allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

進め!ジャガーズ 敵前上陸(1968)

メディア映画
上映時間84分
製作国日本
初公開年月1968/03/30
ジャンルアクション/コメディ
<あの頃映画> 進め! ジャガーズ 敵前上陸 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,698
USED価格:¥ 3,000
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2010-10-04 01:13:10
【ネタバレ注意】

 前田陽一の才気がほとばしる面白い映画だ。『続・夕陽のガンマン』のパロディシーケンスが結構良くできていたり、『気狂いピエロ』のラストのパンニングが出てきたりといった部分も書きたくなるが、全編に亘って今見ても新鮮な演出が溢れている。例えば、尾崎奈々の登場から続く雪が降るような特殊効果を使った見事な画面処理に感動する。皆で硫黄島へ向かう船のカットが出て「君に会いたい」が流れる、この繋ぎも何ていい感覚だろう。
 配役について。主人公はボーカルの岡本信で、演技も悪くない。カメラ目線の科白が数箇所、ばっちり決まっている。三波伸介と戸塚睦夫は悪役。伊東四朗はホテルのボーイからジャガーズの付き人になる。伊東がすごく目立つ役というのが驚く。もう一人の主人公と云ってもいいぐらい。『続・夕陽のガンマン』のパロディでは、伊東の画面に「いじけた野郎」、岡本には「ちょっといかした野郎」と字幕が出るのだから。あと、超二枚目の警部として登場する若き三遊亭円楽が美味しいところをさらっていく。「きもかっこいい」なんて言葉は使いたくないが、この気持ち悪さの感覚を面白がるのは普遍的に尊いことだと思ってしまう。

 その他備忘で。
・冒頭の坊主の一人は大泉滉。飛行機の中、スチュワーデスは東山明美。
・空港の税関吏の一人に穂積隆信。
・「横浜ドリームランド」奇妙なホテルのテラスで「マドモアゼル・ブルース」を唄うジャガーズ。ここで踊っているのが青山ミチか。
・内田朝雄が各国首脳と電話するシーン。リンドン・ジョンソンと毛沢東の写真。
・スナックでギターを弾きながら「君に会いたい」を唄う岡本。ここで中村晃子が登場。双子の女の子はレイコミツコというらしい。
・ドリームランドの観覧車で内田朝雄と三波伸介が『第三の男』の台詞。
・三遊亭円楽は登場シーンで「星の王子様」を読む。
・プールのシーンで泉アキが登場、一曲唄う。
・スキー場のシーン。大町温泉郷と出る。夜は黒部観光ホテルが舞台。
・硫黄島の残留日本兵は南道郎。この人も目立ついい役。

投稿者:ASH投稿日:2007-12-08 14:33:54
【ネタバレ注意】

 コレねぇ、もしかすると邦画における初の本格的なサイケデリック映画なんじゃないでしょうかねぇ。コレ以外にもあるのかもしれないけど、思い付かないのよ。てなわけで、相当にキテレツな映画に仕上がっちゃっているんだけど、それもまた味なわけでして。

 一応、ストーリーらしいものはあるんだけど、金塊の密輸団の取引きを目撃してしまったがためにジャガーズのシンちゃんが命を狙われるんだけど、そんなのはどーでもよくて、ギャグとパロディとドタバタが全編に渡って脈絡なく展開される、てな感じ。だから真面目に筋を追いかけるようなことはハナから放棄した方がいいよ。

 アイドル映画としては楽しい作りにはなっているが、どうやら脚本も手掛けた前田陽一監督は、ジャガーズというグループを見せることよりも、彼らを借りてサイケ映画を撮ろうとしたフシが見受けられるのよ。シラフで観るにはチトきつい。「LSDの呑みすぎなんじゃないの?」なんて台詞まで出てくるんだもん!

 クライマックスのドタバタは、戦中派から戦後生まれの若者へ向けた反戦メッセージ、というよりは戦争へのおちょくりなんだと解釈しましょか。硫黄島に、いまだに日本が太平洋戦争中だと思い込んでいる日本兵がいるなんて、横井さんや小野田さんの先駆けか? この当時は、終戦からまだ23年しか経っていなかったのね。日本が高度経済成長を遂げるまでの過程を歌ったあのふざけた歌、最高!

 この当時はてんぷくトリオのメンバーだった伊東四朗。なんと、主役の岡本信の次に出番が多い。ジャガーズの付き人として雇われる役なのだが、マッシュルームカットのカツラを被ったりと、お笑いパートを受け持ち。三波伸介が敵側に周ってるってのも、考えてみりゃヘンなんだよなぁ。

 他には、ナルシストな警部さん役で三遊亭円楽(若い!)が登場。知らなかったんだけど、当時は「星の王子さま」で売ってた人なんだってね。だから「星の〜」の本を持って登場するわけね。それと密輸団のボス役が内田朝雄。ボスは基地を爆破されて往生したのか、体にダイナマイトを巻きつけて自害するのだが、これがなんと「気狂いピエロ」のパロディ。他にも「夕陽のガンマン」のパロディも出てくる。もしかして、共同脚本を手掛けた小林信彦の趣味なのか?

 意外な収穫はヒロインの中村晃子。なんかメチャクチャ可愛いぞ! 角度によっては上戸彩みたいに見える? ヒット曲「虹色の湖」を歌ったり、フラメンコを踊ったりと、大活躍。劇中のファッションも何気に素敵! お陰で、もうひとりのヒロインである尾崎奈々(薄幸の美少女)が翳んじゃったよ!

 40年前の横浜ドリームランドと、東京サマーランドが見られます!!

【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】進め!ジャガーズ 敵前上陸レンタル有り
 【VIDEO】進め!ジャガーズ 敵前上陸レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION