allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

祇園祭(1968)

メディア映画
上映時間168分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1968/11/23
ジャンル時代劇

【クレジット】
監督:山内鉄也
製作:小川矜一郎
久保圭之介
浮田洋一
遠藤嘉一
茨常則
中岡清
加藤彰朗
鈴木一成
企画:伊藤大輔
原作:西口克己
脚本:鈴木尚也
清水邦夫
撮影:川崎新太郎
美術:井川徳道
編集:河合勝巳
音楽:佐藤勝
疑斗:尾形伸之介
助監督:宮嶋八蔵
萩原将司
出演:中村錦之助新吉
滝花久子いち
佐藤オリエお鶴
岩下志麻あやめ
永井智雄河原又四郎
田中邦衛権次
志村喬恒右衛門
田村高廣助松
斉藤美和お兼
藤原釜足源蔵
小川吉信源太
大里健太郎常七
大木晤郎平太
橋本仙三佐助
沢淑子およし
香川良介文助
山口俊和文七
小沢栄太郎門倉了太夫
浮田左武郎泉屋徳太夫
有馬宏治柳屋辰右衛門
御木本伸介丹波屋伝蔵
三船敏郎熊左
尾形伸之介岩十
下元勉山科言継卿
渥美清伊平
北大路欣也於莵
関根永二郎祇園社神宮
下絛正巳山科甚兵衛
堀正夫頭領
市川裕二百姓
加藤浩政庁前の開闔
田中浩中組路地開闔
河村満和
春路謙作白髪爺
中村時之介関所の役人
玉生司郎宰領
松山英太郎職人
鈴木晴雄職人
大東良職人
片岡半蔵彦爺
鈴木悦子とよ
遠山金四郎騎馬の侍
伊藤雄之助赤松政村
伊藤寿章細川晴元
高倉健巽組代表
美空ひばり町衆
香山武彦町衆
中村賀津雄町衆
【解説】
 西口克己の同名小説を、鈴木尚之と清水邦夫が共同で脚色し、山内鉄也が監督した時代劇大作。企画段階から監督の交代、スタッフの降板、資金繰りの悪化など様々なトラブルに見舞われ、完成までに7年もの歳月が費やされた。
 応仁の乱により京の都は荒廃、農村部では土一揆が巻き起こっていた。織物職人で笛が得意な新吉は、やはり笛の名手である女あやめと出会い、惹かれていく。新吉たちは細川家の依頼により山科へ出兵、京の町民と農民たちとの戦いが始まった。貧農に加勢する馬借の熊左と一戦を交え、ようやくこれを撃退した新吉だったが、実は町民も農民も侍たちの犠牲になっているだけなのではないかと、疑問を持ち始める。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Bava44投稿日:2010-08-04 23:56:25
日本映画を復興させようという目的で作られた、独立プロの大作時代劇。しかしながら、慣れない大作映画に資金繰りがグダグダ。結局、京都市が文化的価値ありと判断して公的資金を投入し、ようやく完成させたという。

もちろん作品の出来は、製作中のゴタゴタが反映しており劣悪。独立系の映画なので、変に左翼クサイのも興醒め。伊藤大輔が半分近く演出しているのだが、当然のアンクレジット。
三船敏郎のパワフルな演技力のみ評価できる凡作となった。
投稿者:ロスマク投稿日:2003-07-26 14:51:23
祭りの復興と共に、京の町の復興を願った民衆の思い。その思いが込められてきた山鉾が、今年も京の町を巡行していく・・・。この祭りの歴史や由来が大変に勉強になりました。

この物語は立命館大学の教授が製作・巡回公演した紙芝居が基になっているそうである。その紙芝居には加藤泰や学生時代の大島渚も参加していたらしい。そのせいか映画にも学生運動の機運というか同和問題や反体制の雰囲気が残っている。

山鉾を引く祭りの迫力は圧巻。錦之助&田村高廣が山鉾に乗り、三船敏郎が先導し渥美清が引く。なんて豪華な画なんだ!京都の町並み、天高い青空も壮観である、

ミフネが思いの外に大活躍してくれるので嬉しい。馬に跨る彼はやはり様になる。 渥美清が真剣な面持ちで画面に登場するだけで場内から笑いが洩れる。なんとも希有な俳優だ。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION