allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

反逆のメロディー(1970)

メディア映画
上映時間86分
製作国日本
公開情報劇場公開(ダイニチ映配)
初公開年月1970/07/22
ジャンルアクション
日活100周年邦画クラシックス GREATシリーズ 反逆のメロディー HDリマスター版 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 2,975
USED価格:¥ 1,980
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
218 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:asama投稿日:2006-07-27 22:55:48
この奇妙なやくざ映画は、1970年という若者の反体制運動が終焉した年に作られた記念碑的な作品だ。極道の世界での反体制をモチーフに、原田+藤+地井+梶という、若くてエネルギッシュでユニークな役者たちを巧みに配した実に価値ある必見の一品。
投稿者:Mr.Nobody投稿日:2006-05-06 19:33:12
下の投稿者のコメントにもある
やくざ映画でありながら原田芳雄の
服装がジーンズになっているのは、
原田氏がこの映画に主演する際に提示した
出演条件がジーンズでの出演ならばOKという
ものであったからです。
本人はこの理由で出演を断れると思っていたらしい
のですが、この条件があっさり通ってしまったため、
なんとも風変わりなやくざ映画になったのが真相です。
投稿者:ふじこ投稿日:2003-12-15 08:41:02
もろ70年って感じ。ファッションがすごい。原田芳雄、サングラスして素肌にジージャン、ジーンズである。佐藤蛾次郎が大活躍で歌まで披露なんだよね。チイチイもとてもキザだし。梶芽衣子、藤竜也と豪華だし、なんか時代を感じるがなんかいい。
投稿者:ご飯投稿日:2003-07-05 09:28:03
大阪でやくざの組が解散。とある地方都市に流れた原田芳雄は、兄が親分の組にやってくる。そこへ解散した原田の組の元組長がやってきて、ここを牛耳ろうとする。原田はそれに反抗するのだった。時代の流れに適応しようとする組に反抗するというのは、東映やくざ映画でもよくある設定だけど、この日活作品は、主人公を若者にすることで、社会体制に抵抗する若者の映画としている。原田芳雄の服装がジーンズというところが、従来のやくざ映画らしくないのである。86分という短さの中に登場人物のキャラが立っているのが多いので、ごちゃごちゃした印象を残すのだが、充実した気分にさせてくれるのも確か。とりわけ、大暴れするのが佐藤蛾次郎で、おとなしくしていられないという血気さかんなところを見せる。しかも、歌も歌う。地井武男がキザに決めているのも、今の彼を知る者には意外な驚きだろう
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】反逆のメロディーレンタル有り
 【VIDEO】反逆のメロディーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION