allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

秘剣破り(1969)

メディア映画
上映時間90分
製作国日本
公開情報劇場公開(大映)
初公開年月1969/05/31
ジャンル時代劇
秘剣破り [DVD]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,471
USED価格:¥ 4,860
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロスマク投稿日:2003-04-07 00:39:44
オリジナル『薄桜記』に比べ、血糊の量は倍増したマカロニ的な殺陣演出は迫力あり。池広一夫のハッタリの利いた演出は、東映時代劇の方が水が合っていたかも。しかし、松方弘樹はミスキャストだな。
この時期、松方弘樹は東映から大映にレンタルされ、急逝した市川雷蔵の為の企画(眠狂四郎や若親分)を引き継いで演じている。この作品も往年の雷蔵が演じた丹下典膳役を演じているのだが、どうしても雷蔵と比べてしまい違和感を覚えてしまう。特に丹下典膳という男は、愛する妻と別離を余儀なくされ、片手を失ってまで耐え忍び復讐の機会を窺うという、かなり屈折したキャラである。雷蔵ならぴったりとハマるが、松方の似合う役柄ではない。
もう一人の主役である本郷功次郎はなかなかの健闘。特に冒頭の高田馬場の決闘は、スピーディーな二刀流の殺陣を披露してくれる。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】秘剣破り2017/05/26\2,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】秘剣破りレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION