allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

タンデム(1987)

TANDEM

メディア映画
上映時間91分
製作国フランス
公開情報劇場公開(アルシネテラン)
初公開年月1993/12/25
ジャンルドラマ

【解説】
 監督ルコントとのコンビ作の成功で、ミシェル・ブランともども人気者になったJ・ロシュフォール主演の作品で、一連のヒットにあやかり日本でもやっと劇場公開された。近年のルコント映画に較べ、物語は淡彩だが、人物の把握にぐっと深みがあってしみじみとした余韻が残る。もちろん、ロシュフォールの好演あってのこと。彼が演じるのは、20年以上ラジオのクイズ番組の司会をしてきたタレントである。ところが、その番組の人気は落ちる一方で、遂に打ち切りが決定する。担当ディレクターは、そのことを彼に伝えるに忍びなく、黙って放送のまねごとを続けるが……。過去の栄光に縛られつつも、徐々に現実に目を向けていく司会者。そして、彼のエゴをぶつけられながら、結局、彼なしではいられないディレクター。二人の友情は、一般のフランス映画には見られぬ湿り気を帯びていて、やはり日本人好みというところか。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
27 3.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Normandie投稿日:2010-05-27 22:11:06
P・ルコントの作品ではベスト。ロードムービーの名作、しみじみと別れを紡ぐ。
投稿者:投稿日:2005-01-18 01:36:59
日本で「タンデム」と言えばバイクの2ケツかSLの二重連ですね。
わりと素敵な言葉です。
上手なテンポが映画が深刻に落ちるのを押さえています。
仕事上の友人にしか生まれない「愛」があることを思い出させてくれました。
投稿者:ポクスンア投稿日:2002-10-08 12:14:28
道化に徹して自由を手にした二人のおじさん。
ここでもロシュフォールおじさんの味わい深さが楽しめます。
ゴミ捨て場に行かせるのは露骨すぎる印象を受けたけど。
投稿者:JJ投稿日:2002-06-25 10:28:31
タンデムとはフランス語で「二人組」を表す。20年以上ラジオのクイズ番組の司会をしてきたタレントと、彼にこきつかわれている番組担当ディレクイターとの関係を通して、男の哀愁や切なさを描き、なかなな味のある映画だった。二人の友情が築き上げられる様子は、さりげなく、それでいてじんわりと心に迫るものがあり、自然と話にひきこまれた。とくに印象に残るのは、全編通じて流れるあのテーマ曲。ラストのまとめ方も明るくて気に入っている。
投稿者:とし投稿日:2002-05-15 18:12:39
映画好きの知り合いに薦められてはじめてみた、全くノーマークの作品だったのですが、芸達者な役者さんたちにささえられた実にいい作品です。セルバンテスの「ドンキホーテ」をモチーフにして翻訳したような話ですが、他のルコント作品にみられるような奇をてらったところもなく、うらぶれた二人の男を淡々と追っており、しみじみとした哀感、さりげない男同士の友情が描かれていきます。丹念にディテールも見ていくとなかなかよくできています。佳品!
投稿者:koala投稿日:1999-12-06 02:09:17
この映画は、ロシュフォールの好演と共に、全編を通じて流れつづける哀愁に
満ちた主題歌の素晴らしさ抜きに語ることはできません。
先日再び映画館で観る機会があったのですが、曲に誘われ冒頭から涙を流して
しまいました。で、この曲ですが、3年間かけてやっとその正体をつかむことが
でき、CDも無事入手しました。
歌っているのはイタリアの歌手リッカルド・コチャンテ。題は「僕の隠れ家」
(IL MIO RIFUGIO)で、この映画のために作られたもの。フランスでは
映画のおかげでスタンダード・ナンバーになっていて、他のいくつかの
フランス映画にも使われているそうです。CDは本国イタリアでは廃盤になって
しまっているそうですが、根強い人気を反映しフランスで発売された彼のベスト・
アルバム「RICCARDO COCCIANTE」に収録、発売されています。http://www.asahi-net.or.jp/~ns8m-hgc/
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ポスター賞Stephane Bielikoff 
  Sadi Nouri 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】タンデム2001/01/17\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】タンデムレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION