allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

新宿泥棒日記(1969)

メディア映画
上映時間97分
製作国日本
公開情報劇場公開(ATG)
初公開年月1969/02/15
ジャンルドラマ/青春
新宿泥棒日記 [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 5,184
USED価格:¥ 4,428
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:大島渚
製作:中島正幸
脚本:田村孟
佐々木守
足立正生
大島渚
撮影:吉岡康弘
仙元誠三
美術:戸田重昌
編集:大島渚
出演:横尾忠則
横山リエ
田辺茂一
特別出演
高橋鐡
特別出演
佐藤慶
特別出演
渡辺文雄
特別出演
戸浦六宏
特別出演
唐十郎
特別出演
麿赤兒
特別出演
大久保鷹
特別出演
四谷シモン
特別出演
不破万作
特別出演
九頭登
特別出演
藤原マキ
特別出演
李礼仙
特別出演
【解説】
 大島渚が脚本・監督・編集を手がけたドキュメンタリータッチの異色作。脚本は大島の他、田村孟、佐々木守、足立正生が共同で執筆した。俳優や学者、演出家、会社社長などが実名で登場。
 新宿の紀伊國屋書店で、ひとりの学生が万引きでつかまった。店員のウメ子は犯人の鳥男を田辺茂一社長の前に突き出すが、社長は鳥男を許すばかりか金まで与えた。鳥男と関係を持ったウメ子は、むなしさからスナックで大暴れしてしまう。留置場に迎えに来た田辺社長に連れられ、鳥男とウメ子は性科学権威の高橋鉄や俳優の佐藤慶、渡辺文雄、戸浦六宏に次々と会った。鳥男は唐十郎の状況劇場を訪れ「別の人間にしてくれ」と頼むのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
326 8.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2014-05-28 06:46:18
横山リエが魅力的。
投稿者:nabeさん投稿日:2012-08-05 23:45:19
大島渚監督の才気がほとばしるような作品である。
新宿の紀伊國屋書店をベースに話は膨らみ、最後は唐十郎の状況劇場にまで発展してしまう。あくまでも主演は横尾忠則と横山リエの二人だが、田辺茂一社長自身をはじめ、佐藤慶、渡辺文雄、戸浦六宏と実に個性的な人たちが次々に登場して来て、怪しげな言動を行なう。そこに筋書きらしいものはなく、ただ大島渚の性に対するシツコイ欲望があるだけだ。
節目節目に当時の新宿駅前の学生騒乱のシーンが入りリアルだ。作品の評価は別にして、当時の空気を直接吸っていた者たちにしか作れない映画であることは間違いないだろう。
投稿者:土竜屋昌兵衛投稿日:2012-04-09 17:52:20
横尾忠則と唐十郎が若々しい。
要所要所を締めるのは安心の常連キャスティング。
内容は期待通りというか、相変わらずというか。
タイトルは気に入っている。
シュールさは少なめ、大島渚諸作とのつながりで観るべき作品か。
羽仁進作品にも近い。
投稿者:さち投稿日:2007-07-04 07:00:24
普通
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】新宿泥棒日記2011/07/30\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】DVD-BOX 大島渚 22010/02/27\14,400amazon.co.jpへ
 【DVD】新宿泥棒日記2000/09/20\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】新宿泥棒日記レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION