし、ユーモアを織り交ぜた演出も面白いと思いますが、とにかくクールさを感じないんですよ。
ショーン・コネリーやティモシー・ダルトン、ダニエル・クレイグのようにクラクラさせてくれる魅力がないのがとても残念です←思いっきり個人的な趣味ですが(笑)

しかし、雪山でのスキーアクションやボブスレーを使った追いかけっこはスピーディで迫力がありました。

コアな007ファンには支持される内容かもしれませんが、ミーハーな私はイマイチ魅せられませんでした。
投稿者:おでん投稿日:2008-01-14 22:24:37
【ネタバレ注意】

長い歴史を持つ007シリーズのなかで、「どの作品が一番か?」と聞かれると困ってしまいますが、少なくとも「ジョージ・レーゼンビーの007ではこれが一番!」と自分は胸を張って言える作品です。
ピーター・ハントによる細かい編集の激しいアクションシーンやスキーチェイスなど見どころはたくさんですが、この映画は何といってもラストシーンだと僕は思う。
ジョン・バリーの優しい曲を背景に花嫁を抱きしめるボンド。長い歴史をもつシリーズキャラクターだけに、そしてそんな彼が心から愛した女性なだけに、その失ったものに対する悲しみや空しさが伝わってくる。何度観ても、心動かされるシーンです。やがて高らかに鳴り響くボンドのテーマ。それはまるで次回作に用意されたボンドの激しい復讐を観客に宣言するかのように。
個人的にジョージ・レーゼンビーのボンドはイマイチですが、次回作だけは彼に演じてもらいたかったと思っています。失ったものを復讐によって取り戻そうとする姿を別人が演じたのでは、やはり観客の感情移入の度合も違ってくるのでは?
そういう意味では『カジノロワイヤル』のラストの小気味よさとは対極にありながら、次回作に期待しながら劇場をあとにする観客の余韻は同じなのではないかな?

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-10-28 08:45:45
【ネタバレ注意】

いや、猛獣系の女子(彼女の父親、強力プッシュ)と、結婚を前提にお付き合いしてる…って間にも、美女だらけの患者の部屋を8:00からは君、9:00からは貴方、と夜這いをかけるボンド。
まぁ休暇を貰って云々、上は知らないよって独自戦隊による急襲…大事な人が○□×〜ショーンでもロジャーでもブロスナンでもないボンド…「消されたライセンス」を彷彿〜なのだが、この作品、007ファンの支持率がかの映画とは正反対に高いのだな。〜ベッドの足を壊すからか?
まぁドラマ的には面白いですけどね。2回観たけど顔が覚えられないジョージといい、ラストの展開といい、シリーズ中最も渋い雰囲気を持ちます。
ボブスレーで頭を何度も打つのがリアルで結構。ボブスレーには終点があるが、逃走に終点は無いのではないの?〜まぁスピードといい…多分、最速逃走経路なのかもよ。
復讐か…そこが「消されたライセンス」(私情で動く?)との違いかもですね。僕は、マニア(ボンドはルールを持つ)には申し訳ないが、消された〜の方が好きかも?だね。

投稿者:ASH投稿日:2006-11-25 19:55:12
 個人的には、ブロフェルド3部作(勝手に命名)では「〜二度死ぬ」が一番好きなのだが、なかなかどうして、コレもオモロいです。でも、その良さに気付いたのは、実は結構最近になってからなんだな。今回のアルチメット版DVDを購入した6作のうちのひとつがコレよ。

 スキー・アクションの素晴らしさは特筆もの。個人的にはシリーズ通してベスト3に入る「ユア・アイズ・オンリー」のそれに匹敵する。レイゼンビー・ボンドも様になっているよ。心無いファンの不評からこれ1作で終わったが、クレイグ・ボンドもそうならないことを祈る(契約では3作だとか)。
投稿者:エルウッド投稿日:2006-02-25 19:30:58
物語は非常に面白く、シリーズ最高と言っても良いほどだが、やはり主役に
魅力がなさ過ぎる。他の3人のボンドは自分のボンド像を確立しているが、
コイツだけはボンドのモノマネをしているようにしか見えない。
アクションシーンもチープな低速度撮影が山盛りで
“アクションは全部参加した”と偉そうに語るレイゼンビーの発言が
頭にきて仕方がない。一部のアクションは迫力があるものの、全体的に
低速度撮影が山盛りで興ざめしてしまう。走るシーンだけにも低速度撮影を
使っているから“やってられん”である。
特撮は過去最低レベル、主役は過去最低レベル、物語は過去最高レベルだね。」
レイゼンビーは“自分から降板した”と抜かしているが、みんなから
嫌われていただけに過ぎない。監督は絶賛していたけどね。
指示は聞かないし、撮影途中でギャラアップを要求するし、魅力もないし。http://elijahwood.web.infoseek.co.jp/index.html
投稿者:シオカラ投稿日:2006-01-29 01:27:56
ジョージ・レイゼンビーっていう俳優さんですけどこの作品以外で覚えていう映画は無いです…しかし、スキーチェイスは良かった!
迫力ありました。アクションシーンは前作より断然こっちの方が面白い事は確か!評価高し。
投稿者:bond投稿日:2005-07-29 12:24:45
に欠けるが、レーゼンビーも今見直すと、そこそこ良かったのでは、この頃のシリーズは敵役が良かった、最近は小粒だ。唯一のブライダルシーンもあるし(僕も式の時参考にした)、、、、、、
投稿者:イブリントレンブル投稿日:2004-04-19 02:26:57
結局、日本人はこの007結構好きだよね。アクションシーンはキレがあるし、さすが元編集マンの仕事というところですな。しかし個人的に特筆すべきところはJ.バリーの主題曲(主題歌はこの際置いといて)の素晴らしさとM.ビンダーのメインタイトル。これだけでもシリーズ中1、2を争う出来だと断言できます。確かにJ.レイゼンビーではこのシリーズを存続できたかは疑問ですが、そんなに悪くない、確かに華はないけど。最近の007シリーズに見るアクションシーンのCG(反則)とガジェットへの依存を軌道修正させるため、もう一回この監督に撮ってほしい。
ラストの切なさは演歌好きの国民にはグッとくるのです。
投稿者:くんばか投稿日:2004-01-24 03:08:25
【ネタバレ注意】

レゼンビー、悪くないですよ。顔意外は。やはり声の渋さと体格のよさを
抑えてるところがいい。この要素を求めるのはコネリー・ボンドの影を
追ってるだけかもしれないけど、やっぱり重要だと思ってます。ロジャー・ムーアに変わってから何か見る気がしなくなったのは、ボンドがいつも
Mに怒られているしょぼい感じに見えてしまうからです。紳士の貫禄と
軽さを両方とも持っていてほしいですね、ボンドには。
ブローフェルドの迫力も強烈で、前作次作と比べて勝ってる。
巨悪犯罪組織スペクターの頭なんだからこれくらいがいい。

ボンドが結婚しちゃうところが、すでに番外編っぽいね。
最初から番外編の二代目ボンド、レゼンビー。可哀想。

投稿者:映子投稿日:2003-08-03 10:58:54
スキーのシーンがとても良かったし、ストーリー的にもかなり面白かった印象がある。確かにこの作品のボンドの顔は覚えてない。
投稿者:すちゃらかポン太郎投稿日:2003-07-23 01:47:50
【ネタバレ注意】

007シリーズ中、この作品程、無視されている作品はないでしょう。コメントも少ないし(TAT)。
理由としては、ボンドがコネリーじゃないと言う事、シリーズ中一作だけで降板した、それまで無名だったJ・レーゼンビーが主演と言う事等が挙げられます。公開当時の興行収入が、コネリー時代よりは落ちたのも事実です。

じゃあ、面白くないのか?といえば、そんなことは決してありません。
僕はむしろ、この作品はシリーズ中ベスト3に入ると思ってますし、実はこれ、結構、マニアの間では評価されてるんですよ。
二代目ボンドに抜擢されたレーゼンビー、確かに歴代ボンド役者の中では、やや存在感に欠けるかもしれません。でも、ちょっとC・グラント似の風貌は悪くないと思うし、持ち前の運動神経を生かして、スタントも極力使わずリアルなアクションシーンを演じてるのも好感が持てます。
また、本作で監督を務めた編集マン出身のP・ハント監督の演出も冴えており、秘密兵器が目立ちすぎたり荒唐無稽さがやや暴走していたシリーズにブレーキを掛け、「己の頭脳と肉体を持って困難に立ち向かうボンド」という原点に戻った作品に仕上げております。
スキーやボブスレーでのチェイスシーンは今観ても迫力満点です!!

そしてそして、何より見逃せないのは、あのプレイボーイで鳴らしたボンドが、本気で結婚をするということ……
大胆不敵で命知らず、繊細で寂しがり屋という二面性を持った、マフィアの娘トレイシー。今まで会った女性たちとは違った魅力を持った彼女にボンドは急速に引かれていき、初めて人生の全てを賭けて一人の女を愛し抜こうと誓うのですが……

ラストシーンは007シリーズ中、最も異色、しかしそれ故に胸にグッと来るものになっています。
そこにいるボンドは、「無敵の最強スパイ」でも「愉快なプレイボーイ紳士」でもありません。
愛する人を守れなかった哀れな一人の男………

今考えてみれば、一作限りのレーゼンビーは、

   傲慢かつ不敵な紳士=S・コネリーボンド
            ↓
   心優しきお茶目な紳士=R・ムーアボンド

のボンドのイメージチェンジのための橋渡しの役目をしたのかもしれません(その間にコネリーの『ダイヤモンドは永遠に』があるのだが…)。
007大好きさんの仰るように、ムーア編からは、この結婚の話が脚本に生かされており、任務の傍ら、窮地のヒロインを放っておけない面の強くなったボンドに説得力を持たせているのですから……

コネリーボンドの不敵なクールさも好きですが、僕は「ヒーローは愛と哀しみを知らなきゃならん!」という思いもあるので、キャラクターとしてはムーア編以降が好きだし、この作品も大好きです!甘ちゃんといわれて結構!!

これを観て、ますますジェームズ・ボンドが好きになった。『女王陛下の007』万歳!!

投稿者:007大好き投稿日:2001-05-24 21:09:10
あまり期待しないで見たこの作品、他の007作品とちがい終わり方が切なくとてもよかった。他の作品にもつづく所があるので見る価値があります。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】007 ブルーレイコレクション2017/11/22\19,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007 コレクターズ・ブルーレイBOX <「007 スペクター」 収納スペース付/初回生産限定>2015/10/07\25,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】女王陛下の007 <スチールブック仕様/800セット数量限定生産>2015/10/07\3,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】女王陛下の0072015/10/07\1,905amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007 ジェームズ・ボンド ブルーレイ・コレクション <初回限定生産>2013/12/20\19,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】女王陛下の0072013/04/03\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007 製作50周年記念版 ブルーレイBOX <初回生産限定>2012/10/19\31,429amazon.co.jpへ
 【DVD】007 コレクターズ・DVD-BOX <「007 スペクター」 収納スペース付/初回生産限定>2015/10/07\20,000amazon.co.jpへ
 【DVD】女王陛下の007 【TV放送吹替初収録特別版】2015/07/08\1,900amazon.co.jpへ
 【DVD】007 ジェームズ・ボンド DVDコレクション <初回限定生産>2013/12/20\15,800amazon.co.jpへ
 【DVD】女王陛下の007 デジタルリマスター・バージョン2012/11/23\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】007 TV放送吹替初収録特別版 DVD-BOX 第一期2012/11/14\18,000amazon.co.jpへ
 【DVD】女王陛下の007 【TV放送吹替初収録特別版】2012/11/14\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】女王陛下の007 アルティメット・エディション2008/12/19\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】007 アルティメット・エディション スペシャル・コレクターズBOX <完全数量限定限定生産>2007/08/25\28,381amazon.co.jpへ
 【DVD】女王陛下の007 デジタルリマスター・バージョン <初回限定生産>2007/08/25\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】007 アルティメット・コレクションBOX <10,000セット完全数量限定生産>2006/11/22\61,905amazon.co.jpへ
 【DVD】女王陛下の007 アルティメット・エディション2006/11/22\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】007 製作40周年記念限定BOX <初回限定生産/アンコール発売>2004/08/20\39,800amazon.co.jpへ
 【DVD】女王陛下の007 特別編 <BONDを買ったら、BONDがタダ!キャンペーン>2004/08/20\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】女王陛下の007 特別編 <期間限定生産>2003/02/26\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】007 特別編 コレクターズBOX 2 <初回限定生産>2000/12/26\19,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】女王陛下の007 特別編レンタル有り
 【DVD】女王陛下の007 デジタルリマスター・バージョンレンタル有り
 【VIDEO】女王陛下の007レンタル有り
 【VIDEO】女王陛下の007 <ワイド>レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 女王陛下の007 オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 1,028
3新品:¥ 2,629より   4中古品¥ 950より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION