allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

現代やくざ 人斬り与太(1972)

メディア映画
上映時間88分
製作国日本
初公開年月1972/05/06
ジャンル任侠・ヤクザ
現代やくざ 人斬り与太 [DVD]
価格:¥ 2,294
USED価格:¥ 1,800
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:深作欣二
企画:俊藤浩滋
吉田達
高村賢治
脚本:石松愛弘
深作欣二
撮影:仲沢半次郎
美術:中村修一郎
衣裳:河合啓一
編集:田中修
音楽:津島利章
疑闘:日尾孝司
助監督:橋本新一
出演:菅原文太沖田勇
安藤昇矢頭俊介(矢頭組組長)
渚まゆみ君代
小池朝雄木崎
三谷昇谷口
藤里まゆみかつ子(谷口の妻)
谷本小夜子勇の母
小林稔侍鉄男(桜会)
地井武男安夫(桜会)
大浜詩郎サブ(桜会)
村山辰昭まさる(桜会)
城春樹次郎(桜会)
室田日出男宮原(矢頭組代貸)
土山登志幸風間(矢頭組幹部)
諸角啓二郎滝川(滝川組組長)
八名信夫唐沢(滝川組代貸)
伊達弘川辺(滝川組組員)
亀山達也滝川組子分A
沢田浩二滝川組子分B
内田朝雄大和田英作(大和会会長)
待田京介郡司猛夫(郡司組組長)
潤まり子ユカリ(ホステス)
小林千枝かおる(トルコ)
藤山浩二牢名主
滝島孝二配下
城恵美ホステスA
木川哲也三人組A
花田達三人組B
畑中猛重三人組C
西本良二郎三人組D
高月忠三人組E
五野上力三人組F
久保一滝川組銀バッジA
清水照夫滝川組銀バッジB
太古八郎チンピラA
溝口久夫チンピラB
大泉公孝おでん屋の客
三浦忍矢頭組組員A
鈴木健之矢頭組組員B
河合絃司医者
須賀良
山田甲一
梅地徳彦
山本緑
飛地賛治
小林重忠
【解説】
 深作欣二が石松愛弘とともに書いた脚本をもとにメガホンをとった任侠もので、「現代やくざ」シリーズの第六作目。
 愚連隊のリーダー沖田勇が刑期を終えて出所、本拠地である川崎に戻ってきた。すでに様子がすっかり変わっており、今では滝川組と矢頭組が敵対していた。勇はかつての仲間たちを集め、二つの組を相手にしようと企む。滝川組の子分たちを痛めつける勇たちだったが、逆に滝川組に襲われ負傷してしまう。矢頭組は勇たちを取り込もうと画策、滝川組は関西の大和会と手を結んだ。滝川組長を暗殺した矢頭組は、大和会と手を組んで滝川組を潰してしまおうと企む。大和会は組織に反抗的な勇たちの抹殺を条件に、滝川組の申し出を受け入れることにする。
<allcinema>
【関連作品】
現代やくざ 与太者の掟(1969)(シリーズ第1作)
現代やくざ 与太者仁義(1969)(シリーズ第2作)
現代やくざ 新宿の与太者(1970)(シリーズ第3作)
現代やくざ 盃返します(1971)(シリーズ第4作)
現代やくざ 血桜三兄弟(1971)(シリーズ第5作)
現代やくざ 人斬り与太(1972)(シリーズ第6作)
人斬り与太 狂犬三兄弟(1972)(シリーズ番外編)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
317 5.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2008-06-24 04:18:01
ラストの迫力ある乱闘に星一つ追加。文太がムショで知り合ったカミソリ親父がおでん屋以外で出番が無かったり、文太の手下の数が安藤昇より(画面には室田と八名しか写ってない)ずっと多いのが気になったが。
渚まゆみと待田京介(グラサン掛けた内田朝雄の子分)も印象に残った。
投稿者:s-iko投稿日:2007-01-04 23:42:43
この後、怒涛の「仁義無き戦い」シリーズに突入していく深作監督ですが、子の時点でかなりその勢い、熱量、アイデア共に成熟の域に達しているようです。文太のわけのわからないニヒルで泥臭い迫力が炸裂していて、よっ!ノッテル奴てな感じです。

お得意の無頼漢が大暴れ!なシリーズですが、この終末的で八方塞りでジュクジュクしたテンションはどうでしょう。ロックだと思います。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】現代やくざ 人斬り与太レンタル有り
 【VIDEO】現代やくざ 人斬り与太レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION