allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

昭和残侠伝 死んで貰います(1970)

メディア映画
上映時間92分
製作国日本
初公開年月1970/09/22
ジャンル任侠・ヤクザ
昭和残侠伝 死んで貰います [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,780
価格:¥ 3,409
USED価格:¥ 6,156
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋
吉田達
脚本:大和久守正
撮影:林七郎
美術:藤田博
編集:田中修
音楽:菊池俊輔
助監督:沢井信一郎
出演:高倉健花田秀次郎
加藤嘉花田清吉
荒木道子花田お秀
永原和子花田お弓
松原光二花田武史
下沢広之花田康男
藤純子幾江(のちに幾太郎)
池部良風間重吉
中村竹弥寺田友之肋
諸角啓二郎駒井甚造
南風夕子小夜
高野真二早船徳治
山本麟一熊倉(観音熊)
石井富子お峰
長門裕之坂井
小林稔侍竹七
永山一夫小島
日尾孝司望月
山田甲一看守
八代万智子姉さん芸者
三島ゆり子芸者A
小倉康子芸者B
久保一川浪一
高須準之助川浪二
赤木春恵芸者屋のおかみ
花田達茨の常(中盆)
久地明弥市
相馬剛三板前一
木川哲也板前二
佐川二郎警官
亀山達也駒井組仔分A
高月忠駒井組仔分B
畑中猛重駒井組仔分C
土山登志幸寺田組仔分A
五野上力寺田組仔分B
青木卓司寺田組仔分C
【解説】
 高倉健主演による人気シリーズ「昭和残侠伝」の第七弾。大和久守正のオリジナル脚本をマキノ雅弘が監督した。シリーズ最高傑作の呼び声も高い一作。
 花田秀次郎は東京深川の老舗料亭「喜楽」に生まれたが、父が後妻を迎えたときに家を出て、そのまま裏街道を歩き始めた。賭場で袋だたきにあった秀次郎は、銀杏の木の下でうずくまっているところを、芸者になったばかりの幾江に救われた。三年後、いかさま師を怪我させた秀次郎は逮捕され、刑に服することに。だが服役中に父が死去、関東大震災が起こり義理の妹も死亡、継母は盲目となってしまう。窮地に立たされた「喜楽」を救ったのは、板前の風間と小父の寺田だった。出所した秀次郎は「喜楽」の板前として働き始めるのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
昭和残侠伝(1965)シリーズ第1作
昭和残侠伝 唐獅子牡丹(1966)シリーズ第2作
昭和残侠伝 一匹狼(1966)シリーズ第3作
昭和残侠伝 血染の唐獅子(1967)シリーズ第4作
昭和残侠伝 唐獅子仁義(1969)シリーズ第5作
昭和残侠伝 人斬り唐獅子(1969)シリーズ第6作
昭和残侠伝 死んで貰います(1970)シリーズ第7作
昭和残侠伝 吼えろ唐獅子(1971)シリーズ第8作
昭和残侠伝 破れ傘(1972)シリーズ第9作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
753 7.57
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Odd Man投稿日:2019-01-05 22:04:18
高倉健は中村錦之助の華も池部良のモダニティにも無縁な大根役者なのかもしれないが何せ無比。日本人、否、東洋否どころか印欧語族にさえもempathyは得られると思うんだよね。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2016-09-28 17:32:24
【ネタバレ注意】

哀愁漂うヤクザ映画。
高倉健がカッコイイし、藤純子がカワイイ。
血なまぐささは控えめに、ドラマで見せる映画になっている。

主人公は元々ヤクザだったものの、刑務所から出所してからは足を洗って板前をはじめる。
想い人とも上手くいきはじめ、順風満帆かと思いきや…というお話。
せっかく立て直りつつある人生が壊れていくのは悲しいが、最後は振り切って大暴れする。
「死んでもらいますぜ」というセリフが格好良い。

最後はしんみりした余韻を残し終わる。
面白かった。

投稿者:ローランド投稿日:2011-06-24 23:07:54
 猊者削除瓩海譴世噂弘な人間が
日本国のトップに往生際悪く居座っているかと思うと情けない腹立たしい、
とてもじゃないが敬称も肩書きも付けたくないわい。  

 どんな疲弊した組織でも、トップの人格さえ信頼できたならそのうちに状
況は良いほうに向くだろうと我慢ができるというものだけど、この日本の
トップは信頼どころか、目を背けたくなるような醜態をさらしながら、それ
でもトップの座にしがみついていて、災害復旧に、時代遅れで性能が劣悪と
誰の目にも明らかな建機の使用を仕方ないと諦めて見ていなけりゃならな
いようなもので、被災地の住民はもとより、国民皆を犠牲にしても自分
の意地と面子を押し通そうとしている。  こんなのでも風向きに恵まれれ
ば総理大臣になれてしまうという制度に欠陥があるような気がするけど、
党首選でこれを選んだ民主党員は責任を感じて、何らかの行動を起こすべ
きではないのかね。  

 ・・・・ん、脱線前置きが長くなってしまったぞっと。  えーと、そういうわけ
で、カタルシスが欲しくて、以前観た映画、池部良と高倉健がかっこ良く仁
義を切っているところがとても強く印象に残っているのはこれだったかな? 
ってことでレンタルしたのだけど、記憶違いで、これはこれで暇つぶしには
なったものの、細かいところはどうでもいいような歌舞伎や浪花節なみの
単純な脚本で、日本の映画黄金期って、他に何もなかったから輝いていた
だけではないのかな?って、そんな気がするもの足りなさ感もありました。  

 最後の立ち回りよりも、そこに行く道行、♪犁鼠と人情を秤にかけりゃ 
義理が重たい男の世界・・・瓩肇董璽浙覆領れる中を行く池部良と高倉健
の姿が絵になってかっこ良く、舞台ならここがお約束の掛け声のかかる場
面なんでしょうね。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-04-03 16:53:16
観てる間ずっとブルース・リーの「ドラゴン危機一発」を思い出してた。高倉健と藤純子はやはり絵になるね。終盤の斬り合いは面白いけど、それまでがやや退屈なので二回休憩を取った。津川雅彦は1シーンだけ出てたけど、芝居は当時から変わらないね。
投稿者:ノブ投稿日:2010-01-02 22:21:56
【ネタバレ注意】

「昭和残侠伝 死んで貰います」(監督:マキノ雅弘 92分)
話の内容は、料亭「喜楽」に息子と言う事を隠して板前に入った花田秀次郎こと高倉健の怒りが爆発する話。
大きないちょうの木の下での高倉健と藤純子の出会いがロマンチックだった(唐傘と酒徳利を置いて高倉健が姿を消すという演出がカッコよかった)。
震災で目の見えなくなった義理の母の下で、息子である事を隠し、板前として働く花田秀次郎というシチュエーションが良かった(義理の母親は目が見えないけれど、実は息子である事に気づいている「しかし秀次郎本人には何も言わない」という演出が奥ゆかしい)。
最後の切り込みの前の二人で歩くシーンがカッコよかった(池部良の「ご一緒願います」のセリフのカッコよさとBGMの「親にもらった大事な肌を墨で汚して白刃の下で」というボクの好きな歌詞のカッコよさが見事だった)。
切り込みシーンは障子や襖に血飛沫が飛び散る感じが良かった。刺されても刺されてもやられない健さんがカッコよかった。
最後、雨の中連行されるシーンがとても良かった(高倉健がでてくると集まっていた人達の番傘が左右に分かれて道ができる。そこに迎えに来ていた長門裕之と藤純子が かけより、藤純子が上半身裸の健さんに服をかけてあげるというシーンと演出が見事だった)。
全般的に
妹の子供を跡継ぎにさせる為に、本当なら跡継ぎ第一候補の健さんが息子である事を母に隠すというシチュエーションがとても良かった(震災で母は目が見えないので息子と分らないというシチュエーションが良かった「でも目が見えなくても息子と気づいているけれど・・・という演出もいい感じだった」)。
今回はヤクザから足を洗って板前(堅気)になる話というのも良かった。
藤純子は今回は可愛らしかった。健さんはカッコイイし、池部良は今回は渋い。長門裕之はオチャメだったし、仲間のヤクザの親分さんは貫禄があった。義理の母親役の俳優も「目は見えないけれど何でもお見通し」という感じを上手く出していた。チョイ役の由利徹も良かった。俳優陣も皆良かった。
途中津川雅彦がお祭りでバイオリンバックに歌を歌うというシーン・演出もヤクザものとのギャップがあってオモシロカッタ。
演出で凄い所が多々あるこれまた見事な大傑作。こんな傑作をシリーズものとして予算や時間の制約の中で淡々と量産する。マキノ雅弘恐るべし。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:GRIFFIN投稿日:2006-02-01 22:11:04
「死んで貰います」って台詞にぐっときた。
見れるのは親分死んでからの時間で、前半の1時間ははっきり言ってつまらない。物語だって逆恨みだしねぇ、喜楽の主人を再教育せえよ!ってな物語だけど、それじゃ成立しませんので、、、
でも健さんの歌声聞けるし、2人揃って討ち入りってのはなかなか新鮮だった。どうも任侠やヤクザものってのは、勝手なイメージだが1人で乗り込むというのがある。
女性に艶っぽさがないなぁなどイロイロあるが、重吉さんの魅力とTVの2時間ドラマの流れ板モノの源流をみているようで見応えはある。http://www.geocities.jp/griffin0623/
投稿者:Bava44投稿日:2005-10-29 17:09:50
藤純子の仕草が上手い、映画的な演技だと思う。唐突に皿洗いになる長門裕之が面白く、
藤純子と長門の掛け合いのスムースな展開は何度見ても心地良くて笑ってしまう。
投稿者:島唄投稿日:2005-05-18 15:50:16
藤純子の美しさは、韓国の女優チェ・ジュウにつながっていて、
チングウの主役の俳優は高倉健さんに似ている。
韓国映画に相当影響与えていると思う。
早く反日感情がなくなってほしい。
投稿者:篭瀬山投稿日:2003-01-26 12:12:39
マキノ節ってこんなに饒舌だったかなと思うくらい、観客無視の一家内日常会話がしつこくって鬱陶しい。出てくる板前がみんな元ヤクザの為、板前=侠客の設定が(現実味はともかく)無意味と化した。純子も綺麗じゃないし、シリーズ最高作と言われているようだが、同じマキノでも火消し対ヤクザの『血染の唐獅子』(第4作)の方がドラマチックで断然いい。4
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-02-07 19:55:32
 数ある東映任侠映画の中でも、その濃密な映画的空間の造型において突出した美しさを誇る傑作。
 物語をなぞるだけの見方であれば、料理人・高倉健と芸者・藤純子の現実離れしたメロドラマ。例えば、二人が恋に落ちる動機についてはその出会いにおいても再会においても、唖然とするほど描かれない。しかし、藤純子の所作や表情によって、或いは高倉健の不器用なリアクションによってフィルムに定着した恋する感情の濃密度が、「このご都合主義こそ映画なのだ」と納得させ、全てを受容させてしまう。アヴァン・タイトルとラスト近くで出てくる銀杏の下の二人のシーンは、『明治侠客伝 三代目襲名』の、堂島川べりで藤純子が鶴田浩二に二つの桃を手渡すシーンと並ぶ忘れがたい名シーンだろう。

 また、二人の周辺の人達の暖かな眼差しが醸成する幸福感はもう他の誰のものでもないマキノの刻印だ。このジャンルが宿命として持つ悲劇的終焉の印象を消し払うほど、多くの登場人物達の笑顔が忘れられない。特に、調理場で下拵えをする池部良と高倉健(健さんが大根の桂剥きをしている!)に長門裕之と藤純子が加わって二人で他愛もない会話をするシーンの幸福感!二台のカメラで撮影され繋がれたカットが紡ぎ出す軽やかなリズム感!黒澤明なんかにはとても真似できないマキノ特有のマルチ撮影だ。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
【レンタル】
 【DVD】昭和残侠伝 死んで貰いますレンタル有り
 【VIDEO】昭和残侠伝 死んで貰いますレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION