allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

忍ぶ川(1972)

メディア映画
上映時間120分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1972/05/25
ジャンルドラマ/ロマンス
忍ぶ川 [DVD]
参考価格:¥ 4,860
価格:¥ 3,855
USED価格:¥ 9,356
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:熊井啓
製作:佐藤正之
椎野英之
原作:三浦哲郎
『忍ぶ川』
脚本:長谷部慶次
熊井啓
撮影:黒田清巳
美術:木村威夫
編集:丹治光代
音楽:松村禎三
出演:栗原小巻志乃
加藤剛哲郎
永田靖哲郎の父
滝花久子哲郎の母
可知靖之文哉
井川比佐志次兄
山口果林亜矢
岩崎加根子香代
信欣三志乃の父
阿部百合子志乃の母
木村俊恵おかみ
滝田裕介木村幸房
【解説】
 芥川賞を受賞した三浦哲郎の同名小説を「サンダカン八番娼館 望郷」「海と毒薬」の社会派熊井啓監督が栗原小巻、加藤剛主演で映画化。偶然出会った男女が互いの不幸な過去を語らい合い、やがて幸せを掴むまでを丁寧に描く。料亭“忍ぶ川”で知り合った哲郎と志乃。哲郎は“忍ぶ川”の看板娘である志乃に一目惚れし、以来“忍ぶ川”に通い詰める。やがて、二人はお互いの身の上をも話し合う仲となっていく……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
539 7.80
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ymo1191投稿日:2012-10-14 20:32:38
熊井啓監督作品ですが、社会派として評価の高い熊井監督が手がける純文学のラブロマンスものと言うところが興味を引く。実際、社会派監督たる独特のタッチが利いていて、このモノクロ作品が単なるラブロマンスの薄っぺらなものでなく、純文学三浦哲郎氏原作に相応しい、厚みのある作品になっていると思います。加藤剛さんについてはあの大岡越前がハマリ役で、そのイメージ(ふけ顔で、堅物っぽい)は拭い切れませんが、あの栗原小巻さんのプチヌードまであって、かなり面白かったです。知的な容貌が売りで、女優活動より社会活動の方が多く、映画出演作は吉永小百合さんに比べ多くはありませんが、なかなか若い頃も今も愛くるしい演技のできる女優さんだと思います。コマキストではありませんが。
投稿者:さち投稿日:2011-07-12 12:00:09
よかった
投稿者:アキ投稿日:2007-04-22 19:22:03
役者のもっとも美しく充実した瞬間(ブライテスト・モーメント)を映像に残してくれた加藤剛と栗原小巻。
お互いに孤独で、貧しく、しかし心は美しい二人が出会い、自分の生い立ちのすべてを、互いに打ち明けあい、しだいに心を開いていく。しのに婚約者がいるといううわさ話が転機になり、二人は互いに心が深く結ばれていく。
しのの父親の末期に会いに行き、見送る哲郎。「いい男だ」と言い残して、去っていく父親。
哲郎の実家で結婚式を挙げ、雪深い晩に結ばれる二人。朝方、馬橇の鈴の音に目を覚まし、二人で見送る。貧しくとも、すべてが凛々しく、美しさでにおい立つような世界。何度も見直していきたい、心洗われる珠玉の作品。
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-04-16 21:02:51
 途中寝てしまい、哲郎(加藤剛)の背負う「宿命」とやらが分らずじまい。そのせいか二人の寄り添う必然性みたいなものがまったく分らないので、普通の恋愛物に見えた。後段で田舎の親父さんが「近所づきあいもほとんどない」と台詞を言うのはその絡みかと思ったりもするが不明。二人がようやくたどり着いた二人だけの幸せな世界、そしてそれを周囲がささやかに祝福している、という雰囲気はなんとなく出ていたと思う。時代設定がいつかも不明(戦後の混乱は落ちつき、赤線はまだあったことになってるので、昭和30年前後かなあ)だが、映画が公開された頃の世相なら、別に背負ってる過去などに関係なく、こんな二人は都会のどこにでも転がっていたのではないか。

 栗原小巻って横顔はともかく正面から見ると鼻腔の形が悪く不細工だ。白黒だからはっきりしないが肌がつるつるして見えるので可愛くないことはないけど、表情の作り方や声のトーンから想起するのは偽善者のイメージである。映画女優として想いを託す部分がどこにあるのかちっとも分らなかった。4
投稿者:noreply投稿日:2002-11-28 15:31:29
永く愛され続けている、あの淡麗な文体による珠玉の私小説が、
映画になるとこれ程嘘っぽなってしまうのかと、とても残念でならない。
まずなにより演技・ナレーションが酷く、オリジナルの付加部分も極めて野暮ったい。
雰囲気作りの演出はあまりに安直、淡泊、希薄で、小説の簡潔な文体のその行間に感じられた短編特有の深い感懐はどこかに消え去ってしまっている。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】忍ぶ川2004/10/29\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】忍ぶ川レンタル有り
 【VIDEO】忍ぶ川レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION