allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

吹けば飛ぶよな男だが(1968)

メディア映画
上映時間91分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1968/06/15
ジャンルコメディ
あの頃映画 「吹けば飛ぶよな男だが」 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
価格:¥ 2,002
USED価格:¥ 970
amazon.co.jpへ

【解説】
 山田洋次監督の初期作品。脚本は山田と森崎東が共同で担当、撮影は高羽哲夫が務めた。やくざの世界、風俗の世界にそれぞれ生きる男と女にまつわる人情劇。なべおさみの熱演、小沢昭一の活弁ナレーションも話題に。
 やくざの大物を夢見ているチンピラのサブ。仲間と共に家出少女・花子をたぶらかし、一儲けしようと試みるが、花子の必死の抵抗にほだされ、仲間を裏切って二人で逃亡する。お互いの境遇に親近感を覚えた二人であったが、かつての強姦による花子の妊娠が判明、それを知ったサブは自暴自棄になってしまう。殺傷事件を起こしたサブは逮捕されるが、拘置所に面会に来た花子と将来を誓い合う。しかし、出所後のサブを待っていたものは、思いもよらない現実であった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:呑気呆亭投稿日:2014-06-23 19:12:36
リアルタイムで見た時は花子の哀れさに泣けてしまって、この作品は記憶に残る映画として胸の引き出しの中にしまわれていたのだったが、久し振りにこの年で見直してみると、映画としては脇役陣の造形が良く出来ていて好いのだが、花子が強姦により妊娠していたという設定がいかにもありきたりで、折角のなべおさみと緑魔子の好演がラストの流産の血の無残さで台無しになってしまったように思った。蛾次郎と三人でたくましくしたたかに生きて欲しかったなァ。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:JOHNNY★AEE★CHOPPER投稿日:2004-09-08 18:48:54
なべおさみ、とてもいいです、その他いうまでもなく。。
中坊の頃のバイブルは石子順の・・でも個人的には右な人です。。
投稿者:ご飯投稿日:2003-06-25 08:49:40
主人公のキャラクターは殆ど車寅次郎だ。「男はつらいよ」の第一作が出来る前年の作品だから、寅次郎の若かりし頃の物語という風にも観ることが出来る。撮影・音楽も「男はつらいよ」と同じ、主人公の母親じゃないかと思わせるミヤコ蝶々も寅次郎の実母を演じた。この作品の登場人物の殆どが「良い人」で占めているのは山田洋次監督の特徴だろうが、今まではそれに反発していた。でも、この作品では緑魔子が頭の弱い純真無垢な少女を好演しているので素直に観られてしみじみ。まあ、歳のせいもあろうか。
投稿者:篭瀬山投稿日:2002-09-28 00:20:34
崎津の天主堂は、私にとっては反則でした。だってあそこ、何度も行ったんだもの・・・。なべおさみの青くも熱い、威勢のいい演技にほだされてしまった。人間の愚かさに涙する傑作。8
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-02-26 23:29:18
 登場人物が皆生き生きと映画の世界を生きていて実に気持ちがいい。緑魔子は森崎『女は男のふるさとヨ』での使われ方の方が遙かに面白かったとは思う。と云うのもこの映画の花子は普通に可愛らしすぎて面白く無いのだ。しかし、この2本での緑魔子は圧倒的存在感だ。緑魔子が山田洋次と森崎東に使われたのは、映画の幸福だった、としみじみ思ってしまう。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【レンタル】
 【DVD】吹けば飛ぶよな男だがレンタル有り
 【VIDEO】吹けば飛ぶよな男だがレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION