allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ある殺し屋の鍵(1967)

メディア映画
製作国日本
初公開年月1967/12/02
ジャンルサスペンス
ある殺し屋の鍵 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 1,982
USED価格:¥ 2,580
amazon.co.jpへ

【解説】
 「ある殺し屋」シリーズ第二作目。藤原審爾の原作『消される男』を「処女が見た」の小滝光郎がシナリオ化し、前作「ある殺し屋」でもメガホンをとった森一生が監督した。市川雷蔵が非常な殺し屋に扮し、華麗なテクニックでターゲットをしとめる姿を描く。
 新田の表の顔は日本舞踊の師匠だが、裏の顔は凄腕の殺し屋だった。石野組幹部の荒木から、政財界の秘密を握る脱税王の朝倉を暗殺するよう依頼された新田は、朝倉の定宿であるスカイライン・ホテルへ。プールで朝倉の命を狙う新田だったが、日本舞踊の弟子である芸者の秀子の出現により中断を余儀なくされる。ようやく新田は朝倉を始末し荒木との約束場所に到着するが、そこに荒木の姿はなく無人の車が置いてあるだけだった。新田が乗ったその車は、ブレーキが意図的に壊されていた。それは荒木の裏切りを意味していた。
<allcinema>
【関連作品】
ある殺し屋(1967)
ある殺し屋の鍵(1967)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2017-12-07 14:35:12
【ネタバレ注意】

<あらすじ>日本舞踊の師匠は仮の姿で実は凄腕の殺し屋・新田(市川雷蔵)のもとに、石野組幹部荒木(金内吉男)から、政財界の裏情報を持つ朝倉(内田朝雄)殺しを依頼される。1500万円で引き受けた新田は、愛人の秀子(佐藤友美)とともにホテルのプールで戯れる朝倉を針の一突きで仕留めた。ところが石野(中谷一郎)と荒木が新田を殺そうとしたことから反撃。2000万円を手にして新田は二人を殺す。さらに背後に遠藤建設社長の遠藤(西村晃)がいることを突き止めた新田は秀子を利用して、遠藤の背後の黒幕を突き止めようとしたが、遠藤は誤って死んでしまう。しかしそこにかかってきた電話で欧州に発つ予定の政財界フィクサー北城(山形勲)が真の黒幕だった…。

市川雷蔵はこの作品が公開された1967年頃は「眠狂四郎」や「若親分」「陸軍中野学校」シリーズをかけもちで主演し、大映の屋台骨をひとりで支えていたといって過言ではない(そうした過労もあってか1969年に37歳の若さで急死してしまうのだが)。
「ある殺し屋」は二作品に留まるが、ハードボイルド路線のこの作品ではニヒルな殺し屋を演じている。
前作に比べると面白さを追求した分、説明的でやや雑な印象は拭えないが、当時26歳の佐藤友美の存在感はなかなか。大人の女の魅力を存分に発揮しながら、男たちを手玉にとるのだけれど、雷蔵に踊りを教えてもらう佐藤友美の着物姿もなかなかいい。
そしてそうした抑えた筆致のなかで、ポイントポイントを的確に描写する宮川一夫のカメラがまた素晴らしい。暗い部屋でひとり雷蔵が舞う姿は、陰影に富み、どきっとするほど美しいし、駅のロッカーに通じる通路の遠景の描写も見事。単なる通路なのにどうしてあんなに人工的で孤独感すら感じさせる映像になるのだろう。

一方でプールのシーンなどで半裸の市川雷蔵も登場するけれど、殺し屋というにはあまりに貧相な体格で少々哀しくなってしまう。だから格闘シーンなども無理を感じてしまうのは仕方がない。
秀子の部屋に屋上から紐を下ろして侵入するシーンは殺し屋の見せ場のひとつなのだろうけど、部屋からの帰りはどうやって逃げたの?と率直に思う(笑)。もう一度登ったのか??
そしてラストで金を入れたロッカーの鍵を取り戻しに殺害現場に戻る市川雷蔵。現場検証中にもかかわらず、「急いでいるんだ」のひと声であっさり入れてしまうマヌケな警官。さらにカーペットの上に落ちている鍵をあっさり見つける雷蔵。このシーン必要か?(笑)

というわけで、上映時間も短い(79分)本作品。それでも市川雷蔵の円熟味を感じさせる愛すべき作品のひとつだ。
針を武器にした殺し屋、いってみれば現代の「梅安」先生だったんだね。

投稿者:scissors投稿日:2013-08-21 04:56:21
サスペンスとして大味なのは前作と変わらず。
前作に比べて薄味で全体に締まりが無いのは演出のせい?
話自体もけっこう単純。

しかしこの主人公、やることなすこと判断基準が全てカネ。
いちばんカネに拘ってるのはオマエだろう。
脅し取ったカネを持ち帰るのにフトコロから持参した折り畳みバッグを取り出したり、札束の封を切って出たゴミをちゃんとゴミ箱に入れてから帰ったりはちょっとオカシイ。

佐藤友美って今まで興味が全くわかなかったけど、これの佐藤友美はイイ感じ。
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 09:47:00
市川雷蔵
投稿者:シネマA投稿日:2006-02-24 12:23:59
 市川雷蔵主演『ある殺し屋』の続篇。話は独立してますが、第一作をさきに観るのをおすすめします。正直いって、前作より見劣りします。設定がなあ。なんか民放TVの某サスペンス劇場の出来のいいやつ、という感じかな。でも、こちらは80分で観おわることができるので、まあ良しとしてください。
 ちなみに、小林幸子は出演していません。人物設定、変えちゃったんだ。結局、レギュラーにはなれなかったみたいです。たしかに、影が薄かったけど。
 今回も撮影は、名カメラマン宮川一夫です。いいわ。やっぱ、はっきりちがいますね。森一生の演出にもうすこし切れがあればなあ。悪くはないけど、プログラム・ピクチュアの職人監督だから。
 ほいきた、一丁あがりってか。
投稿者:ふじこ投稿日:2004-11-06 16:02:51
「ある殺し屋」シリーズ第二弾。今回の雷蔵扮する殺し屋は日舞の師匠。でも相変わらずクールに仕事をこなし、これでは水着姿も披露。(あのプールサイドでサングラスは結構目立ってたのではないだろうか。大丈夫か?仕事人!とひやひやしたものだが・・)
金の為に動く佐藤友美。でも女は殺らないとこが又気に入った。
鍵を放り出し、又何処かへさすらってゆく雷蔵さんの後ろ姿がとても渋いのでありました。

若き西村晃さんや中谷一郎さんが出てたので、一瞬狄絽猷門爐脳裏をよぎった・・
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ある殺し屋の鍵2013/12/20\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ある殺し屋の鍵2004/08/27\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ある殺し屋の鍵レンタル有り
 【VIDEO】ある殺し屋の鍵レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION