allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

男はつらいよ 純情篇(1971)

メディア映画
上映時間90分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1971/01/15
ジャンルドラマ/コメディ
男はつらいよ・純情篇 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 1,905
USED価格:¥ 3,888
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:山田洋次
製作:小角恒雄
企画:高島幸夫
小林俊一
原作:山田洋次
脚本:山田洋次
宮崎晃
撮影:高羽哲夫
美術:佐藤公信
編集:石井巌
作詞:星野哲郎
作曲:山本直純
音楽:山本直純
唄:渥美清
出演:渥美清車寅次郎
倍賞千恵子さくら
若尾文子明石夕子
森川信車竜造
三崎千恵子つね
前田吟諏訪博
笠智衆御前様
太宰久雄梅太郎
佐藤蛾次郎源公
森繁久弥千造
宮本信子その娘絹代
松村達雄山下医師
垂水悟郎夕子の夫
【解説】
 毎度おなじみ「男はつらいよ」シリーズの第6作。マドンナ役に若尾文子を迎え、山田洋次が脚本(宮崎晃と共同)・監督を務めた。森繁久彌と宮本信子がゲスト出演し、ストーリーに幅を持たせている。
 フーテンの寅こと車寅次郎は、冬の五島列島、福江島に来ていた。赤ん坊を連れた出戻りの絹代と、その父の千造との再会を目にした寅次郎は、故郷の柴又が無性に恋しくなってしまう。柴又のとらやに戻った寅次郎だったが、留守中に自分の部屋を誰かに貸していることを知り、カンカンになって家を出ようとした。しかし間借りしていた美人の夕子を見て、旅に出るのをやめてしまった。妹さくらの夫である博から、会社を辞めて独立したいと相談された寅次郎は、社長の梅太郎に話しに行くのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
男はつらいよ(1969)シリーズ第1作
続・男はつらいよ(1969)シリーズ第2作
男はつらいよ フーテンの寅(1970)シリーズ第3作
新・男はつらいよ(1970)シリーズ第4作
男はつらいよ 望郷篇(1970)シリーズ第5作
男はつらいよ 純情篇(1971)シリーズ第6作
男はつらいよ 奮闘篇(1971)シリーズ第7作
男はつらいよ 寅次郎恋歌(1971)シリーズ第8作
男はつらいよ 柴又慕情(1972)シリーズ第9作
男はつらいよ 寅次郎夢枕(1972)シリーズ第10作
男はつらいよ 寅次郎忘れな草(1973)シリーズ第11作
男はつらいよ 私の寅さん(1973)シリーズ第12作
男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974)シリーズ第13作
男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974)シリーズ第14作
男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975)シリーズ第15作
男はつらいよ 葛飾立志篇(1975)シリーズ第16作
男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け(1976)シリーズ第17作
男はつらいよ 寅次郎純情詩集(1976)シリーズ第18作
男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977)シリーズ第19作
男はつらいよ 寅次郎頑張れ!(1977)シリーズ第20作
男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく(1978)シリーズ第21作
男はつらいよ 噂の寅次郎(1978)シリーズ第22作
男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979)シリーズ第23作
男はつらいよ 寅次郎春の夢(1979)シリーズ第24作
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(1980)シリーズ第25作
男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(1980)シリーズ第26作
男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎(1981)シリーズ第27作
男はつらいよ 寅次郎紙風船(1981)シリーズ第28作
男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋(1982)シリーズ第29作
男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982)シリーズ第30作
男はつらいよ 旅と女と寅次郎(1983)シリーズ第31作
男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎(1983)シリーズ第32作
男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984)シリーズ第33作
男はつらいよ 寅次郎真実一路(1984)シリーズ第34作
男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(1985)シリーズ第35作
男はつらいよ 柴又より愛をこめて(1985)シリーズ第36作
男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986)シリーズ第37作
男はつらいよ 知床慕情(1987)シリーズ第38作
男はつらいよ 寅次郎物語(1987)シリーズ第39作
男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(1988)シリーズ第40作
男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989)シリーズ第41作
男はつらいよ ぼくの伯父さん(1989)シリーズ第42作
男はつらいよ 寅次郎の休日(1990)シリーズ第43作
男はつらいよ 寅次郎の告白(1991)シリーズ第44作
男はつらいよ 寅次郎の青春(1992)シリーズ第45作
男はつらいよ 寅次郎の縁談(1993)シリーズ第46作
男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様(1994)シリーズ第47作
男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995)シリーズ第48作
男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇(1997)シリーズ第49作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
845 5.62
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:いまそのとき投稿日:2013-07-18 23:02:49
全般面白いけど、マドンナとの恋模様は少々マンネリの兆しも見えて来たかなという印象もある。でもたしかに文句のつけ様のない出来。この6作目にしてこの完成度。さすがというべき長寿ドラマの安心感を、この初期作からも感じ取れる。あらためて見て思うのは、寅次郎よりさくら。マドンナじゃなくて妹の切ない思いで寅がいたんだなぁってことだ。このやさしさ。さくらの一言が場面を変える。いいねぇ。それがこの作品のいいところ。お兄ちゃんを信じた私たちが悪いのよ。この場面だけでも、涙と共にドラマの局面が映える。太宰久雄と家族たち。これまた賑やかしく、今回はさくらとタコ。この二人がしっかり脇を支えて、味あるドラマになったと思う。
投稿者:realfiction投稿日:2013-07-17 00:45:36
宮本信子の悲しい顔が、どこか太田光代に似てる。
最初と最後にしか出てこないけど、本編よりもこちらの話の方が好きだ。

テロップで "笠 智衆" が "笠智 衆" になってるのは、意図的か。
投稿者:呑気呆亭投稿日:2013-01-18 11:34:10
この篇はむしろ「望郷篇」と名付けられるべきだった。一貫しているテ−マは故郷への回帰というもので、そのテ−マは五島列島の旅館主千造を演じた森繁久彌の口から発せられた一言と、その千造を前にして望郷の想いを語る渥美清の、森繁を意識した名演によって決定されるのである。寅がいつものように失恋して、もう帰らぬと決意して妹のさくらに電車のドア越しに“故郷ってやつはよう…”と発する言葉は悲痛な響きを帯びてシリアスであった。マドンナ役の若尾文子はやはり別格で、ふと寅の自分に寄せる恋心を察するシ−ンの微妙な表情の変化は絶品であった。復帰ということで云えば、夫から離れようとした二人の女、絹代(宮本)も夕子(若尾)も、夫の元に復帰するのだった。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:サーボ投稿日:2011-05-01 00:35:03
ニ階に若尾文子。。旅どころじゃないですね。彼女のたおやかさに魅了されます。
投稿者:半熟卵投稿日:2010-01-03 18:22:35
若尾文子
投稿者:ymo1191投稿日:2008-07-26 23:18:50
シリーズ第6作の本作は、おばちゃんの遠縁にあたる美しい家出妻(若尾文子)が“とらや”の手伝いに来ていて、やばいことになります。まあ、元のサヤに戻っていくのですが、寅さんとはあまりかみ合ってなかったかな。森繁さんとの絡みもあり、その点では作品に厚みがありました。http://blog.livedoor.jp/ymo1191/archives/cat_10008995.html?p=5
投稿者:Ikeda投稿日:2005-09-15 14:54:10
最初に長崎の五島を背景に出てくる森繁久弥のシーケンスが、その娘になる宮本信子と共に面白いです。ただ、この結末は最後に少し出てくるだけで本筋とはあまり関係ないので単なるエピソードに終わっているのが物足りませんでした。
その後、柴又へ帰ってきてからは喜劇っぽすぎる感じですし、妹夫婦の転職についての件は無責任すぎますが、娯楽映画としては許せるとしたものでしょう。寅さんが草津の湯でも治らない病気になった時に駆けつける医師、松村達雄も面白いですし、このシリーズでよく出てくる、言葉の行き違いも、この作品では極端に使われています。
【レンタル】
 【DVD】男はつらいよ 純情篇レンタル有り
 【DVD】男はつらいよ 純情篇 <HDリマスター版>レンタル有り
 【VIDEO】男はつらいよ 純情篇レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION