allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

日本残侠伝(1969)

メディア映画
上映時間95分
製作国日本
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月1969/08/09
ジャンル任侠・ヤクザ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:呑気呆亭投稿日:2014-07-24 11:53:09
東映任侠映画の名匠・マキノ雅弘が、日活に招かれ高橋英樹主演で監督した任侠映画。大正半ばの浅草。長屋をつぶしてデパ−トを建てようとたくらむ悪玉やくざの不埒なふるまいに、木場江戸常組の小頭・中山秀次郎の怒りの刃がうなりをあげる。マキノ雅弘は日活でも東映調のパタ−ンを崩さず正統的な任侠映画の佳作に仕上げた。日活任侠映画をひとりで背負っていた感のある高橋英樹が、マキノ雅弘監督一流の演技指導をうけ、堂々たる任侠スタ−ぶりを披露。また、マキノ雅弘が名づけ親となり、太田雅子がこの作品から梶芽衣子と芸名を変えた。彼女もこの作品以降見違えるほどの生長を見せる。(ぴあ・CINEMA CLUB)

◎高橋英樹という高倉健のそれとは違ったいかにも日活スタ−らしい何処かとっぽい個性を、マキノ雅弘は縦横に駆使して輝かせて見せてくれる。中央に高橋を配したことで脇役たちも伸び伸びと働くことが出来たようだ。そのためか、マキノは秀次郎のラストの殴り込みを東映調にはせず、祭の喧噪を借りて敵方に神輿を担ぎ込むという、何処か\'41年の傑作「阿波の踊子」を思わせるようなシュチュエ−ションで処理して、血生臭さを回避して華やかなモノにしている。高橋英樹の立ち回りもヤクザのものではない木場の者の、これまた高倉健のそれとは違った光り物への恐怖に満ちた迫真性があった。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
【レンタル】
 【VIDEO】日本残侠伝レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION