allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アリゾナ・ドリーム(1992)

ARIZONA DREAM

メディア映画
上映時間140分
製作国フランス
公開情報劇場公開(アミューズ=ユーロスペース提供/ユーロスペース)
初公開年月1994/07/30
ジャンルドラマ
アリゾナ・ドリーム [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,375
USED価格:¥ 1,381
amazon.co.jpへ

【解説】
 アクセルは、叔父の結婚式の為にアリゾナへやって来た。そこで彼は、夫を射殺した過去を持つ未亡人の家に住み込み、自殺願望癖の娘と恋に落ちる。そして、それぞれの夢を抱いた人々は、自ら破滅の道を辿り始めるが……。ジョニー・デップ主演のこの映画は、幻想的とも言えるアリゾナの地を舞台に、失われたアメリカンドリームへの郷愁とでもいうようなスタイルを持って進行される。なんとも不思議な雰囲気の中繰り広げられる、人間ドラマの佳作。ベルリン映画祭銀熊賞受賞作品。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1398 7.54
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2012-08-02 14:16:30
演出:7
演技:6
脚本:3
音響:5
投稿者:こじか投稿日:2010-08-16 00:36:12
最近は特にこの作品の話題が全くない気が…。
普通に観れます。埋めるのはもったいない。
確かに他作品と並べると異色かな。
ふわふわのんびりしたりリアルだったり。
ん、字にするとクストリッツァ作品っぽいな!?
投稿者:ito-p投稿日:2007-12-10 21:14:34
アンダーグラウンドと比べると、あまりにグダグダだし、その割に中身ないし、良くなかったです。
アメリカでは即効打ち切りになったそうですが、なるほどという感じ。
アラスカとか、パプアとか色々なエピソードが劇中に出てくるけど、どうもしっくり来ない。。
んでヒラメ??視界が狭くなるって思いつきに引っ張られ過ぎでは。
意味ありげで意味ないことが多くて、見終わった後に何も感じなかったです。
投稿者:なちら投稿日:2007-06-12 01:17:30
大人になると本当の自分(片側)が見えなく、もしくは見なくなる。
夢は結局夢で現実とは違い、片側を見ない事で大人になる。諦めを説いた映画。
投稿者:織田秀吉投稿日:2007-01-15 20:47:59
何だかよく分からんかった………。なぜ、ジョニーデップがフェイダナウェイを好きになるのかも謎だし、なぜダナウェイが空を飛びたいのも謎だしと謎ばっかりだった……見てて損をする作品………
投稿者:hanoka投稿日:2004-06-13 10:06:43
デップの作品では、これとシザーハンズとデッドマンがベスト。
クストリッツァの中では結構異色作なんじゃないかと思うけど、
やっぱりクストリッツァはクストリッツァだなぁ。
前半は、他の作品に比べてぶっ飛んだ感じは無いものの、
思わず笑ってしまうようなコミカルな展開、
そして後半に、何とも言えない喪失感と不条理さが、
この映像美に乗っかって、息苦しいほどに迫ってくる。
そりゃ無いよ、と言いたくなるけど、実際世の中、このくらい不条理。

デップ、ルイス、ダナウェイ、ギャロ、
みんな個性際立ちまくりで、面白い。
特にリリ・テイラーがこれほど可愛らしく魅力的に見える作品は他に無い。
投稿者:JJ投稿日:2003-04-04 12:39:40
かなり奥が深く、1度2度では、内容や趣旨を理解し難い。
やはりフランス製作だからか????
『アメリカン・ドリームはもう存在しない。(=夢は所詮、夢でしかない)』
というネガティブな考えを肯定し、アメリカ社会の矛盾点を風刺した映画だそうだ。
登場人物はみんな夢に向かって生きていこうとする。
ギャロは俳優を夢み、デップは魚になりたいと言い、
ダナウェイは鳥になりたい(=空を飛びたい)といい、
リリーは亀になりたいというのだが、
やはり、夢は夢でしかないというオチが、物悲しさを感じさせる。
投稿者:yuu投稿日:2002-08-12 15:30:48
ジョニーデップが良かった。彼の終始情けない顔。
リリーテイラー扮する娘の最期が何度も胸によみがえる。
この映画に出てくる人物は皆思いつきのような夢を真剣に夢見、
そしてその夢はもちろんかなわない。
夢は必ず朽ちていくのだ。
だけど、そこにこみ上げてくるのは絶望ではなくある種の心地よさ。
夏の終わりの夕暮れをぼんやりと眺めるときのあの心地よい胸の痛みに似た切なさ。
私はこの映画好きです。
投稿者:プードル投稿日:2002-05-04 01:02:39
始終、不思議な雰囲気でした。
空飛ぶ魚や、アラスカのファミリーの話、叔父の夢や自殺願望の娘、旦那を銃殺した妻、訳わからん・・・
ジョニー・デップがフェイ・ダナウェイに恋する過程もわからないし、しかも実は娘の方を愛してたなんて何でやねん!と突っ込みたくなった。
見終わった後も、なんともすっきりしない映画。
投稿者:きむ投稿日:2001-04-12 15:11:19
出てくる人の個性がすごく強いと思った。ただいまいちわからなかったのが、時々出てきた、空飛ぶ魚、アラスカの家族あれはジョニーデップの夢の世界???最後まで謎でした。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 銀熊賞エミール・クストリッツァ 
【レンタル】
 【Blu-ray】アリゾナ・ドリームレンタル有り
 【DVD】アリゾナ・ドリームレンタル有り
 【VIDEO】アリゾナ・ドリームレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION