allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

007/ムーンレイカー(1979)

MOONRAKER

ムーンレイカー

メディア映画
上映時間126分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1979/12/08
ジャンルアクション/アドベンチャー/SF
映倫G
遂に宇宙をも制覇した
史上最大の娯楽巨編!
007 ブルーレイコレクション (24枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 21,384
価格:¥ 16,044
amazon.co.jpへ

 Photos
007/ムーンレイカー

【解説】
 アメリカからイギリスへ空輸中のスペース・シャトル“ムーンレイカー”が何者かによって奪われる事件が発生、さっそくボンドが調査に乗り出す。ムーンレイカーを製造した科学者で大富豪のドラックスが事件の背後に浮上し、彼のもとへ向かうボンド。するとそこでNASAの女性科学者ホリーと出会い、やがて彼女もCIAのスパイだと知るのだった。2人は手を組み、イタリア、ブラジルへ飛びながら事件の核心へ迫っていく。やはりドラックスは、選ばれた人間だけを宇宙へ連れ出して新たな世界を創ると同時に、毒ガスを撒いて地球を滅亡させるという非道な計画を立てていた。こうして毒ガスを積んだシャトルが離陸、ボンドとホリーも別の機体を奪って追いかけるのだが…。。前作でも登場した、鋼鉄の歯を持つ殺し屋ジョーズが、不死身の大活躍をみせる。主題歌シャーリー・バッシー。
<allcinema>
評価
【関連作品】
007/ドクター・ノオ(1962)シリーズ第1作
007/ロシアより愛をこめて(1963)シリーズ第2作
007/ゴールドフィンガー(1964)シリーズ第3作
007/サンダーボール作戦(1965)シリーズ第4作
007は二度死ぬ(1967)シリーズ第5作
女王陛下の007(1969)シリーズ第6作
007/ダイヤモンドは永遠に(1971)シリーズ第7作
007/死ぬのは奴らだ(1973)シリーズ第8作
007/黄金銃を持つ男(1974)シリーズ第9作
007/私を愛したスパイ(1977)シリーズ第10作
007/ムーンレイカー(1979)シリーズ第11作
007/ユア・アイズ・オンリー(1981)シリーズ第12作
007/オクトパシー(1983)シリーズ第13作
007/美しき獲物たち(1985)シリーズ第14作
007/リビング・デイライツ(1987)シリーズ第15作
007/消されたライセンス(1989)シリーズ第16作
007/ゴールデンアイ(1995)シリーズ第17作
007/トゥモロー・ネバー・ダイ(1997)シリーズ第18作
007/ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999)シリーズ第19作
007/ダイ・アナザー・デイ(2002)シリーズ第20作
007/カジノ・ロワイヤル(2006)シリーズ第21作
007/慰めの報酬(2008)シリーズ第22作
007 スカイフォール(2012)シリーズ第23作
007 スペクター(2015)シリーズ第24作
007/カジノ・ロワイヤル(1967)
ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983)
007/ジェームズ・ボンド・ストーリー(1999)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
533 6.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-11-23 18:10:12
アメリカからイギリスへ空輸中のスペースシャトルムーンレイカーが奪われる。
ボンドは容疑者の大富豪ドラックスの調査にあたるが、ドラックスは宇宙ステーションを建て化学兵器による人類滅亡を計画していた・・・。

ムーアボンド第4作。
今回は何と宇宙での戦いとなりSF色が強くなっていて最初のパラシュートでの戦いから飛ばしまくっている。
何時ものメンバーが元気な姿を見せてくれるのと007のテーマがコネリー作品以来の復活が嬉しく、前作からのジョーズも再出演して最後は彼女まで出来てボンドに寝返るのが面白い。
ボンドガールのR・チャイルズが美しく、ヨーロッパの景色の美しさも特筆。
ビデオはワーナー・ホーム・ビデオからドルサラのシネスコ、ニューマスターでレンタルLDも同様。
DVDは5.1chのスクイーズ収録だったが、究極DVDはdts収録され音響抜群。
以前見た時は最低のボンド作品と思っていたが今見ると普通に面白く感じたのが意外だった。
そう言えば前作のエンドクレジットでは次作「ユア・アイズ・オンリー」とあったが「ムーンレイカー」へ変更されたのは何があった?

原作「007ムーンレイカー」(イアン・フレミング・創元推理文庫・評価3)はドラックスの成り立ちから始まりドラックスを中心に書かれている。
投稿者:scissors投稿日:2013-09-01 06:48:10
脚本も演出も酷すぎて駄作としか。
いろんな映画のパロディが盛り込んであるが、それもたいして面白くない。
つまらないコメディのような。
良かったのは冒頭のスカイダイビングと、風景が妙に綺麗に撮られてたことぐらい。
投稿者:ダイナマイト・ギャル投稿日:2013-05-08 16:33:05
【ネタバレ注意】

やりすぎ限界映画 ☆☆☆☆★★★ [95]


■やりすぎ限界男優賞 リチャード・キール
■やりすぎ限界女優賞 ブランシュ・ラヴェレック
■やりすぎ限界男優賞 ロジャー・ムーア
■やりすぎ限界女優賞 ロイス・チャイルズ

[シリーズ第11作目]

今 『007 ムーンレイカー』 と “ 『007』 シリーズ誕生50周記念作品” 『007 スカイフォール』 を見比べると、とても同じシリーズの映画には見えない。だが 『007 ムーンレイカー』 なくして、『007 スカイフォール』 は生まれなかった。

『007』 シリーズ最大の 「極限のバカ映画」 にして、“ 『007』 大スペクタクルコント時代” の最終章。ガイ・ハミルトンからルイス・ギルバートへ引き継がれた “大スペクタクルコント” の世界はとうとう “棲息速度域” へ到達する。そしてここに “ 『007』大スペクタクルコント時代” の幕が閉じる。“本物のジェームズ・ボンド” を永遠に忘れないでほしい。万感の思いを込めてこの文章を捧げる。

[SFX時代の幕開け]

『スター・ウォーズ』 (1977年)、『未知との遭遇』 (1978年)、『エイリアン』 (1979年) の3本がアメリカ映画の特殊撮影技術の基礎を作ったと何かで読んだ。SF映画を本格的なリアリズムで描く作風はここから始まった。『007 ムーンレイカー』 はこの影響が大きく、「日本の子供番組レベルの美術が極限のマイナス方向に爆発」 した 『007は二度死ぬ』 と大違いだ。巨額の製作費をかけた “大スペクタクルコント” はさらに壮絶さを増す。

[現代の視点でありえないもの]

■不死身

『007 死ぬのは奴らだ』 『007 黄金銃を持つ男』 のペッパー保安官に続く 「絶対ありえない」 2作品連続登場。またしても 「人間ではない」 “大スペクタクルコント” を徹底的に見せる。オープニングからパラシュートなしの降下でもジョーズは絶対死なない。

ケーブルカーが故障して止まらず大破。だがジョーズには少し転んだ程度だ。

ボートが止まらず滝に転落。ここまで “笑い” の精神を徹底的に貫くルイス・ギルバートに敬意を表する。

■細部にまで行き届く “笑い”

どんな時にも絶対 “笑い” を忘れないサービス精神。心から尊敬する。

■先祖として選ばれた 「完ぺきなる肉体を備えた人類」

「新人類創造」 の野望を抱くドラックスが先祖として選んだ 「完ぺきなる肉体を備えた人類」 達。何兆円も掛かる大計画において、一体何を基準にして選んだのかが大問題だ。人間の尊厳である 「想像力」 は考慮されてたのか? 「間違ってる」 というテーマを描くためにドラックスにバカな真似をさせたのか? それともルイス・ギルバートが本気で 「完ぺきなる肉体を備えた人類」 を先祖として選んでしまったのか? 脚本家の責任なのか? 今となっては知ることができない。

■「起きていたよ」

ソ連のゴーゴル将軍がドラックスを阻止すべく立ち上がる。「寝てられるかね? 問題ばかりだ」 と話すベッドには “ダイナマイト・ボンバー・ギャル” が。いらないとこに異常なリアリズムがあってどうする! このシーンは本当に必要だったのか! このシーンの意味は!

■シャトルを操縦するボンド

お前操縦できんのか! 行きは 「フライト・プログラムは セットされてるわ」 なんて言っていたが、帰りはもろ 「手動」 で大気圏突入だ! 細かいことは気にするな! 「ボンド、ジェームズ・ボンド」。

■無重力SEX

「米英初のジョイント飛行なので…」 とM達が話していると、任務完了したボンドとロイス・チャイルズの 「無重力SEX」 映像が! 「何をしとる?」 の問いにQが 「再突入でしょう」 と答える。バカ過ぎる! これが “本物のジェームズ・ボンド” だ!

■『007 ムーンレイカー』 [後編] につづく


※つづきはアメブロで!http://ameblo.jp/rocky-balboa-1976/entry-11522913469.html

投稿者:Kircheis投稿日:2011-06-25 04:39:12
【ネタバレ注意】

俺の中では007シリーズ中、最低の作品。

その理由はボンドの頼りなさに尽きる。とにかく情けないのだ。

女性パイロットのコリーンなんかボンドに利用されるだけされて犬に喰われて哀れな末路を迎えるし、ラストで改心したジョーズ達カップルもあっさり見捨てて自分らだけ逃走。

コネリーなら窮地に陥っても平気そうな顔して切り抜けるんだが、ムーアはなんか必死なのも情けなく見える。

前作に続いての登場となるジョーズの不死身ぶりもなんか飽きたし(彼女できて改心するくだりは好きだが)、あの竹刀振り回して襲いかかってくる奴は何がしたかったのか…??

最後の宇宙船バトルも盛り上がらなかったし、安定して面白い007シリーズの中で唯一観ててつまんない映画だった。

投稿者:ジェームス投稿日:2011-04-16 01:40:33
まず冒頭のスカイダイビング・アクションが凄い。アマゾン川でのモーターボートチェイスシーンも迫力ある。それとやはり宇宙空間でのスペクタクルシーンはさすがに見応えたっぷり。ただしベニスでのゴンドラがホバークラフトになるシーンはやりすぎかも。あとトシロー・スガとの対決シーンやアナコンダとの格闘シーンなど面白くないシーンも少なくない。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-07-25 17:13:22
面白い場面の殆どがジョーズの出てる所だった(笑)。マンネリ化したゴジラが悪役のメカゴジラに食われたのと同じだな。その他の要素は突っ込み所が多過ぎて書く事が出来ない。謎の東洋人チャンが竹刀でボンドを殺そうとする糞みたいなアイデアがよく通ったな。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-04-22 03:01:33
「黄金銃を持つ男」が愛人の思惑云々というスケールの小さい話だっただけに、今作は反動で相当気合が入ったのかとんでもない規模になってますね(笑)
シャトルジャックまでは驚きませんが、人類滅亡・新世界形成など女好きの英国諜報部員ではどうにもならないようなストーリーになっちゃってました(爆)

ロープウェイや定番のボートチェイス、基地内での立ち回りなど大仰なアクションが盛りだくさんなので娯楽アクション(コメディ)としても楽しめますね。
数あるアクションシーンの中でも一番の見せ場は、やはり冒頭の緊張感たっぷりのスカイアクションでしょう。
スパイアイテムも結構活用されるのも楽しめた要因の一つでしょうね。
終盤の宇宙空間でのアクションはレーザーガンがピュンピュン鳴ってるだけなので迫力も面白みもなかったです。
コネリー時代の海中ダイバーアクションを宇宙に持っていったような感じですね。

今作でもリオを筆頭にベニスの街並みやアマゾンと舞台背景を満喫する事ができました。
主題歌はあまり好きではありませんが、挿入曲は結構良かったですね。
暗証番号の音楽も(爆)

007史上最も強烈なキャラクターと言えるジョーズが再登場するのもファンには嬉しいトコロ。
彼の不死身っぷりは健在ですし、そこにチャーミングなキャラ設定も書き加えられています。
正直、ジェームズ・ボンドよりもキャラクター性が高くなっているのでレギュラー化されても不思議ではないですよね。
まさかのロマンスには親しみさえ覚えましたよ(笑)
ボンドガールがどれなのか分からないほどレベルの高い美人さんが多く出演しているのも華やかさがあってイイですね。
メインボンドガールは博士を演じていたロイス・チャイルズさん・・・整った顔立ちで美しい女優さんでした。
ただ、彼女よりもドラックスの秘書を演じていた女優さんのほうが魅力的だったカナ・・・。
そして、コネリー時代から定番化されている日本文化の描き入れ・・・今作はまさかの剣道です(爆)
もう彼のパートは全てお笑いでしかありません。
ターーーーッ!!!とか言いながら竹刀振り回されても全く命の危険を感じませんし(爆)

相変わらずユーモラスな味付けの多いロジャー・ムーア作品ですが、個人的にツボだったのは鳩も二度見の光景でした(笑)

遊び心というよりはフザけ過ぎの007ですが、現実無視のストーリーもここまで来ると色んな意味で楽しめますね。
なんだかんだ振り返ってみると、この常軌を逸した作品がロジャー・ムーアシリーズの中で一番総合評価が高いかもしれません(爆)
ショーン・コネリー時代の007が好きだった方には間違いなく低評価だと思いますが(笑)
投稿者:なちら投稿日:2009-03-16 01:55:36
10作目までは、『女王陛下〜』でのスキーが一番カッコいいアクションシーンだと思っていたんだけど、
この冒頭のダイブもなかなかだね。
抵抗を無くしてギューンと飛ぶのがイカス。ボンドは何でも出来るなぁ。

えぇっ!?と思うような映画からの引用があったりして、心が離れがちになる事もあった…。
でも、宇宙船でガス球を追う所は良い緊張だったし、
今回のボンドガールは全員がちゃんと美しいので、まぁいい事にする。
(ほら、たまに微妙なビジュアルの方がいるでしょう?)

ジョイント飛行て…。
投稿者:NYY投稿日:2008-07-13 21:01:16
これは痛い作品だなw。
宇宙へ行って、ビームの銃でピュンピュンって撃ち合いしてたしw。
ピュンピュンって、音は嫌いじゃないんだけど・・・
笑っても良いのかな。
テレ東でやるのに相応しい作品ですね。
 
でもまあ、ボンドガールのCAだかCIAだかのネーチャンは
好きなタイプだったな。
 
ロープウェイのシーンなんかは、いー感じだった。
その後の船もカッコ良かった。
 
手首から飛び出す針みたいのは、いいな。
「手を上げろ」→「はいはい」って、油断させておいて、グサっ
て倒すとか・・・
あれは、日常生活でも、なかなか使えそうなアイテムですね。
んな訳ないかw。
 
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-09-26 21:29:06
【ネタバレ注意】

やっぱり、この映画好きだ。
オープニングから超爆破系?
スカイダイビングにケーブルカー?やっぱりジョーズは死なねぇ。
暗証番号の未知との遭遇やらツァラストラな角笛は兎も角、荒野の七人とあの扮装は意味ないだろ?(けど楽しい)
ベネツィアのゴンドラ〜アマゾン?妙に植物にも詳しいボンド。
しかも宇宙に逃げ出してバルサンを炊く?〜美男美女って思ってないジョーズが怒りを爆発させるのがナイス〜しかもおてて繋いでランランラン…だからね〜リオの群衆に押してかれるし、何か極悪人に思えねぇ。
逆にあの剣道野郎(森林を逃げ惑う美女…)は癇に障るね〜Play it again, Sam.…「once」じゃないんだね。

有り得ないのは「ノアの箱舟計画」で、スペースシャトルで宇宙に行く事じゃないだろ?
シャトルの打ち上げの度に「有り得ねぇ」と叫ぶのか?〜まぁ光線銃で撃ち合うのは…SWかよ?

大気圏突入ならぬ○△×で締めるQもお洒落です。

投稿者:ロビーJ投稿日:2007-06-26 16:13:12
まず本作を見て思ったことはロジャー・ムーアってカッコいいのかということ。私にはとても耐えられないロジャーのおっさん的なルックスは、ボンドとして微妙としか思えなかった。。
本作を見たのは私の趣味じゃなくて、お父さんが凄い勢いで薦めてきたから。レンタルで目をキラキラさせながらお父さんに「コレ、面白いんだよ!」と言われたら借りるしかなかったんです。
家に帰って早速、家族皆で鑑賞して、最初の方はなかなかの展開に嬉しかったけど、後半の宇宙は・・・ダメでした。無理がありすぎで・・・。とにかく当のお父さんまでも、言葉を失ったかのような表情で見ている様子は、私にとって爆笑でしかなかったです。
とにかく何だかんだと地味に対決か何かをして終わり。私はやっと終わってくれて本当に嬉しかった。
まぁ昔からの007ファンには良いのかもしれないけど、私のようなダニエル・クレイグのボンドで初めて良さを知った人間には、ハッキリ言って本作はキツいものがありましたです。。
投稿者:シネマA投稿日:2007-02-13 21:46:19
 数ある007シリーズのなかで最低の駄作と断言する向きもあるようですが、決してそんなことはないと私はおもいますよ。ギャグ満載のお気楽SFコメディー活劇映画と割りきって観るぶんには、大いに愉しめる娯楽作品でしょう(以下、若干ネタバレあり、です)。

 たしかにイアン・フレミングの原作小説からは完全に逸脱した別物としかいいようがない。制作当時は特撮を駆使したSF映画の大作が隆盛をきわめた時期。たとえば『スター・トレック』と『エイリアン』が同じ年に公開されています。ブームに便乗して、とうとうジェームズ・ボンドも宇宙空間に飛び出して大活躍してしまいましたとさ。

 米国からイギリスへ空輸中のスペースシャトル《ムーンレイカー》が不意に消息を絶つ。調査を任された英国諜報部員のボンド(ロジャー・ムーア)は、シャトル開発者で大富豪のドラックス(ミシェル・ロンズデール)に目をつける。そして、NASAが派遣した研究員ホリー(ロイス・チャイルズ)と二人で、驚愕の謀略を阻止するため果敢に立ち向かっていくのだった。

 ロジャー・ムーアは、初代ボンド役のショーン・コネリーより三つ年上なんで撮影のときはすでに五十代。それにしてはダンディーというか、精力絶倫っぽくて余裕綽々。タキシードの正装がお似合い。ただし運動音痴な役者さんらしくて、アクションはいつも吹き替え。カット割りでごまかす。冒頭の空中シーンは迫力あったけど、アマゾンの大蛇と水中で戦う場面なんて剥製をからだに巻きつけて遊んでるようにしか見えません。窮地に陥ると、どうしてもQがつくった数々の秘密兵器に頼りがちです。

 ヒロイン役のロイス・チャイルズは主演級の女優とはいえないなあ。いちおう美人なんだけど華がない。他のボンドガールでは、コリンヌ・クレリーが異色でなつかしい。『O嬢の物語』(1975) や『ヒッチハイク』(1976)で裸身をさらして、かつては密かな人気があったセクシー女優。でも、演技に特筆すべきものはないです。ボンドの色仕掛けに屈したのがバレて、あっけなく猟犬どもの餌食にされてしまう美人秘書。

 マッドサイエンティスト役のミシェル(現・マイケル)・ロンズデールは、ほんとは力のある俳優なんだけど、地味すぎたかな。向いてないです。冴えなかった。

 むしろ手下の殺し屋ジョーズ(リチャード・キール)のほうが、強烈な存在感で光っていました。コメディーリリーフのくせに、主演のボンドの次に目立っています。イグアナの滝から落ちても不死身。なんと、眼鏡っ娘とのラブシーンまで用意されています。なぜか途中で好人物に変身。こんなのあり? いいかげんなシナリオですね。大ヒットしたシリーズ前作の『007/私を愛したスパイ』(1977)につづいての再登板。ボリス・カーロフ扮するフランケンシュタインの怪物を意識した役づくり。

 他にも、有名な映画からの引用のお遊びがあちこちにばらまかれているので探してみてください。順不同で『未知との遭遇』『カサブランカ』『大いなる西部』『2001年宇宙の旅』『スター・ウォーズ』など。突っ込みどころと笑いどころに事欠かないです。

 最後に、巨大スクリーンに映し出された中継映像に眼をむいた国防大臣が「My God, what's Bond doing?」というと、Qが「I think he's attempting re-entry, sir.」と答える下ネタのジョークが、この作品の意図したところをまさに象徴しているんじゃないですかね。
投稿者:bond投稿日:2007-01-29 16:57:06
オープニングは素晴らしいが全体としては原作と全然違い、漫画になってしまった。とはいえ、当時は劇場でワクワクしたもんだが。
投稿者:フェニックス投稿日:2006-10-11 23:02:10
確かに荒唐無稽でバカバカしいけど、劇場で楽しんで(ビデオならゆっくり家でくつろぎながら)後に余韻を残さないという意味では本当の映画では?
前作「私を愛したスパイ」に続き、世界を破壊するという妄想にとりつかれた大金持ちが相手なので、特定の国が悪役でもなく、話が非常に判り易い。冒頭でボンドとの空中格闘戦で、殺し屋ジョーズのパラシュートが開かずそのままサーカスのテントに落下し、そのシルエットが回転しながらオープニング主題歌につながっていくシーンは、007シリーズでも1、2を争う出来。
投稿者:ポッパー見習い投稿日:2003-08-28 11:14:32
いくらブームだからって、シリーズの方向変えるのは、
昔からのファンへの嫌がらせにもなってしまうのでは。
007シリーズの中ではダントツでつまらん作品。
投稿者:すちゃらかポン太郎投稿日:2003-07-28 00:31:31
【ネタバレ注意】

前作で大ヒットを収めたスタッフ陣が「前は海が舞台で成功したから、今度は宇宙行こうや」と調子に乗って作ったと言われる悪名高い作品。
とはいえ、前回登場した殺し屋ジョーズとのいきなりのリターン・マッチ(しかも空中で!)には度肝を抜かれるし、大富豪の城での潜入調査、狩猟場で刺客を始末するシーン、ボンドに通じていた秘書("O嬢"C・クレリー!)が猛犬の餌にされる場面などはスパイ・サスペンスっぽくて悪くないです。しかし、謎を追って世界各地を飛び回るようになってくると次第に珍妙な方向に走っていく(笑)。

東洋人の殺し屋は竹刀と剣道着で「イヤー!」とか叫んで襲いかかるし(刺客が夜、大声を出すなよ…つーか、その装備じゃ殺せねーよ!)、突然西部劇の世界入るし、カーニバルで馬鹿騒ぎするし、クライマックスはスターウォーズ状態だし、ラスボスの最後は007史上最も間抜けな死に様と言っていい情けなさだし……もう、ストーリーが……ないよね。話がまるでまとまってない(笑)。
007って所詮、スパイ・アクションの形を借りたファンタジーなんだけどさ、荒唐無稽な中でも限度は保って欲しい。

とはいえ、同じムーアボンドの『黄金銃〜』なんかと比べればボンドは活躍してるし、無茶苦茶だけど面白いことは面白いんです。製作側の出鱈目なまでのパワーを感じることは出来る。
何より、ロジャーの笑顔は憎めない。コネリーが『二度死ぬ』で日本人になってだらしない助平笑いを浮かべてた時は虫唾が走ったが、ムーアが宇宙で「ジョイント」してもあの笑顔をを見てると「ハハハ、しょうがねーな、あのオッサンは!」ってこっちも笑って許せちゃったりなんかする。不思議な人ですねぇ。
恋をして、優しい気持ちに目覚めるジョーズ君も微笑ましいです。

ま、他の作品と比べスリルやサスペンス、ストーリー性は乏しいですけど、頭を空っぽにして気楽に楽しめばよろしいかと。
それにしても、DVDの音声解説で『傑作だったね』『大成功だ』と自画自賛する主要スタッフはどうだろう?

投稿者:JJ投稿日:2002-05-13 12:33:41
【ネタバレ注意】

冒頭のスカイダイビングしながらのパラシュートの奪い合いの迫力は最高。
さすが007!カッコよすぎ!!と思ったら、話が進むにつれて、ついにそこまでやるかー。ちょっと、やりすぎじゃない?というぐらい、漫画チック度が高く、もはやギャグの域に達している。
007が宇宙へ行くなんて、ビックリ仰天。鋼の歯を持つ殺し屋ジョーズが、ここでも登場するが、彼の不死身ぶりも、もはやギャグ状態。イタリアのベニスのサンマルコ広場もビックリ仰天なゴンドラのチェイスにも大笑いさせてもらいました。

投稿者:eddie投稿日:2002-04-16 12:00:17
個人的な話だが、あんまりシリアスな映画は得意じゃないんで・・・。
こういうエンターテイメントの極致のような映画は、肩の力を抜いて楽しめるからいいね。
ただ、このシリーズって、一面ではものすごく真面目というか健全なつくり。バイオレンスもほどほど。セクシーさもほどほど。そういう点が物足りないといえば物足りないかな。
投稿者:ASH投稿日:2002-02-11 20:46:26
【ネタバレ注意】

 実は、俺がいっちゃん最初に劇場で観た007がコレだったんだよね。だから、格別な思い入れがあるもんだから決して嫌いになれないのよ。巷が言うほど駄作だとは思ってはいないし。確かに、007が宇宙へ行くなんて荒唐無稽もいいところ。でも、この当時ってSF映画の一大ブームがあって、乗り遅れちゃいけない事情が製作陣にもあったんだと思うよ。

 それだけに、SFXに関してはシリーズ最大のスケール!クライマックスの無重力空間でのレーザー銃の銃撃戦なんて迫力満点でした。ジョーズの不死身ぶりも、もはやギャグの領域!彼には最後まで徹底的に悪でいて欲しかった反面、恋した眼鏡ッ娘のために改心するなんて泣かせるじゃありませんか。ラストのQの「再突入に入りました」もイカした名台詞!シリーズとしては中の下だけど、そこそこ楽しいシリーズの1本として胸に刻まれているわけ。

 バーナード・リーのM、この映画ががファイナル・アピアランス。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 視覚効果賞デレク・メディングス 
  Paul Wilson 
  John Evans 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】007 ブルーレイコレクション2017/11/22\19,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007 コレクターズ・ブルーレイBOX <「007 スペクター」 収納スペース付/初回生産限定>2015/10/07\25,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007/ロジャー・ムーア ブルーレイコレクション2015/10/07\8,500amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007/ムーンレイカー2015/10/07\1,905amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007 ジェームズ・ボンド ブルーレイ・コレクション <初回限定生産>2013/12/20\19,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007/ムーンレイカー2013/04/03\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007 製作50周年記念版 ブルーレイBOX <初回生産限定>2012/10/19\31,429amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007/ムーンレイカー2011/04/22\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】007/ムーンレイカー2009/03/27\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】007 コレクターズ・DVD-BOX <「007 スペクター」 収納スペース付/初回生産限定>2015/10/07\20,000amazon.co.jpへ
 【DVD】007/ロジャー・ムーア DVDコレクション2015/10/07\6,375amazon.co.jpへ
 【DVD】007/ムーンレイカー 【TV放送吹替初収録特別版】2015/07/08\1,900amazon.co.jpへ
 【DVD】007 ジェームズ・ボンド DVDコレクション <初回限定生産>2013/12/20\15,800amazon.co.jpへ
 【DVD】007 TV放送吹替初収録特別版 DVD-BOX 第二期2013/01/09\15,000amazon.co.jpへ
 【DVD】007/ムーンレイカー 【TV放送吹替初収録特別版】2013/01/09\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】007/ムーンレイカー デジタルリマスター・バージョン2012/11/23\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】007/ムーンレイカー アルティメット・エディション2008/12/19\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】007 アルティメット・エディション スペシャル・コレクターズBOX <完全数量限定限定生産>2007/08/25\28,381amazon.co.jpへ
 【DVD】007/ムーンレイカー デジタルリマスター・バージョン <初回限定生産>2007/08/25\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】007 アルティメット・コレクションBOX <10,000セット完全数量限定生産>2006/11/22\61,905amazon.co.jpへ
 【DVD】007/ムーンレイカー アルティメット・エディション2006/11/22\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】007 製作40周年記念限定BOX <初回限定生産/アンコール発売>2004/08/20\39,800amazon.co.jpへ
 【DVD】007/ムーンレイカー 特別編 <BONDを買ったら、BONDがタダ!キャンペーン>2004/08/20\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】007/ムーンレイカー 特別編 <期間限定生産>2003/02/26\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】007 特別編 コレクターズBOX 2 <初回限定生産>2000/12/26\19,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】007/ムーンレイカーレンタル有り
 【DVD】007/ムーンレイカー 特別編レンタル有り
 【DVD】007/ムーンレイカー THXバージョンレンタル有り
 【DVD】007/ムーンレイカー デジタルリマスター・バージョンレンタル有り
 【VIDEO】007/ムーンレイカー <ワイド>レンタル有り
 【VIDEO】007/ムーンレイカーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION