allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

座頭市血煙り街道(1967)

メディア映画
上映時間87分
製作国日本
公開情報劇場公開(大映)
初公開年月1967/12/30
ジャンル時代劇/アクション
座頭市 Blu-ray BOX
参考価格:¥ 58,320
価格:¥ 37,908
USED価格:¥ 41,800
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:三隅研次
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:笠原良三
撮影:牧浦地志
美術:下石坂成典
編集:谷口登司夫
音楽:伊福部昭
助監督:友枝稔議
出演:勝新太郎座頭市
近衛十四郎赤塚多十郎
高田美和おみつ
朝丘雪路ともえ
中尾ミエみゆき
坪内ミキ子お仙
伊藤孝雄庄吉
小池朝雄前原の権造
小沢栄太郎代官手附鳥越
【関連作品】
座頭市物語(1962)シリーズ第1作
続・座頭市物語(1962)シリーズ第2作
新・座頭市物語(1963)シリーズ第3作
座頭市兇状旅(1963)シリーズ第4作
座頭市喧嘩旅(1963)シリーズ第5作
座頭市千両首(1964)シリーズ第6作
座頭市あばれ凧(1964)シリーズ第7作
座頭市血笑旅(1964)シリーズ第8作
座頭市関所破り(1964)シリーズ第9作
座頭市二段斬り(1965)シリーズ第10作
座頭市逆手斬り(1965)シリーズ第11作
座頭市地獄旅(1965)シリーズ第12作
座頭市の歌が聞える(1966)シリーズ第13作
座頭市海を渡る(1966)シリーズ第14作
座頭市鉄火旅(1967)シリーズ第15作
座頭市牢破り(1967)シリーズ第16作
座頭市血煙り街道(1967)シリーズ第17作
座頭市果し状(1968)シリーズ第18作
座頭市喧嘩太鼓(1968)シリーズ第19作
座頭市と用心棒(1970)シリーズ第20作
座頭市あばれ火祭り(1970)シリーズ第21作
新座頭市 破れ!唐人剣(1971)シリーズ第22作
座頭市御用旅(1972)シリーズ第23作
新座頭市物語 折れた杖(1972)シリーズ第24作
新座頭市物語 笠間の血祭り(1973)シリーズ第25作
座頭市(1989)シリーズ第26作
座頭市(2003)北野武監督作
不知火檢校(1960)
ICHI(2008)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
748 6.86
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:scissors投稿日:2012-12-19 11:23:00
一騎打ちのシーンは圧巻というしか。雪の降りかたからしてただものではない。
子供の使い方と中尾ミエが玉に瑕かな。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-11-14 21:15:27
十四郎との対決が本当のクライマックスという構成が良かった。星四つ半。
投稿者:nabeさん投稿日:2011-02-19 01:00:03
座頭市シリーズ第17作。ゴジラの伊福部昭のサウンドが実にシュールな作品である。
定番の子連れ旅と素浪人。今回は時代劇の名優近衛十四郎が出番を務める。いつものように憎たらしい悪人に、小沢栄太郎、小池朝雄と配役にぬかりはない。美女役は朝丘雪路、高田美和、坪内ミキ子、中尾ミエとやや小粒だ。
しかし、勝新の殺陣は作を重ねる毎に円熟味を増し、もはや芸術品である。すべて計算された太刀廻り。その様式美といえるほどの名人芸が観たくてつい映画館に足を運んでしまう。当時リアルタイムに封切館で座頭市を観れた人達が羨ましい限りだ。
秋の青空に映えるススキが、たまらなく郷愁を誘う。
投稿者:リEガン投稿日:2010-11-06 11:18:54
とある宿場で相部屋になった女から今わの際に子供を託された市。父親を探し求めて按摩と幼子の珍道中が始まった。人情篤い旅芸人の一座や謎の剣客と出逢いながら、やがて市はご禁制の絵皿をめぐる陰謀に巻き込まれていく。
小学生の頃、学校帰りの楽しみは夕方に再放送されるTVドラマ。なかでも時代劇の「月影兵庫」と「花山大吉」が大好きで、猫が苦手だったりオカラに目がなかったりするユーモラスなキャラクターが、いざ刀を抜けばスーパーヒーローへと変貌する近衛十四郎に夢中だった。昭和42年のその当時、お茶の間の人気絶頂だった近衛を敵役に招聘した座頭市シリーズの第17作。晩秋の風景を捉えた画面構成や静から動への躍動感など、三隅研次監督の演出が随所に冴えわたる。子供を救うため、数十人のやくざ一家を一気に殲滅する座頭市のパフォーマンスは圧巻。しんしんと雪降り敷くラストで、勝新太郎と近衛十四郎が相まみえる重厚かつスピーディーな剣劇シーンは見事と言うしかない。傑作。悪役に小池朝雄と小沢英太郎を配し、朝丘雪路や松村達雄、なべおさみ等がゲスト出演している豪華版。中尾ミエが劇中でミスマッチな現代風の歌を披露して笑える。
投稿者:マジャール投稿日:2007-07-02 03:10:50
ルトガー・ハウアーがいいだなんて奴には、いくらでもくれてやるぜ。
この作品以外はなっ!

こういう対決が見られる喜びを、チャンバラ・ファンは今日もまた噛みしめるのであった。
投稿者:tomason投稿日:2004-03-08 07:57:09
数ある座頭市シリーズの中で、これたけ皆さんのコメントがあるのは嬉しい限り。よっく分かります。リメイクのおかげで、つた屋に旧作が並んだのを機に見直し始めたところだが、迷わず最初に選んだのが、この「血煙り」。劇場初見時にも凄いと思ったのだが、改めて見ても全く古びていないのは驚き。何と言っても近江の顔の良い事よ。久しく本物の「対決」を観ていなかったので溜飲が下がった。隆慶一郎言うところの「いくさ人」と「主持たじ」の民との激突。両者の対立は、中盤茶屋のシーンですでに始まっている。「恵みは受けない」市と「一度発した言葉は引っ込めない」近江。そしてバランスの取れたストーリーに乗って、最後の雪中の対決。「市!}から「さむらいなんて勝手な...」に至る言葉の闘い。そして真剣の刃鳴りを感じさせる殺陣。快感!! 三隅は「大魔神」を撮るわけだが、近江は目の演技は大魔神の原型のような気がするのは、私のうがたった見方だろうか。
投稿者:映画で元気投稿日:2003-09-14 14:28:07
 北野監督の新生座頭市、新たなスピード感ある殺陣が話題となっています。確かに凄いのですが、この作品の殺陣の凄さは忘れられません。
 一騎討ちの殺陣は、本当に難しいと思います。
 超一流の殺陣の名人通しの息の詰まりそうな戦、歴史に埋もれさせたくない作品です。
投稿者:カイルブロフロスキー投稿日:2002-02-04 22:18:36
時代劇が年寄りの娯楽だなんて絶対ウソだ!
やる気のないテレビ局がそんな作品ばっか作ってるだけだ!!
シリーズ中、特に大好きなのは『血煙り街道』の“VS近衛十四郎”
雪の降る中、睨み合う両者。
互いに隙はない。
鳴り響くは伊福部昭のカッコイイ対決サウンド(ガイラのテーマのアレンジ)
その死闘は
キングコング対ゴジラ
スタン・ハンセン対ビッグ・バン・ベイダー
ブルース・リー対ダニー・イノサントと並ぶベスト・バウト間違いなし
考えるな
感じるんだ!
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】座頭市血煙り街道レンタル有り
 【VIDEO】座頭市血煙り街道レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION